Snowball Edge で Amazon EC2 インスタンスを起動するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2021 年 9 月 29 日

AWS Snowball Edge デバイスで Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスを起動したいと考えています。

解決方法

開始する前に、AWS アカウントにサポートされている AMI があることを確認します。Snowball Edge デバイスのインスタンスのクォータも確認するようにしてください。

Snowball Edge クライアント、Snowball Edge デバイス、AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI) を準備する

1.    Snowball Edge クライアントをダウンロードします

2.    Snowball Edge クライアントのプロファイルを設定します

3.    Snowball Edge クライアントを使用して、unlock-device コマンドで Snowball Edge デバイスのロックを解除します。

$ snowballEdge unlock-device

4.    デバイスのロックが解除されるまで、数分かかる場合があります。ロック解除ステータスは、Snowball Edge クライアントを使用し、describe-device コマンドを実行して確認できます。

$ snowballEdge describe-device

5.    各 Snowball Edge デバイスには、独自の AWS CLI 認証情報のセットがあります。これらのコマンドを実行して、デバイスの認証情報を取得します

$ snowballEdge list-access-keys

$ snowballEdge get-secret-access-key --access-key-id (Enter access key)

6.    AWS CLI の最新バージョンをインストールして設定します。

注: Snowball Edge デバイスにある Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットにデータを転送するには、AWS CLI バージョン 1.16.14 を使用する必要があります。

Amazon EC2 インスタンスを起動

1.    describe-device Snowball クライアントコマンドを実行します。

$ snowballEdge describe-device

2.    コマンド出力から、接続されているネットワーク接続の physical-network-interface-id をメモします。

3.    create-virtual-network-interface Snowball クライアントコマンドを実行しますが、これには以下を入力するようにしてください。

--physical-network-interface-id には、前のステップでメモした ID を入力します。

--ip-address-assignment には、「DHCP」または「STATIC」のいずれかを入力します。

$ snowballEdge create-virtual-network-interface --physical-network-interface-id s.ni-xxxxxxxxxxxx --ip-address-assignment DHCP

$ snowballEdge create-virtual-network-interface --physical-network-interface-id s.ni-xxxxxxxxxxxx --ip-address-assignment STATIC --static-ip-address-configuration IpAddress=xxxx.xx.xx.xx,Netmask=255.255.255.0

4.    コマンド出力から、IP アドレスをメモします。

5.    describe-images AWS CLI コマンドを実行して、注文したインスタンスのイメージ ID をリストします。

$ aws ec2 describe-images --endpoint http://xx.xx.xx.xx:8008 --profile snowballEdge

注: AWS CLI コマンドの実行時にエラーが発生した場合は、AWS CLI の最新バージョンを使用していることを確認してください

6.    コマンド出力から、イメージ ID をメモします。

7.    run-instances AWS CLI コマンドを実行します。これにはステップ 6 でメモしたイメージ ID を入力するようにしてください。

$ aws ec2 run-instances --image-id s.ami-xxxxxxxxxxx --profile snowabllEdge --endpoint http://xx.xx.xx.xx:8008

8.    コマンド出力から、インスタンス ID をメモします。

9.    インスタンスの起動には、Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリュームのサイズに応じて 1 時間以上かかる場合があります。インスタンスの起動ステータスを確認するには、describe-instances AWS CLI コマンドを実行できます。

$ aws ec2 describe-instances --instance-id s.i-xxxxxxxxx --endpoint http://xx.xx.xx.xx:8008 --profile snowballEdge

10.    ステータスが Name:Running に変わったら、次のステップに進むことができます。associate-address AWS CLI コマンドを実行しますが、これには以下を入力するようにしてください。

--instance-id には、ステップ 8 でメモした ID を入力します。

--public-ip には、ステップ 4 でメモした IP アドレスを入力します。DHCP IP アドレス割り当てで仮想ネットワークインターフェイスを作成した場合は、「describe-virtual-network-interfaces」Snowball クライアントコマンドを実行して、DHCP によって割り当てられた IP アドレスを取得します。

$ aws ec2 associate-address --instance-id s.i-xxxxxxx --public-ip xx.xx.xx.xx --profile snowballEdge --endpoint http://xx.xx.xx.xx:8008

11.    describe-instances AWS CLI コマンドを実行して、IP アドレスがインスタンスに正常に関連付けられているかどうかを確認します。

$ aws ec2 describe-instances --instance-id s.i-xxxxxxxxx --endpoint http://xx.xx.xx.xx:8008 --profile snowballEdge

12.    これで、SSH を使用して Snowball Edge デバイスのインスタンスに接続できるようになります。


この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?