VPC 内でロードバランサーが使用しているサブネットの IP アドレスが不足する理由

最終更新日:2022 年 7 月 29 日

仮想プライベートクラウド (VPC) のサブネットで利用可能な IP アドレスが不足しており、そのサブネットを Elastic Load Balancing ロードバランサーと組み合わせて使用しています。

簡単な説明

VPC 内のサブネットで利用可能な IP アドレスが不足すると、ロードバランサーなどの AWS リソースはトラフィックの増加に正常に応答しないことがあります。

各サブネットで少なくとも 8 つの IP アドレスを使用できるようにしておくのがベストプラクティスです。ロードバランサで使用するために IP アドレスを解放または追加するには、2 つの方法があります。以下の推奨事項は、Application Load Balancer と Classic Load Balancer の両方に適用されます。

  • 未使用の Elastic Network Interface を削除して、サブネット内の IP アドレスを解放します。
  • 新しいサブネットを作成して VPC に追加します。

注意:ロードバランサー上のサブネットの要件に留意してください。特に、ロードバランサーはアベイラビリティーゾーンごとに最大 1 つのサブネットを持つことができます。

解決方法

未使用の Elastic Network Interface を削除する

未使用の Elastic Network Interface を削除するには、「Elastic Network Interface の削除」を参照してください。

ロードバランサーで使用できる IP アドレスを持つ新しいサブネットを追加するには

  1. 新しいサブネットを作成して VPC に追加します
    注: VPC の元の CIDR ブロックを使用して新しいサブネットを作成することができます。また、新しいサブネットで使用する追加の CIDR ブロックを VPC に追加することもできます。
  2. 古いサブネットを新しいサブネットに置き換えます。Classic Load Balancers については、サブネットの追加を参照してください。Application Load Balancer については、Application Load Balancer のアベイラビリティーゾーンを参照してください。
  3. サブネットに関連付けられているルートテーブルアクセスコントロールリスト(ACL) ルールを確認します。これを実行して、新しいサブネットが以前のサブネットと同じようにトラフィックをルーティングするようにします。例えば、以前のサブネットにインターネットゲートウェイへのデフォルトルートが設定されていた場合は、新しいサブネットに同様のルートが設定されていることを確認してください。
  4. (オプション) ベストプラクティスとして、クロスゾーン負荷分散を有効にします。

この記事は役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?