Satya は、RDS DB インスタンスマスターパ
スワードのリセット方法を示す
マスターパスワードをリセットする

reset-master-user-password-rds-satya

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) インスタンスのマスター ユーザー パスワードをリセットするには、どうすればよいですか?

Amazon RDS DB インスタンスのマスター ユーザー パスワードを変更するには、次の手順を実行します。

  1. Amazon RDS コンソールを開きます。
  2. インスタンスを選択
  3. DB インスタンスを選択し、[Instance Actions] メニューを開き、[Modify] を選択します。
  4. 使用するマスター ユーザー パスワードを [New Master Password] フィールドに入力します。注意: 変更は可能な限り早く非同期的に適用され、この変更は [Apply Immediately] の設定を無視します。
  5. [Continue] を選択してから、[Modify DB Instance] を選択します。

RDS ダッシュボードの DB インスタンスの [Status] フィールドが resetting-master-credentials に変更されます。変更が完了すると、[Status] 列 が Available に変わります。また、RDS API または AWS CLI を使用して DB インスタンスを変更することもできます。

注意: Amazon Aurora などのクラスターシステムでは、クラスター内の任意のインスタンスからパスワードをリセットすることがきます。


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポート ナレッジ センターに戻る

サポートが必要ですか? AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2016 年 12 月 5 日

更新: 2018 年 7 月 2 日