AWS から請求書を受け取り、その課金されているリソースが見つからないときはどうすればいいですか?

最終更新日: 2020 年 9 月 23 日

AWS から毎月請求書が届きますが、課金されているリソースが見つかりません。

解決方法

課金されているリソースが、次の理由により明細に表記されない場合があります。

アカウントに、認識していないアクティブなリソースがある

アカウントで課金されているリソースを確認するには、次の操作を行います。

  1. 請求およびコスト管理コンソールを開きます。
  2. ナビゲーションペインで [請求] を選択します。
    [サービス別の請求詳細] セクションでは、アカウントで使用されている各サービスの明細項目を確認できます。サービスに課金があれば、そのサービスで料金が生じていることが分かります。
    注意: 前月の [サービス別の請求の詳細] セクションを確認して、料金が発生するすべてのサービスを特定することをお勧めします。
  3. 課金のあるサービスを展開します。
  4. サービスに課金のあるリージョンを確認します。

AWSSupport-ListEC2Resources AWS Systems Manager Automation ドキュメントを使用して、アクティブな Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) リソースを一覧表示することができます。このオートメーションドキュメントは、指定した AWS リージョンから Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリューム、Elastic IP アドレス、Amazon EC2 Auto Scaling グループなどの EC2 インスタンスおよび関連リソースに関する情報を返します。デフォルトでは、すべてのリージョンから情報が収集され、出力に表示されます。このオートメーションを実行するには、「単純なオートメーションを実行する」の手順に従います。

また、AWS のコストと使用状況レポートまたは AWS Cost Explorer を使用して、リソースの使用状況を確認できます。

別のリージョンでアクティブなリソースを特定したら、それぞれのサービスコンソールを開いて、不要になったリソースを終了します。詳細については、AWS アカウントを解約する前にすべてのリソースを終了する方法を教えてくださいを参照してください。

料金は別アカウントのリソースへの課金によって生じている

所有している可能性のある他の AWS アカウントを確認します。他の AWS アカウントで AWSSupport-ListEC2Resources の自動化を実行して、これらのアカウントにアクティブな EC2 リソースがあるかどうかを確認できます。

AWS の料金に関連するアカウントを見つける方法については、不明なアマゾン ウェブ サービスの料金に関連付けられている AWS アカウントを見つけるにはどうすればよいですか?を参照してください。

料金の発生しているリソースを表示するアクセス許可がない可能性がある

AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザーとして AWS アカウントにサインインしている場合、料金の発生しているリソースを表示するアクセス許可がない可能性があります。アカウント管理者に、これらのリソースを表示するアクセス許可の付与を依頼してください。IAM のアクセス許可とポリシーの一般的な説明については、アクセス管理の概要: アクセス許可とポリシーを参照してください

組織のメンバーアカウントにサインインしている場合、その課金は、組織の一括請求内の別アカウントに属すリソースから来ている可能性があります。アカウントのリソースの詳細については、そのアカウントの所有者に問い合わせてください。

月の初めにリソースへの課金が発生したものの、その後、リソースは終了または削除されている

請求とコストの管理コンソールの料金は、指定した月の使用量の合計を表します。その月の初めにリソースで料金が発生したものの、その後、停止または終了された場合、そのリソースは該当するサービスの AWS マネジメントコンソールに表示されなくなります。

AWS のコストと使用状況レポートまたは AWS Cost Explorer で、リソースで料金が発生しなくなったことを確認できます。