AWS でホストしているサービスのエイリアスレコードを作成するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2021 年 5 月 19 日

AWS でホストしているサービスのカスタム DNS レコードを作成しています。どのようなタイプのエイリアスレコードを使用すればいいですか?

簡単な説明

Amazon Route 53 のエイリアスレコードは、AWS リソースなどのエイリアスターゲットの DNS 名が内部的に割り当てられます。Route 53 は、エイリアスターゲットの DNS 名に関連付けられた IP アドレスで、スケーリングアクションやソフトウェアの更新をモニタリングします。Route 53 ネームサーバーからの正式なレスポンスには、エイリアスターゲットの IP アドレスを伴う A レコード (IPv4 アドレスの場合) または AAAA レコード (IPv6 アドレスの場合) が含まれています。

解決方法

エイリアスレコードを作成する

Route 53 コンソールを使用してレコードを作成し、必要なエイリアスレコードの値を指定します。

指定するサービスの IP アドレスの正しい DNS レコードタイプを使用してください。

  • Amazon CloudFront ディストリビューション — A レコード (IPv4) または AAAA レコード (IPv6)
  • AWS Elastic Beanstalk — A レコード (IPv4)
  • Elastic Load Balancing (ELB) ロードバランサー — A レコード (IPv4) または AAAA レコード (IPv6)
  • Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケット — A レコード (IPv4)
  • Amazon API Gateway カスタムリージョン API とエッジ最適化 API — A レコード (IPv4)
  • Amazon VPC インターフェイスエンドポイント — A レコード (IPv4)
  • AWS Global Accelerator — A レコード (IPv4)
  • 同じホストゾーン内の別の Route 53 レコード

注: 一部のサービスでは、レコードを作成する前に、カスタム DNS 名を設定する必要があります。これらのサービスには、Amazon API GatewayAmazon CloudFront が含まれます。

CNAME のサポート

Route 53 は、レコードタイプが一致する場合にのみ、エイリアスレコードのポインタを追跡します。CNAME レコードのエイリアスレコードを作成するには、エイリアスターゲットが CNAME 値に解決する必要があります。

無効な CNAME (ALIAS) レコードを作成しても、Route 53 はエンドポイントの IP アドレスを解決できません。その結果、Route 53 は SERVFAIL/REFUSED RCODE のエラーを返します。

有効な CNAME (ALIAS) レコード:

名前 タイプ
cname.example.com. CNAME(ALIAS) cname1.example.com.
cname1.example.com. CNAME abc.example.net.
abc.example.net. A 203.0.113.1

無効な CNAME (ALIAS) レコード:

名前 タイプ
cname.example.com.                                                CNAME(ALIAS)                                d12345xx.cloudfront.net.
cname.example.com. CNAME(ALIAS) dualstack.elb123.us-east 1.elb.amazonaws.com.
cname.example.com. CNAME(ALIAS) s3-website-us-west-2.amazonaws.com.
cname.example.com. CNAME(ALIAS) ebs1234.us-east-1.elasticbeanstalk.com.

Route 53 以外の DNS プロバイダからの指定

ドメイン名に Route 53 以外の DNS プロバイダを使用している場合、AWS でホストしているサービスにドメインを指定できる場合があります。ご利用の DNS プロバイダが、CNAME flattening、ANAME レコード、WebHop リダイレクションなどの技術を使用してルートドメインで CNAME レコードをサポートしているかどうかを確認してください。

CNAME レコードの作成に関する考慮事項

1.    親ドメイン、ネイキッドドメイン、または Apex ドメインの CNAME レコードを作成することはできません。Route 53 では、エイリアスレコードを使用して、サポートされているエイリアスターゲットの他のものに親ドメインをポイントできます。

たとえば、ドメイン「example.com」のホストゾーンを作成した場合、次の CNAME レコードを作成することはできません。

example.com CNAME dualstack.elb123.us-east 1.elb.amazonaws.com.

ドメイン「www.example.com」のホストゾーンを作成した場合、次の CNAME レコードを作成することはできません。

www.example.com CNAME dualstack.elb123.us-east 1.elb.amazonaws.com.

Route 53 では、代わりにエイリアスレコードを作成できます。例:

example.com Alias(A) dualstack.elb123.us-east 1.elb.amazonaws.com.

2.    CNAME レコードは、ホストゾーンファイル内の同じドメインの他のレコードタイプと共存することはできません。たとえば、レコードタイプが CNAME の場合、ドメイン「example.com」のレコードタイプを 1 つだけ持つことができます。次のレコードを作成することはできません。

abc.example.com CNAME www.example.com
abc.example.com A     54.239.28.85

3.    CNAME レコードと共存できるワイルドカードレコードを作成できます。例:

abc.example.com CNAME www.example.com
*.example.com   A     54.239.28.85