Amazon RDS DB インスタンスがフェイルオーバーしたのはなぜですか?

最終更新日: 2019 年 12 月 30 日

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) DB インスタンスがフェイルオーバーしました。DB インスタンスがフェイルオーバーした理由を特定する方法を教えてください。

簡単な説明

マルチ AZ DB インスタンスで予定された機能停止または予定外の機能停止が発生した場合、Amazon RDS は別のアベイラビリティーゾーンのスタンバイレプリカまたはセカンダリインスタンスに自動的に切り替えます。停止時のデータベースアクティビティに応じて、フェイルオーバーは通常 60~120 秒間続きます。詳細については、Amazon RDS のフェイルオーバープロセスを参照してください。

解決方法

フェイルオーバーが発生したかどうかを確認するには、Amazon RDS コンソールを開き、ナビゲーションペインからイベントを選択します。AWS CloudTrail のログ記録が有効になっている場合、ログをチェックして、イベントが予定されているか予定外かを確認できます。たとえば、コンピューティングのスケーリングや保留中の OS アップグレードを適用すると、フェイルオーバーをトリガーできます。

イベントが表示されていない状態で、CloudTrail ログがない場合、次のいずれかが原因でフェイルオーバーが発生している可能性があります。

  • アベイラビリティーゾーンの障害
  • プライマリ DB インスタンスのコンピューティングノードの障害
  • プライマリ DB インスタンスでのネットワークの問題
  • ストレージまたは Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリュームの問題

このようなタイプの予期しない機能停止が発生すると、Amazon RDS は問題をモニタリングして特定します。その後、Amazon RDS は自動的にフェイルオーバーし、ダウンタイムを最小限に抑えます。


この記事はお役に立ちましたか?

改善できることはありますか?


さらにサポートが必要な場合