Storage Gateway のストレージ容量を変更するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2020 年 9 月 30 日

AWS Storage Gateway のゲートウェイのストレージ容量を変更したいと考えています。ディスクを削除またはサイズ変更したり、ゲートウェイにディスクを割り当てたりするにはどうすればよいですか?

解決方法

ストレージ容量の削減

既存のゲートウェイのキャッシュディスクとして割り当てられたディスクを削除しないでください。削除すると、ゲートウェイの機能が損なわれる可能性があります。キャッシュディスクを既存のゲートウェイに割り当てた後は、キャッシュディスクのサイズを小さくすることはできません。代わりに、必要なキャッシュ領域を持つ新しいゲートウェイを作成する必要があります。その後、新しいゲートウェイにデータを移行できます。

既存のゲートウェイのアップロードバッファとして割り当てられたディスクの場合、ディスクを削除する前にゲートウェイをシャットダウンする必要があります。ゲートウェイのシャットダウン後、アップロードバッファディスクを削除できます。その後、アップロードバッファサイズを縮小した新しいディスクを割り当てることができます。

ストレージ容量の引き上げ

ゲートウェイのアップロードバッファまたはキャッシュストレージとして以前に割り当てたディスクを拡張しないでください。ゲートウェイのストレージ容量を増やすには、代わりに新しいディスクをゲートウェイに追加します。

ゲートウェイにストレージを追加する前に、ユースケースに推奨される最小容量を確認してください。

  • アップロードバッファ: 少なくとも 150 GiB のアップロードバッファを割り当てることがベストプラクティスです。割り当てるサイズを決定するには、次の式を使用します。
    ( アプリケーションスループット (MB/秒) - AWS へのネットワークスループット (MB/秒) * 圧縮係数) * 書き込み時間 = アップロードバッファ (MB)
    注意:
    1 GiB は 1073.741824 MB です。この式がユースケースについて 150 GiB 未満を返す場合であっても、少なくとも 150 GiB を割り当てることがベストプラクティスです。
  • キャッシュストレージ: テープおよびボリュームゲートウェイの場合、アップロードバッファサイズの 1.1 倍以上のキャッシュストレージを割り当てることがベストプラクティスです。ファイルゲートウェイのアーキテクチャにはアップロードバッファがないため、少なくとも 150 GiB のキャッシュストレージを割り当てることがベストプラクティスです。

ユースケースに推奨されるストレージ容量を決定したら、Storage Gateway コンソールを使用して適切なローカルディスク容量を割り当てます。</p


この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術的なサポートが必要ですか?