vSphere Web Client を使用して VMware 6.5 HA クラスターにファイルゲートウェイをデプロイするにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2022 年 5 月 11 日

AWS Storage Gateway ファイルゲートウェイを VMware 6.5 High Availability (HA) クラスターにデプロイしたいと考えています。vSphere Web Client を使用してゲートウェイをデプロイしたいと考えています。

解決方法

Storage Gateway コンソールで VMware ESXi イメージをダウンロードする

  1. Storage Gateway コンソールを開きます。
  2. [Create gateway] (ゲートウェイの作成) をクリックします。
  3. [Gateway settings] (ゲートウェイ設定) で、ゲートウェイの名前を入力し、ゲートウェイのタイムゾーンを選択します。
  4. [Gateway type] (ゲートウェイタイプ) で、[Amaazon FSx File gateway] (Amazon FSx ファイルゲートウェイ) を選択します。
  5. [Host platform] (ホストプラットフォーム) で、[VMware ESXi] を選択します。その後、[Download OVF template] (OVF テンプレートをダウンロード) を選択します。
  6. [I downloaded the OVF template and completed the deployment and then followed all the steps above] (OVF テンプレートをダウンロードしてデプロイを完了し、上記のすべてのステップを完了しました) を選択して、[Next] (次へ) を選択します。

注: Storage Gateway コンソールでウィンドウやタブを閉じないでください。後のステップでコンソールに戻ります。

vSphere Web Client から Open Virtualization Format (OVF) テンプレートをデプロイする

  1. 新しいブラウザウィンドウまたはタブで、vSphere Web Client にログインします。詳細については、VMware vSphere ドキュメントセンターの「Log in to vCenter Server using the vSphere Web Client」を参照してください。
  2. 左のナビゲーションペインで、[Datacenter] (データセンター) を右クリックし、[Deploy OVF Template] (OVF テンプレートのデプロイ) を選択します。
  3. [Select an OVF template] (OVF テンプレートの選択) で、[Local file] (ローカルファイル) を選択します。[Browse] (参照) をクリックし、「Storage Gateway コンソールで VMware ESXi イメージをダウンロードする」のステップ 4 でダウンロードしたファイルを選択します。
  4. [Next] (次へ) を選択します。
  5. [仮想マシンの名前] に、仮想マシン (VM) の名前を入力します。その後、[Next] (次へ) を選択します。
  6. [Select a compute resource] (コンピューティングリソースの選択) で、ゲートウェイをデプロイする VMware クラスターノードを選択します。その後、[Next] (次へ) を選択します。
  7. テンプレートの詳細を確認し、[次へ] をクリックします。
  8. [ストレージの選択] で、VM を保存する VMware 共有データストアを選択します。その後、[Next] (次へ) を選択します。
  9. [ネットワークの選択] で、ゲートウェイに割り当てるネットワークを選択します。その後、[Next] (次へ) を選択します。
  10. 設定の詳細を確認し、[完了] をクリックします。
  11. [Deploy OVF template] (OVF テンプレートのデプロイ) タスクと [Import OVF package] (OVF パッケージのインポート) タスクの [Status] (ステータス) が [Completed] (完了) に変わるまで待ちます。

vSphere Web Client でアクティベーションのためにファイルゲートウェイ VM を準備する

  1. 左のナビゲーションペインで、作成した VM を右クリックします。その後、[Edit Settings] (設定の編集) をクリックします。
  2. [Edit Settings] (設定の編集) のダイアログボックスで、[Memory] (メモリ) を展開します。その後、[Reservation] (予約) で、16 GB 以上の値を入力します。[Reserve all guest memory (All locked)] (すべてのゲストメモリを予約 (すべてロック済み)) のチェックボックスをオンにします。注: 最小メモリ要件の詳細については、「ハードウェアとストレージの要件」を参照してください。
  3. VM が SCSI コントローラ 0 を使用していて、[Change Type] (変更タイプ) が [VMware Paravirtual] であることを確認します。
  4. [設定の編集] のダイアログボックスで、[新しいデバイスを追加] を選択し、[ハードディスク] を選択します。これにより、ファイルゲートウェイキャッシュに新しいハードドライブが追加されます。
  5. [New Hard disk] (新しいハードディスク) で、150 GB を最小値として入力します。
  6. [VM Options] (VM オプション) タブを選択します。
  7. [VMware Tools] (VMware ツール) を展開します。その後、[Time] (時刻) で、[Synchronize guest time with host] (ゲストの時刻をホストと同期) のチェックボックスをオンにします。詳細については、「VM の時刻とホストの時刻の同期」を参照してください。
  8. [OK] を選択します。
  9. VM のメインの詳細ページで、VM の名前の横にある再生ボタンを選択します。
  10. VM が起動したら、VM の詳細のページに表示されている IP アドレスを書き留めます。

