どのようなものが Amazon SES でソフトバウンスとみなされますか? また、ソフトバウンスを監視するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2020 年 4 月 28 日

どのようなものが Amazon Simple Email Service (Amazon SES) でソフトバウンスとみなされますか? ソフトバウンスのタイプにはどのようなものがありますか? Amazon SES でソフトバウンスを監視するにはどうすればよいですか?

解決方法

ソフトバウンスまたは一時的なバウンスとは、バウンスされた E メールであり、一時的な障害のために受取人のメールサーバーによって拒否されたものをいいます。ソフトバウンスにつながり得る一時的な失敗には、以下が含まれます。

  • 受取人のメールボックスがいっぱいである。
  • 受取人のメールボックスが一時的に利用できない状態である。
  • サーバーの制限を超えている。
  • サーバーが過負荷になっている。

一般的に、ソフトバウンスは一時的な問題が原因であるため、しばらくしてから再試行することが推奨されます。

注意: Amazon SES で Simple Mail Transfer Protocol (SMTP) を使用している場合、ソフトバウンスに関連する特定のエラーコードは 421、450、451、452 です。これらのエラーコードの説明については、Internet Assigned Numbers Authority (IANA) ウェブサイトの Simple Mail Transfer Protocol (SMTP) Enhanced Status Codes Registry を参照してください。

Amazon SES は、ソフトバウンスまたは一時的なバウンスを以下のサブタイプに分類します。

  • General: 受取人の E メールプロバイダーが一般的かつ一時的なバウンスを送信した場合。これは通常、受取人が「不在」の自動応答を設定した場合に発生します。このタイプのソフトバウンスは通常、ユーザーからの何らの対応も必要ありません。バウンスが「不在」応答の結果であった場合、受取人が自動応答を削除した後にソフトバウンスは解決されます。
  • MailboxFull: 受取人のメールボックスがいっぱいで、それ以上の E メールを受け入れる容量がない場合。今後、メールボックスの容量に空きができた場合、同じ受取人への E メールの送信が可能となる場合があります。
  • MessageTooLarge: メッセージのファイルサイズが大きすぎるため、受取人のメールサーバーが E メールを受け付けることができません。メッセージサイズを小さくすることで、このタイプのバウンスの解決を試みることができます。
  • ContentRejected: 受取人のメールサーバーが E メールのコンテンツを許可していません。E メールのコンテンツを変更することで、このタイプのバウンスの解決を試みることができます。
  • AttachmentRejected: E メールに許容できない添付ファイルが含まれています。一部の E メールプロバイダーは、特定のファイルタイプの添付ファイルや大きなサイズの添付ファイルを含む E メールをブロックします。E メールの添付ファイルを削除または変更した後に、この受取人に E メールの送信を再度試みることができます。

これらのソフトバウンスのサブタイプの詳細については、バウンスのタイプを参照してください。

Amazon SES でソフトバウンスを監視するために、Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) を使用して通知をセットアップできます。SNS 通知は、任意のタイプのバウンスが受信されるたびにトリガーされます。

ソフトバウンスであるかどうかを判断するには、SNS 通知の内容を確認します。bounceTypeTransient の場合はソフトバウンスです。ソフトバウンスのタイプを確認するには、bounceSubTypeの値を確認します。


この記事はお役に立ちましたか?

改善できることはありますか?


さらにサポートが必要な場合