Amazon SES を使用して送信した E メールのオープン、クリック、および返送をモニタリングするには、どうすれば良いですか?

最終更新日: 2020 年 4 月 23 日

Amazon Simple Email Service (Amazon SES) を使用して送信した E メールから次のイベントについて通知を受け取りたいです。

  • 受信者が E メールを開いた時期、および受信者が自分の E メールを開いた回数
  • 受信者が E メール内のリンクをクリックした時期、および受信者が自分の E メール内のリンクをクリックした回数
  • 送信した E メールが返送されたとき、および受信した E メールが返送された回数

どうすればよいですか?

簡単な説明

Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) を使用して、受信者が E メールを開いたとき、受信者が E メール内のリンクをクリックしたとき、または E メールの結果が返送されたときに通知します。次に、Amazon CloudWatch を使用して、受信者が E メールを開いた回数、または E メールのリンクをクリックした回数、E メールが返送された回数を追跡します。

Amazon SES、Amazon SNS、および CloudWatch で E メールのオープン、クリック、および返送をモニタリングするように設定するには、次の手順通りに実行してください。

注: 複数の受信者に E メールをコピーした場合、この設定ではどの受信者が E メールを開いたのかは表示されません。

1.    Amazon SNS トピックを作成します。

2.    E メールのクリック、オープン、および返送に関する情報を Amazon SNS トピックに送信するように Amazon SES を設定します。

3.    E メールのクリック、オープン、および返送に関する情報を CloudWatch に送信するように Amazon SES を設定します。

4.    テスト E メールを送信して、E メールのオープンとクリックに関する通知を確認します。

5.    テスト E メールを送信して、返送に関する通知を確認します。

6.    SNS 通知と CloudWatch メトリクスを確認します。

注意: この設定では、E メールを開くたびに、および E メール内のリンクをクリックするたびに通知を受け取ります。

解決方法

始める前に、Amazon SES でドメインを確認したことを確認してください。

Amazon SNS トピックを作成する

1.    Amazon SNS コンソールを開きます。

2.    [トピックを作成] を選択します。

3.    トピックの一意の識別子を作成するために、[トピック名] に名前を入力します。

4.    [表示名] にトピックの表示名を入力します。

5.    [トピックを作成] を選択します。

6.    作成したトピックの [トピックの詳細] から [サブスクリプションの作成] を選択します。

7.    [プロトコル] で、[Email-JSON] を選択します。

8.    [エンドポイント] で、通知を受信する E メールアドレスを入力します。

9.    [サブスクリプションの作成] を選択します。

10.    ステップ 8 で指定した E メールアドレスで、Amazon SNS から E 受信したメールのうち、件名が「AWS 通知 - サブスクリプション確認」のサブスクリプション確認メールを開きます。

11.    サブスクリプション確認メールで、「SubscribeURL」として指定されている URL を開いてサブスクリプションを確認してください。

E メールのクリック、オープン、および返送に関する情報を Amazon SNS トピックに送信するように Amazon SES を設定する

1.    Amazon SES コンソールを開きます。

2.    ナビゲーションペインで、[E メール送信] の下にある [構成セット] を選択します。

3.    [構成セットの作成] を選択します。

4.    [構成セット名] に、構成セットの名前を入力します。

5.    [構成セットの作成] を選択します。

6.    構成セット一覧から、作成したセットを選択してください。

7.    [宛先追加] で、[SNS] を選択します。

8.    [名前] に、SNS 宛先の名前を入力します。

9.    [イベントタイプ] で、[クリック]、[開く]、[返送] を選択します。

10.    [トピック] で、作成した Amazon SNS トピックを選択します。

11.    [保存] を選択します。

E メールのクリック、オープン、および返送に関する情報を CloudWatch に送信するように Amazon SES を設定する

1.    Amazon SES コンソールを開きます。

2.    ナビゲーションペインで、[E メール送信] の下にある [構成セット] を選択します。

3.    作成した構成セットを選択してください。

4.    [宛先追加] で、[CloudWatch] を選択します。

5.    [名前] に、CloudWatch 宛先の名前を入力します。

6.    [イベントタイプ] で、[クリック]、[開く]、[返送] を選択します。

7.    [値のソース] で、[メッセージタグ] を選択します。

8.    [ディメンション名] に、CloudWatch のこのメトリクスに使用する名前を入力します。[デフォルト値] の場合は、例として [Null] を入力できます。