注: vSphere Web Client でウィンドウまたはタブを閉じないでください。後の手順でウェブクライアントに戻ります。

vSphere Web Client で VM のネットワーク設定のステップを完了する

  1. vSphere Web Client に戻り、VM の詳細が表示されているページに移動します。
  2. [Launch Remote Console] (Remote Console を起動) をクリックします。
  3. VMware Remote コンソール が起動したら、[admin] (管理者) として localhost login を、[password] (パスワード) として Password を使用してログインします。これにより、[AWS Storage Gateway - Configuration] (AWS Storage Gateway - 設定) のメニューに移動します。
  4. [Enter command] (コマンドの入力) で 2 と入力して、[AWS Storage Gateway - Network Configuration] (AWS Storage Gateway - ネットワーク設定) のメニューに移動します。
  5. [Enter command] (コマンドの入力) で 3 と入力して、静的 IP アドレスを設定します。
  6. [Enter network adapter] (ネットワークアダプタ) で、使用可能なアダプタの名前を入力します。
  7. [Enter IP Address] (IP アドレスの入力) で、Ex: 10.1.1.212 と入力します。
  8. [Enter network mask] (ネットワークマスクの入力) で、Ex: 255.255.255.0 と入力します。
  9. [Enter default gateway] (デフォルトゲートウェイの入力) で、Ex: 10.1.1.1 と入力します。
  10. [Apply config] (設定の適用) で y と入力します。
  11. 変更が適用されたら、[コマンドの入力] で 1 と入力してアダプタの説明を表示し、変更を確認できるようにします。次に、Enter キーを押して続行します。
  12. [コマンドの入力] で 6 と入力して DNS 設定を編集します。
  13. [ネットワークアダプタの入力] で使用可能なアダプタを入力します。
  14. [プライマリ DNS の入力] でサーバーのプライマリ DNS を入力します。
  15. [Apply config] (設定の適用) で y と入力します。
  16. 変更が適用されたら、[Enter command] (コマンドの入力) で 7 と入力して DNS 設定を表示し、変更を確認できるようにします。
  17. 設定を確認したら、[Enter command] (コマンドの入力) で x と入力して設定を完了し、終了します。
  18. [ゲートウェイを今すぐ再起動する] で y と入力します。
  19. [AWS Storage Gateway - Configuration] (AWS Storage Gateway - 設定) のメニューでゲートウェイ VM の時刻を同期します。
  20. [AWS Storage Gateway - Configuration] (AWS Storage Gateway - 設定) メニューの [Enter command] (コマンドを入力) で 3 を入力し、ゲートウェイアプライアンスと AWS リージョンの AWS Storage Gateway サービスエンドポイント (client-cp、dp-1,anon-cp、および proxy-app) 間の接続をテストします。詳細については、「ゲートウェイのネットワーク接続をテストする」を参照してください。
  21. すべての接続テストが [ PASSED ] を返すことを確認します。

Storage Gateway コンソールでファイルゲートウェイを作成するステップを完了する

  1. Storage Gateway のコンソールのタブまたはウィンドウを開きます。[Connect to AWS] (AWS に接続) ページが表示されていることを確認します。
  2. [Service endpoint] (サービスエンドポイント) で、[Publicly accessible] (パブリックにアクセス可能) を選択します。
  3. [Connection options] (接続オプション) で、[IP address] (IP アドレス) を選択します。
  4. [IP address] (IP アドレス) で、「vSphere Web Client でアクティベーションのためにファイルゲートウェイ VM を準備する」のステップ 10 で書き留めた IP アドレスを入力します。
  5. [Next] (次へ) を選択します。
  6. ゲートウェイをアクティブ化し、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) ファイルゲートウェイを設定するためのステップを完了します。

注: このステップは、vSphere HA 対応クラスターにデプロイする Amazon S3 File Gateway および Amazon FSx File Gateway の両方に使用できます。


この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?