Amazon Redshift クラスターを RA3 ノードタイプに移行するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2020 年 12 月 23 日

Amazon Redshift クラスターを既存のノードから RA3 ノードタイプに移行したいと考えています。クラスター設定を RA3 ノードタイプにアップグレードするにはどうすればよいですか?

簡単な説明

RA3 ノードを使用すると、コンピューティングおよびマネージドストレージのスケーリングおよび支払いを行うことで、データを最適化できます。ユースケースに基づいて、既存の Amazon Redshift クラスターを ra3.4xlarge または ra3.8xlarge ノードタイプに移行できます。RA3 クラスターを作成する場合、RA3 クラスターの最小数は 2 つのノードです。RA3 ノードタイプの詳細については、RA3 ノードタイプへのアップグレードを参照してください。

クラスターを既存のノードタイプから RA3 に移行するには、次のいずれかの方法を使用します。

  • 伸縮自在なサイズ変更: これは、インスタンスタイプを変更し、Amazon Redshift クラスター内のノードを更新する最も効率的な方法です。クラスターエンドポイントは変更されず、サイズ変更時のダウンタイムは最小限に抑えられます。
  • スナップショットと復元方法: (スライスとノード数の不一致から) 伸縮自在なサイズ変更が使用できない場合は、スナップショットと復元方法を選択します。あるいは、この方法を使用して、運用データベースへの書き込みにかかる時間を最小限に抑えます。
    注: スナップショットの作成後にソースクラスターに書き込まれたデータは、後でターゲットクラスターに手動でコピーする必要があります。
  • 従来のサイズ変更: 利用可能な唯一のオプションである場合は、従来のサイズ変更の方法を選択します。単一ノードクラスターの場合、クラスターをマルチノードクラスターに変換するには、従来のサイズ変更のみを実行できます。

注: Amazon Redshift クラスターのサイズを変更する場合、サイズ変更をスケジュールできます。create-scheduled-action コマンドまたは CreateScheduledAction API を使用して、Amazon Redshift でのクラスターのサイズ変更を自動化します。

解決方法

伸縮自在なサイズ変更

Amazon Redshift の伸縮自在なサイズ変更では、クラスターのノード数を半分にスライスし、または 2 倍にします。Amazon Redshift は、設定に適用可能なスライスマッピングオプションを提供します。Amazon Redshift では、サイズ変更時にデータサイズは考慮されません。

利用可能なノード移行オプションを確認するには、AWS マネジメントコンソールで [Nodes] (ノード) のドロップダウンリストを選択します。現在の設定で伸縮自在なサイズ変更がサポートされている場合は、伸縮自在なサイズ変更を使用して RA3 ノードタイプでクラスターをアップグレードします。伸縮自在なサイズ変更を実行するために必要な最小ノード数は 2 です。

注: 一部の設定変更では、伸縮自在なサイズ変更が許可されません。AWS マネジメントコンソールのオプションとして、伸縮自在なサイズ変更を使用できない場合は、スナップショットの復元方法を使用します。

伸縮自在なサイズ変更を実行する前に、次を使用して、さまざまなノードタイプに対して可能なノード設定を決定します。

  • DescribeNodeConfigurationOptions API。指定されたアクションタイプのノードタイプ、ノード数、ディスク使用量など、可能なノード設定のプロパティを返します。
    - または -
  • describe-node-configuration-options AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI) コマンド。これは、可能なノード設定を返します。ノード設定には、指定したアクションタイプのノードタイプ、ノード数、ディスク使用量が含まれます。
    注: AWS CLI には、スライスマッピング用のノード設定オプションはありません。

例:

aws redshift describe-node-configuration-options --action-type resize-cluster --cluster-identifier your-redshift-clusteridentifier

