AWS アカウントにサインインしたり、必要なリソースや情報にアクセスできません。原因と解決方法を教えてください。

通常、AWS アカウントやリソースへのアクセスに関する問題は、次のカテゴリのいずれかに分類されます。

  • ブラウザの問題によりサインインできない。
  • AWS アカウントにサインインするための認証情報 (E メールアドレス、ユーザー名、またはパスワード) が正しくないか認証情報を忘れたため、AWS アカウントにサインインできない。
  • AWS アカウントに問題がある (例: 閉鎖または停止) 通知を受信した。
  • アカウントで多要素認証 (MFA) デバイスを有効にしたが、デバイスを紛失、破損したか、デバイスが動作しない。

注意: AWS アカウントにサインインできるがアカウントで実行している Amazon EC2 インスタンスへの接続に問題がある場合は、「VPC のインスタンスへの接続問題をトラブルシューティングする方法を教えてください」を参照してください。

ブラウザの問題を解決する

ブラウザが原因でログインできない場合、ブラウザのキャッシュと Cookie を消去するか、別のブラウザを使用します。

AWS 認証情報を使用したサインインに関する問題を解決する

AWS アカウントにルートユーザーとしてサインインするには、アカウントに関連付けられた E メールアドレスとパスワードを使用します。IAM ユーザーとして AWS アカウントにサインインするには、アカウント管理者により提供されたユーザー名とパスワードを使用します。

注意: ページ (https://signin.aws.amazon.com/console) を使用してサインインする場合、ルートアカウントユーザーとしてサインインしています。カスタム URL を使用してフォーマット (https://*.signin.aws.amazon.com/console/) でサインインする場合、IAM ユーザーとしてサインインしています。

サインインできるがコンソールの一部にアクセスできない場合、アカウント管理者が特定の AWS 機能へのアクセス許可を制限している可能性があります。この場合はアカウント管理者にご連絡ください。通常これは、サインインに使用する認証情報を提供した人物か、組織のマスターアカウントの所有者です。

ルートユーザーまたは IAM ユーザーのパスワードをリセットするには、「AWS パスワードをなくしたまたは忘れた場合の復旧方法を教えてください」を参照してください。

AWS アカウントに関連付けられた E メールアドレスを忘れた場合、または AWS アカウントへのサインインやパスワードのリセットに使用する E メールアドレスが機能しない場合、「アカウントのサインイン認証情報を忘れてしまいました。対処方法を教えてください」のトラブルシューティングのヒントを参照してください。

アカウントの問題を解決する

アカウント停止の通知を受信した場合や AWS アカウントを閉鎖したが再度アクセスを希望する場合は、引き続き同じ認証情報を使用して AWS アカウントにサインインできます。閉鎖または停止された AWS アカウントでは AWS の一部のサービスまたは機能にアクセスできない可能性がありますが、サインインして請求を表示したり、アカウント情報を更新したり、AWS サポートに連絡したりできます。

停止されたアカウントを再度有効にするには、「アカウントが停止されました。再度有効にする方法を教えてください」の手順に従います。

閉鎖された AWS アカウントを再開するには、「いったん閉めた AWS アカウントを再開する方法を教えてください」の手順に従います。

紛失または破損した MFA デバイスを AWS アカウントから削除する

アカウントまたは IAM ユーザーに関連付けられた MFA デバイスが紛失または破損した場合、「紛失または破損した多要素認証デバイス (MFA) をアカウントから削除する方法を教えてください」の手順に従います。


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポート ナレッジ センターに戻る

サポートが必要ですか? AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2017 年 8 月 26 日

更新: 2018 年 03 月 07 日