ウェブサイトのエンドポイントとして設定された ELB ロードバランサー、CloudFront ディストリビューション、または Amazon S3 バケットに Amazon Route 53 エイリアスリソースレコードセットを作成する際に、コンソールの [Alias Target] リストに [No Targets Available] という値が表示されます。

CloudFront ディストリビューション、ELB ロードバランサー、および Amazon S3 バケットの場合、作成したオブジェクトが [Alias Target] リストに表示されるのは、Amazon Route 53 ホストゾーンを作成した際に使用したアカウントと同じアカウントを使用している場合のみです。エイリアスリソースレコードセットを作成して DNS クエリをこれらのリソースにルーティングすることはできますが、[Alias Target] リストに手動で適用可能な名前を入力する必要があります。

Amazon Route 53 エイリアスリソースレコードセットを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインします。
  2. 使用可能なコンソールで、DNS クエリをルーティングするディストリビューションのドメイン名、DNS 名、または Amazon S3 バケットのドメイン名を取得します。
  3. https://console.aws.amazon.com/route53/ で Amazon Route 53 コンソールを開き、エイリアスリソースレコードセットを作成するホストゾーンの名前をクリックします。
  4. 既に作成しているオブジェクトが [Alias Target] リストに表示されない場合は、[Alias Target] リストに適切な名前を手動で入力します。
    • CloudFront ディストリビューション – ディストリビューション用の CloudFront ドメイン名 (d111111abcdef8.cloudfront.net など) を入力します。
    • ELB load balancer – ロードバランサーの DNS 名を入力します。詳細については、『Amazon Route 53 開発者ガイド』の手順「ELB ロードバランサーの DNS 名の取得」を参照してください。
    • ウェブサイトエンドポイントとして設定されている Amazon S3 バケット – Amazon S3 ウェブサイトエンドポイントのドメイン名を以下の形式で入力します。
           s3-website-region.amazonaws.com
      region 値は、バケットがホストされている Amazon S3 リージョンを表します (たとえば、us-east-1)。
      詳細については、『Amazon Route 53 開発者ガイド』の「エイリアスリソースレコードセットの値」を参照してください。
  5. [Create] をクリックします。

Amazon Route 53、No Targets Found、「A」タイプ「エイリアス」、Amazon S3 バケットウェブサイトエンドポイント、CloudFront、ELB、エイリアスリソースレコードセット


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポートナリッジセンターに戻る

サポートが必要ですか?AWS サポートセンターをご覧ください。