Amazon Redshift でスナップショットの復元の進行状況を監視するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2020 年 9 月 2 日

Amazon Redshift クラスターのスナップショットを復元しようとしています。スナップショットの復元の進行状況を監視するにはどうすればよいですか?

簡単な説明

Amazon Redshift では、次の 3 種類のスナップショット復元オペレーションがサポートされています。

  • クラスター復元: スナップショットからすべてのテーブル、データベース、およびメタデータを、ソースクラスターと同じサイズとノード設定の Amazon Redshift クラスターに復元します。スナップショット復元の状態を確認する方法については、クラスターの復元またはクロスインスタンス復元を監視するを参照してください。
  • クロスインスタンス復元: 異なるサイズまたは異なるノードタイプを実行しているクラスターに Redshift スナップショットを復元します。クロスインスタンス復元は、クラスター復元と同じ方法で実行されます。スナップショット復元の状態を確認する方法については、クラスターの復元またはクロスインスタンス復元を監視するを参照してください。
  • テーブル復元: 特定のテーブルと関連メタデータをスナップショットから Amazon Redshift クラスターに復元します。テーブル復元のステータスを確認する方法については、テーブル復元の監視を参照してください。

重要: スナップショットから作成された新しいクラスターは、ソースクラスターと同じセキュリティ権限と設定を継承します。スナップショットが復元された後、ソースクラスターに加えられた変更は、新しい Amazon Redshift クラスターには転送されません。さらに、ソースクラスターと新しく作成された Amazon Redshift クラスターの間でデータをマージすることはできません。Amazon Redshift でソーステーブルと新しく作成されたテーブルにも同じ制限が適用されます。

解決方法

クラスター復元またはクロスインスタンス復元を監視する

クラスター復元またはクロスインスタンス復元の進行状況は、次のいずれかの方法で監視できます。

  • AWS マネジメントコンソール: Amazon Redshift コンソールで Amazon Redshift クラスターの詳細を表示します。Amazon Redshift のクラスター復元が進行中の場合、クラスターのステータスは [Modifying] (変更中) に設定されます。[Clusters] (クラスター) の詳細ページで、[Maintenance and monitoring] (メンテナンスとモニタリング) タブを選択します。[Maintenance and monitoring] (メンテナンスとモニタリング) タブには、Amazon Redshift クラスターの作成とデータ転送の完了を確認するイベントが一覧表示されます。クラスター復元またはクロスオーバーインスタンス復元の操作が完了すると、クラスターのステータスは [Available] (利用可能) に設定されます。
    --または--
  • AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI): DescribeClusters API を使用して、クラスタースナップショットの進行状況を追跡します。DescribeClusters API は、スナップショット復元のサイズ、転送速度、経過時間、推定残り時間などのスナップショットの詳細を示します。次に、RestoreStatus エントリをチェックして、スナップショットが復元されたかどうかを確認します。スナップショットメトリクスの詳細については、RestoreStatus を参照してください。

スナップショット復元のステータスを確認するには、次のコマンド構文を使用します。

aws redshift describe-clusters --cluster-identifier <value>

クロスインスタンス復元またはクラスター復元の進行状況を監視する方法の詳細については、スナップショットからクラスターを復元するを参照してください。

テーブル復元を監視する

テーブル復元の進行状況は、次のいずれかの方法で監視できます。

  • AWS マネジメントコンソール: テーブル復元が開始されると、Amazon Redshift コンソールからリクエストのステータスを追跡できます。[Clusters] (クラスター) 詳細ページの [Backup] (バックアップ) タブには、テーブル復元リクエストが一覧表示されます。[Status] (ステータス) タブには、リクエストの現在の状態 (SUCCEEDED、FAILED、CANCELED、PENDING、または IN_PROGRESS) が表示されます。
    --または--
  • AWS CLI: RestoreTableFromClusterSnapshot API を使用して行われた 1 つ以上のテーブル復元リクエストのステータスを、describe-table-restore-status コマンドを使用して一覧表示します。TableRestoreRequestId パラメータの値を指定しない場合、DescribeTableRestoreStatus API はすべてのテーブル復元リクエストのステータスを返します。リクエストは、日付と時刻の昇順で表示されます。

テーブル復元のステータスを取得するには、次のコマンドを使用します。

aws redshift describe-table-restore-status --cluster-identifier <mycluster>
aws redshift describe-table-restore-status --table-restore-request-id <value>

この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術的なサポートが必要ですか?