伸縮自在なサイズ変更を使用して Amazon Redshift でクラスター設定を変更するには、次の手順を実行します。

1.    AWS マネジメントコンソールにサインインします。

2.    Amazon Redshift コンソールを開きます。

3.    [Clusters] (クラスター) を選択します。

4.    Amazon Redshift クラスターを選択します。

5.    [Actions] (アクション) を選択します。

6.    [Resize] (サイズ変更) を選択します。

7.    サイズ変更タイプとして [Elastic Resize] (伸縮自在なサイズ変更) を選択します。

8.    [New cluster configuration] (新しいクラスター設定) で、移行先のノードを選択します。

9.    ノードタイプに基づいてノードの数を選択します。

10.    [Resize cluster now] (今すぐクラスターのサイズを変更する) を選択して、サイズ変更を開始します。サイズ変更が完了すると、クラスターのステータスが [Available] (使用可能) から [Modifying] (変更中) に変わります。

スナップショットとリストア

Amazon Redshift コンソールで伸縮自在なサイズ変更が利用できない場合は、スナップショットと復元方法を使用します。DescribeNodeConfigurationOptions API または describe-node-configuration-options AWS CLI コマンドを使用して、さまざまなノードタイプに対して可能なノード設定を取得できます。次に、クラスターを元の設定に復元します。

例:

aws redshift describe-node-configuration-options --action-type restore-cluster --snapshot-identifier your-snapshot-identifier

注: AWS CLI コマンドの実行時にエラーが発生した場合は、AWS CLI の最新バージョンを使用していることを確認してください

スナップショットおよび復元方法を使用してクラスター設定を変更するには、次の手順を実行します。

1.    AWS マネジメントコンソールにサインインします。

2.    Amazon Redshift コンソールを開きます。

3.    [Clusters] (クラスター) を選択します。

4.    [Snapshots] (スナップショット) を選択します。

5.    ソースクラスターの最新のスナップショットを選択します。

6.    [Restore from Snapshot] (スナップショットから復元) を選択します。

7.    ノードタイプを選択します。

8.    ノードの数を選択します。

9.    (オプション) [Additional Configuration] (追加設定) で、データベース設定とデフォルト設定 (VPC、パラメータグループ、モニタリング、バックアップなど) を変更します。

10.    [Restore cluster from snapshot] (スナップショットからのクラスターの復元) を選択します。

ソースクラスターと同じエンドポイントを保持するには、次の手順を実行します。

重要: 開始する前に、Amazon Redshift クラスターを作成する必要があります。

1.    古い Amazon Redshift クラスターを削除します。

2.    新しいクラスターを選択します。

3.    [Actions] (アクション) ドロップダウンメニューを選択します。

4.    [変更] を選択します。

5.    削除したクラスターと同じ Cluster Identifier を指定します。

6.    [Modify Cluster] (クラスターの変更) を選択します。

また、ModifyCluster API または modify-cluster AWS CLI コマンドを使用して、Amazon Redshift クラスターの名前を変更することもできます。詳細については、クラスターの名前を変更するを参照してください。

従来のサイズ変更

Amazon Redshift コンソールで伸縮自在なサイズ変更が利用できない場合は、従来のサイズ変更の方法を使用してノード設定を更新します。従来のサイズ変更は、クラスター内のデータ量とノード数によって異なります。サイズ変更には数時間から数日かかる場合があります。古典的なサイズ変更がノード設定をアップグレードする唯一の選択肢である場合に、これを実行するのがベストプラクティスです。

注: 単一ノードクラスターなど、ノード設定を更新するための唯一の選択肢は、従来のサイズ変更です。

従来のサイズ変更を使用してノード設定を変更するには、次の手順に従います。

1.    AWS マネジメントコンソールにサインインします。

2.    Amazon Redshift コンソールを開きます。

3.    変更するクラスターを選択します。

4.    [Actions] (アクション) ドロップダウンメニューを選択します。

5.    [Resize] (サイズ変更) を選択します。

6.    [Classic Resize] (従来のサイズ変更) を選択します。

7.    [New cluster configuration] (新しいクラスター設定) で、希望するノードタイプと移行するノードを選択します。

8.    [Resize cluster now] (今すぐクラスターのサイズを変更する) を選択して、従来のサイズ変更を開始します。サイズ変更オペレーションが完了するまで、Amazon Redshift クラスターは読み取り専用モードのままです。


この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?