AWS コマンドラインインターフェース (AWS CLI) を使用して Amazon Route 53 でシンプルなリソースレコードセットを作成する方法を教えてください。

リソースレコードセットを作成、削除、または変更 (アップサート) するには、Route 53 API への ChangeResourceRecordSets リクエストを使用します。

先に進む前に、最新バージョンの AWS CLI のインストールまたは更新を行います。

ChangeResourceRecordSets リクエストの作成

ChangeResourceRecordSets リクエストでは、以下のアクションを実行できます。

  • CREATE 指定した値のレコードセットをホストゾーンに作成します。
  • DELETE 指定した値のレコードセットをホストゾーンから削除します。
  • UPSERT 指定した値の新しいレコードセットを作成するか、そのレコードが既に存在する場合は、指定した値のレコードセットを更新します。

次の JSON サンプルファイル (sample.json) を変更して、シンプルな A レコードセットを作成、削除、または変更します。リクエストのボディには、変更バッチと呼ばれる変更項目のリストが含まれています。

{
            "Comment": "CREATE/DELETE/UPSERT a record ",
            "Changes": [{
            "Action": "CREATE",
                        "ResourceRecordSet": {
                                    "Name": "a.example.com",
                                    "Type": "A",
                                    "TTL": 300,
                                 "ResourceRecords": [{ "Value": "4.4.4.4"}]
}}]
}

Route 53 API でコマンド change-resource-record-sets を使用し、ドメインのリソースレコードセットをホストゾーンに作成します。レコードを作成するための値は、​sample.json ファイルで指定します。

$ aws route53 change-resource-record-sets --hosted-zone-id ZXXXXXXXXXX --change-batch file://sample.json

JSON ファイルにエラーがなければ、一意の ID とともにステータスとして PENDING (保留中) が返されるはずです。

$ aws route53 change-resource-record-sets --hosted-zone-id ZXXXXXXXXXXX --change-batch file://sample.json
{
    "ChangeInfo": {
        "Status": "PENDING", 
        "Comment": "optional comment about the changes in this change batch request", 
        "SubmittedAt": "2018-07-10T19:39:37.757Z", 
        "Id": "/change/C3QYC83OA0KX5K"
    }
}

変更のステータスを確認するには、API コール get-changechange-resource-record-sets レスポンスの Id 値を使用します。

  • PENDING (保留中) は、このリクエストの変更が、すべての Amazon Route 53 DNS サーバーには伝播済みでないことを示します。これは、すべての変更バッチリクエストの初期ステータスです。
  • INSYNC (同期中) は、変更がすべての Amazon Route 53 DNS サーバーに伝播済みであることを示します。

伝播の前:

aws route53  get-change --id /change/C3QYC83OA0KX5K
{
    "ChangeInfo": {
        "Status": "PENDING", 
        "Comment": "optional comment about the changes in this change batch request", 
        "SubmittedAt": "2018-07-10T19:39:37.757Z", 
        "Id": "/change/C3QYC83OA0KX5K"
    }
}

伝播の後:

$ aws route53  get-change --id /change/C3QYC83OA0KX5K
{
    "ChangeInfo": {
        "Status": "INSYNC", 
        "Comment": "optional comment about the changes in this change batch request", 
        "SubmittedAt": "2018-07-10T19:39:37.757Z", 
        "Id": "/change/C3QYC83OA0KX5K"
    }

同時リクエスト

同時リクエストごとに別個のアクションキーを使用する必要があります。つまり、1 つのリクエストで A レコードと MX レコードを作成することはできません。代わりに、同じドメイン名で 2 つのレコードセットを作成するには、次の形式を使用する必要があります。

{
                "Comment": "CREATE/DELETE/UPDATE",
                 "Changes": [ {
                             "Action": "CREATE",
                            "ResourceRecordSet": {
                                "Name": "a.example.com",
                                    "Type": "A",
                                     "TTL": 300,
                                  "ResourceRecords": [{"Value": "5.5.5.5"}]
                            }},
{
                            "Action": "CREATE",
                            "ResourceRecordSet": {
                                 "Name": "a.example.com",
                                 "Type": "MX",
                                  "TTL": 300,
                                  "ResourceRecords": [{"Value": "10 example.com"}]
                           }}
]
}

このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポートナレッジセンターに戻る

サポートが必要ですか? AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2018 年 08 月 08 日