ドメインを AWS がホストするサービスに統合するために、Amazon Route 53 のエイリアスレコードを作成中です。どのようなタイプのエイリアスレコードを作成すればいいですか?

Route 53 のエイリアスレコードは、最初は AWS リソースなどのエイリアスターゲットの DNS 名が割り当てられます。Route 53 は、エイリアスターゲットの DNS 名に関連付けられた IP アドレスで、スケーリングアクションやソフトウェアの更新をモニタリングします。Route 53 ネームサーバーからの正式なレスポンスには、エイリアスターゲットの IP アドレスを伴う A レコード (IPv4 アドレスの場合) または AAAA レコード (IPv6 アドレスの場合) が含まれています。

エイリアスレコードを作成する

Route 53 コンソールを使用してレコードを作成し、必要なエイリアスレコードの値を指定します。

指定するサービスの IP アドレスの正しい DNS レコードタイプを使用してください。

  • Amazon CloudFront ディストリビューション A レコード (IPv4) または AAAA レコード (IPv6)
  • AWS Elastic Beanstalk 環境: A レコード (IPv4)
  • Elastic Load Balancing (ELB) ロードバランサー: A レコード (IPv4) または AAAA レコード (IPv6)
  • Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケット: A レコード (IPv4)

CNAME のサポート

Route 53 は、レコードタイプも一致する場合にのみ、エイリアスレコードのポインタを追跡します。CNAME レコードのエイリアスレコードを作成するには、エイリアスターゲットも CNAME 値に解決する必要があります。

無効な CNAME(ALIAS) レコードを作成しても、Route 53 がエンドポイントの IP アドレスを解決できないため、Route 53 から SERVFAIL/REFUSED RCODE が返ります。​

有効な CNAME(ALIAS) レコード:

名前 タイプ
cname.example.com. CNAME(ALIAS) cname1.example.com.
cname1.example.com. CNAME abc.example.net.
abc.example.net. A 203.0.113.1

無効な CNAME(ALIAS) レコード:

名前 タイプ
cname.example.com. CNAME(ALIAS) d12345xx.cloudfront.net.
cname.example.com. CNAME(ALIAS) dualstack.elb123.us-east 1.elb.amazonaws.com.
cname.example.com. CNAME(ALIAS) s3-website-us-west-2.amazonaws.com.
cname.example.com. CNAME(ALIAS) ebs1234.us-east-1.elasticbeanstalk.com.

Route 53 以外の DNS プロバイダからの指定

ドメイン名に Route 53 以外の DNS プロバイダを使用している場合、AWS でホストされているサービスにドメインを指定できる場合があります。

ご利用の DNS プロバイダが、CNAME flattening、ANAME レコード、WebHops リダイレクションなどの技術を使用してルートドメインで CNAME レコードをサポートしているかどうかを確認してください。


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポート ナレッジ センターに戻る

サポートが必要ですか? AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2018-08-16