Route 53 エイリアスリソースレコードセットを作成するときに、優先エイリアスターゲットを選択できないのはなぜですか?

最終更新日: 2018 年 8 月 31 日

Route 53 コンソールで Amazon Route 53 エイリアスリソースレコードセットを作成していますが、[Alias Target] (エイリアスターゲット) リストから優先リソースを選択できません。

簡単な説明

Route 53 コンソールを使用してエイリアスレコードを作成するときに、使用可能なリソースがない場合、[Alias Target] (エイリアスターゲット) リストに No Targets Available (ターゲットなし) というメッセージが表示されます。以下を確認してください。

  • Route 53 は、エイリアスターゲットとしてリソースをサポートします。
  • リソースは、Route 53 ホストゾーンと同じ AWS アカウントにあります。
  • Amazon CloudFront ディストリビューションにルーティングする場合、リソースレコード名は CloudFront ディストリビューションの CNAME と一致します。
  • Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットにルーティングする場合、リソースレコード名は S3 バケット名と一致します。

解決方法

Route 53 がリソースをサポートしていることを確認する

Route 53 がリソースをサポートしていること、およびリソースが正しく設定されていることを確認するには、[Alias target] (エイリアスターゲット) を参照してください。

同じアカウントのリソースにルーティングしていることを確認する

別の AWS アカウントのリソースにルーティングするには、リソースを識別する値を入力します。

たとえば、エイリアスターゲットとして Amazon CloudFront ディストリビューションを使用するには、CloudFront ドメイン名を入力します。

CloudFront ディストリビューション名を確認する

CloudFront ディストリビューションにルーティングする前に、作成するリソースレコードの名前が CloudFront ディストリビューションの CNAME と一致していることを確認してください。

たとえば、レコード名が example.com の場合、CloudFront ディストリビューションでは代替ドメイン名の 1 つとして example.com を使用する必要があります。

S3 ウェブサイトエンドポイント名を確認する

Amazon S3 ウェブサイトエンドポイントのリソースレコードの名前が、Amazon S3 バケットの名前と一致していることを確認します。また、バケットをウェブサイトホスティング用に設定します。

たとえば、バケットの名前が AWSDOC-EXAMPLE-BUCKET の場合、レコード名も AWSDOC-EXAMPLE-BUCKET である必要があります。


この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術的なサポートが必要ですか?