Amazon RDS for MySQL で Performance Insights のデータにアクセスできない、またはこのデータを表示できないのはなぜですか?

最終更新日: 2021 年 10 月 27 日

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) for MySQL で Performance Insights を有効にしようとしています。データにアクセスできないのはなぜですか?

簡単な説明

次の理由により、Amazon RDS for MySQL で Performance Insights のデータにアクセスできない、またはこのデータを表示できない場合があります。

  • パラメータグループで Performance Schema の値を手動で設定しようとした。
  • DB インスタンスが Performance Insights のデータにアクセスするための十分なリソースを備えていない。
  • 一時的なネットワーキングの問題がある、または DB インスタンスでシステムメンテナンスが実行されている。
  • DB インスタンスを、サポートされていない Performance Insights のバージョンからサポートされているバージョンにアップグレードした。
  • MySQL DB インスタンスのデータ負荷がデータベース負荷のしきい値を下回っている。

解決方法

パラメータグループで Performance Schema の値を手動で設定しようとした

パラメータグループの Performance Schema のパラメータ値を手動で更新しようとすると、Performance Insights は正常に機能しません。詳細な待機イベントのリストは表示されません。

次のパラメータは、Performance Insights によって自動的に更新できません。

  • performance-schema-consumer-events-waits-current: ON
  • performance-schema-instrument: wait/%=ON
  • performance-schema-consumer-global-instrumentation: ON
  • performance-schema-consumer-thread-instrumentation: ON

注: Performance Schema のパラメータをデフォルト値にリセットできます。値をリセットしたら、DB インスタンスを再起動して Performance Schema を有効にしてください。

DB インスタンスが Performance Insights のデータにアクセスするための十分なリソースを備えていない

DB インスタンスに大きな負荷がかかっている場合、リソースはデータベースプロセス専用となります。その結果、Performance Insights などのシステムプロセスの優先順位が低下します。DB インスタンスに大きな負荷がかかっているかどうかを確認するには、Amazon CloudWatch で CPU 使用率、ディスクキューの深さ、および読み取り書き込みレイテンシーの値を確認します。

MySQL DB インスタンスに大きな負荷がかかっている場合は、DB インスタンスクラスを垂直方向にスケーリングすることを検討してください。DB インスタンスクラスを設定すると、ダウンタイムが発生します。CPU 使用率の問題をトラブルシューティングするには、Amazon RDS for MySQL インスタンスでの高い CPU 使用率をトラブルシューティングして解決するにはどうすればよいですか? を参照してください。

一時的なネットワーキングの問題がある、または DB インスタンスでシステムメンテナンスが実行されている

DB インスタンスに一時的なネットワークの問題が発生したり、システムメンテナンスが実行されたりすると、Performance Insights がデータを適切にレポートしないことがあります。これらの要因がリソースに影響を及ぼしている場合は、Personal Health Dashboard を確認してください。Personal Health Dashboard では、対応方法に関するガイダンスが提供されます。

DB インスタンスを、サポートされていない Performance Insights のバージョンからサポートされているバージョンにアップグレードした

DB エンジンのバージョンアップグレードの実行中に Performance Insights を有効にすると、DB インスタンスがこれらの変更を適切に適用しないことがあります。また、Amazon RDS Performance Insights のバージョンがサポートされていることを確認してください。サポートされていない場合、データが適切に同期されないことがあります。

MySQL DB エンジンのバージョンがサポートされている場合は、インスタンスの作成時またはインスタンスの変更時に Performance Insights を有効化または無効化できます。変更をすぐに適用するには、必ず [Apply Imediately] (すぐに適用) を選択してください。

Performance Insights は、MySQL DB エンジンのバージョン 8.0.17 以降、バージョン 5.7.22 以降、およびバージョン 5.6.41 以降でのみご利用いただけます。さらに、Performance Insights は、db.t2.micro、db.t2.small、db.t3.micro、および db.t3.small といった DB インスタンスクラスではサポートされていません。そのため、MySQL DB エンジンのバージョンに互換性があることを確認してください。Performance Insights 向けにサポートされている DB エンジンのバージョンの詳細については、Performance Insights のための Amazon RDS DB エンジンのサポートを参照してください。

MySQL DB インスタンスのデータ負荷がデータベース負荷のしきい値を下回っている

Performance Insights を有効にしているのに、データを表示できない場合は、Performance Insights ダッシュボードで [Db load chart] (データベース負荷グラフ) と [Counter metrics] (カウンターメトリクス) を確認します。[Counter metrics] (カウンターメトリクス) の下にデータが表示されているが、[Db load chart] (データベース負荷グラフ) は表示されない場合、DB 負荷が MySQL のデータベース負荷しきい値を下回っている可能性があります。テストして確認するには、MySQL DB インスタンスで長時間実行されているトランザクションを実行し、Performance Insights ダッシュボードを再度確認します。データが入力される場合、元のデータ負荷がデータ負荷のしきい値を下回っている可能性があります。


この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?