9.    [保存] を選択します。

テスト E メールを送信して、E メールのオープンとクリックに関する通知を確認する

1.    Amazon SES コンソールを開きます。

2.    ナビゲーションペインで、[ID 管理] の下にある [ドメイン] を選択します。

3.    確認済みドメインを 1 つ選択してください。

4.    [テスト E メール送信] を選択します。

5.    [E メール形式] で、[未加工] を選択します。

6.    [差出人] に確認済みドメインと E メールアドレスを入力します。

7.    [宛先] に受信者としてテストに使用する E メールアドレスを入力します。

8.    [メッセージ] に次のようにテキストを入力します。[myConfigset] を、作成した構成セットの名前に置き換えてください。次に、[Email=Null] を、構成セットの CloudWatch 宛先に入力したディメンション名とデフォルト値 (ディメンション名 = デフォルト値) に置き換えます。

X-SES-CONFIGURATION-SET: myConfigset
X-SES-MESSAGE-TAGS: Email=NULL
From: test-verified-domain@example.com
To: test-recipient@example.com
Subject: Test email
Content-Type: multipart/alternative;
    boundary="----=_boundary"

------=_boundary
Content-Type: text/html; charset=UTF-8
Content-Transfer-Encoding: 7bit

This is a test email.

<a href="https://aws.amazon.com/">Amazon Web Services</a>
------=_boundary

9.    [テストメールの送信] を選択します。

10.    テスト受信者の E メールアドレスから、送信したテスト E メールを開いてリンクをクリックします。

テスト E メールを送信して、返送に関する通知を確認する

注意: Amazon SES には、返送テストに使用できるメールボックスシミュレーターがあります。メールボックスシミュレーターアドレスからの返送は、ご使用のアカウントの返送メトリクスの一部としてカウントされません。

1.    Amazon SES コンソールを開きます。

2.    ナビゲーションペインで、[ID 管理] の下にある [ドメイン] を選択します。

3.    確認済みドメインを 1 つ選択してください。

4.    [テスト E メール送信] を選択します。

5.    [E メール形式] で、[未加工] を選択します。

6.    [差出人] に確認済みドメインと E メールアドレスを入力します。

7.    [宛先] に bounce@simulator.amazonses.com と入力します。

8.    [メッセージ] に次のようにテキストを入力します。[myConfigset] を、作成した構成セットの名前に置き換えてください。次に、[Email=Null] を、構成セットの CloudWatch 宛先に入力したディメンション名とデフォルト値 (ディメンション名 = デフォルト値) に置き換えます。

X-SES-CONFIGURATION-SET: myConfigset
X-SES-MESSAGE-TAGS: Email=NULL
From: test-verified-domain@example.com
To: bounce@simulator.amazonses.com
Subject: Test email
Content-Type: multipart/alternative;
    boundary="----=_boundary"

------=_boundary
Content-Type: text/html; charset=UTF-8
Content-Transfer-Encoding: 7bit

This is a test email.

<a href="https://aws.amazon.com/">Amazon Web Services</a>
------=_boundary

9.    [テストメールの送信] を選択します。

SNS 通知と CloudWatch メトリクスを確認する

1.    Amazon SNS トピックサブスクリプションのエンドポイントとして使用した E メールアドレスの受信トレイを開きます。オープン、クリック、および返送に関する通知を受け取ったことを確認します。

2.    CloudWatch コンソールを開きます。

3.    ナビゲーションペインで、[メトリック] を選択します。

4.    [すべてのメトリクス] ビューから、[SES] を選択します。

5.    作成したメトリクスを選択してください。

6.    オープン、クリック、および返送をシミュレートするために送信したテスト E メールがグラフに表示されていることを確認します。


この記事はお役に立ちましたか?

改善できることはありますか?


さらにサポートが必要な場合