Amazon Route 53 DNS サービスを使用していると、Route 53 の SMTP サーバー用にメールエクスチェンジャ(MX)レコードを作成した後、SMTP サーバーはクライアントからの E メールを受信できません。

Route 53 DNS サービス用に設定しているパブリックホストゾーンに適切なリソースレコードセットが投入されていない場合や、ドメイン名レジストラが Route 53 パブリックホストゾーンのネームサーバーを参照しない場合、クライアントは SMTP サーバーに接続できません。

  1. Amazon Route 53 リソースレコードセットの作成時または編集時に指定する値」を参照して、SMTP サーバー用に適切なリソースレコードセットを作成したことを確認します。最低でも、パブリックホストゾーンには、「基本リソースレコードセットの値」で説明しているように、SMTP サーバーのメールエクスチェンジャ(MX)レコードを含める必要があります。
  2. Route 53 以外のドメイン名レジストラを使用している場合は、そのドメイン名レジストラが Route 53 パブリックホストゾーン内のネームサーバーを参照していることを確認します。そのためには、InterNIC Whois Search ウェブページなど、インターネットベースの whois ユーティリティに対してクエリを実行して、以下の操作を実行します。
    • ドメイン名のレジストラを検索する - クエリフィールドにドメイン名を入力し、[Domain ] オプションを選択して、[Submit] を選択します。クエリ結果として、ドメイン名に対応するドメイン名レジストラと権威ネームサーバーが示されます。

      クエリの結果として、Route 53 のパブリックホストゾーンに関連付けられているネームサーバー以外のネームサーバーのリストが返される場合、SMTP サーバーの DNS クエリは Route 53 に送信されません。ドメイン名に関連付けられているネームサーバーのリストを更新するには、ドメイン名レジストラに連絡する必要があります。
    • ドメインレジストラの連絡先情報を見つける - クエリフィールドにレジストラの名前を入力し、[Registrar ] オプションを選択したら、[Submit] を選択します。この情報を使用してドメインレジストラに連絡し、ドメインの Route 53 パブリックホストゾーン内のネームサーバーを参照するように、ドメイン名のネームサーバーのリストを更新することをリクエストしてください。
    • 切り替え前の DNS サービスがお客様のドメインのリソースレコードセットをレジストラのネームサーバーでの TTL が切れる前に削除することのないようにしてください。変更が有効になるまでに 48 時間以上かかることがあり、ドメインネームサーバーレコードの TTL 期間が経過するまで、Route 53 DNS サービスはドメイン名の DNS クエリに応答しません。詳細については、「変更実施の待機」を参照してください。
  3. ドメインレジストラとして Route 53 を使用している場合は、クライアントが Route 53 パブリックホストゾーンのリソースレコードセットにアクセスできることを確認します。詳細については、「Amazon Route 53 パブリックホストゾーン設定されているリソースレコードがインターネットからアクセスできることを検証する方法を教えてください」を参照してください。そこでは、MX レコードへのクライアントアクセスをテストするためのシナリオの例を示しています。
    注意
    一部の DNS プロバイダーでは、「@」を MX レコードセット名の前に付加するか、ルートドメインの MX レコードセットの作成時に単に「@」という名前で MX レコードを作成する必要があります。Route 53 MX レコードセット名の前には「@」などの文字を付加しないでください。Route 53 でルートドメインの MX レコードセットを作成する場合は、レコードセット名を空白のままにし、Route 53 MX レコードセットの残りのフィールドに実際の値を指定します。
  4. MX レコードが正しく設定されても、SMTP サーバーが E メールを受け取ることがまだできない場合、さらなる調査については E メールサービスプロバイダーに連絡してください。

Amazon Route 53, ホストゾーン, ドメイン, 作成, 転送, ネームサーバー, 変更, E メール, MX, レジストラ, SMTP


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポートナリッジセンターに戻る

サポートが必要ですか?AWS サポートセンターをご覧ください。