Amazon Aurora は、MySQL と互換性のあるリレーショナルデータベースエンジンで、高性能の商業用データベースの可用性およびスピードと、オープンソースデータベースのコスト効率性および簡素性を併せ持っています。Amazon Aurora は、MySQL よりも最大 5 倍のパフォーマンスを発揮するだけでなく、商業用データベースのセキュリティ、可用性、および信頼性を 10 分の 1 のコストで提供します。

amazon_aurora_Thumb2_850x270
1:49

高性能

Amazon Aurora は、標準の MySQL を同じハードウェアで実行した場合と比較して、最大 5 倍のスループットを実現します。この一貫性のあるパフォーマンスは商業用データベースのパフォーマンスと同等であり、しかも、コストが 10 分の 1 で、ライセンスの制約もありません。最大規模の Amazon Aurora インスタンスでは、秒あたり最大 500,000 回の読み込みと最大 100,000 回の書き込みを達成できます。さらに、きわめて小さい 10 ms のレイテンシーを実現するリードレプリカを使用することによって、読み込みオペレーションをさらにスケールすることもできます。詳細 »

高い安全性

Amazon Aurora では、データベースのセキュリティに関して、複数の機能が用意されています。これらの機能には、Amazon VPC によるネットワーク分離、AWS Key Management Service (KMS) を介して作成および制御されるキーによる保管時の暗号化、移動中データの SSL による暗号化が含まれます。暗号化された Amazon Aurora インスタンスでは、基盤となるストレージが暗号化されます。さらに、同じクラスター内にある自動化バックアップ、スナップショット、およびレプリカも暗号化されます。詳細 >>

MySQL との互換性

Amazon Aurora データベースエンジンは InnoDB ストレージエンジンを使用することで MySQL 5.6 と完全な互換性があります。これは、現在お客様が MySQL データベースですでに使用しているコード、アプリケーション、ドライバー、ツールをほとんど、またはまったく変更を加えなくても Amazon Aurora で使用できることを意味します。このことはまた、MySQL の標準のインポートおよびエクスポートのツールや MySQL binlog レプリケーションを使用して、既存の MySQL データベースを容易に移行できることも意味します。詳細 »

高いスケーラビリティ

Amazon Aurora データベースは、2 vCPU および 15 GiB のメモリを備えたインスタンスから、最大で 32 vCPU および 244 GiB メモリを備えたインスタンスまでスケールできます。また、3 つのアベイラビリティーゾーンにかけて最大 15 個の低レイテンシーリードレプリカを追加することでさらに読み込み容量をスケールできます。Amazon Aurora は 10 GB から 64 TB まで、必要に応じて自動でストレージを拡張します。詳細 »

高可用性と耐久性

Amazon Aurora は、99.99% の可能性を提供するように設計されています。物理ストレージの障害は透過的に復旧され、インスタンスのフェイルオーバーは、通常、30 秒未満で完了します。Amazon Aurora のストレージは耐障害性と自己修復機能を備えています。データについては、6 つのコピーが 3 つのアベイラビリティーゾーンにわたってレプリケートされ、連続的に Amazon S3 にバックアップされます。詳細 »

完全マネージド型

Amazon Aurora は完全マネージド型のデータベースサービスです。つまり、ハードウェアプロビジョニング、ソフトウェアパッチ適用、セットアップ、構成、モニタリング、またはバックアップなどのデータベース管理タスクについて頭を悩ます必要はありません。Amazon Aurora では、自動的にデータベースがモニタリングされ、S3 にバックアップされるので、きめ細かいポイントインタイムリカバリが可能です。詳細 »

15

Amazon Aurora は、リレーショナルデータベースを使用するあらゆるエンタープライズアプリケーションにとってすばらしい選択肢です。商業用データベースに比べて、Amazon Aurora はデータベースコストを 90% 以上削減することが可能であり、さらに、データベースの信頼性と可用性も向上します。Amazon Aurora は完全マネージド型サービスであるため、プロビジョニング、パッチの適用、バックアップ、リカバリ、障害検知、リペアなど時間のかかるタスクが自動化され、これらにかかっていた時間が節約されます。

expedia_logo_break

世界で最も大きな旅行会社の 1 つである Expedia は、自社の Travel Data Application 用に Amazon Aurora を使用しています。このアプリケーションでは、1 日あたり 3 億件のデータ行が挿入され、ピーク時には、秒あたり 7 万行が、読み込みについては 17 ミリ秒の平均応答時間、書き込みについては 30 ミリ秒の平均応答時間で処理されます。


SaaS アプリケーションでは、多くの場合、マルチテナントのアーキテクチャが使用されます。このアーキテクチャでは、インスタンスとストレージのスケーリングにきわめて高いレベルの柔軟性が求められ、さらに、高パフォーマンスと高信頼性も求められます。Amazon Aurora は、マネージド型データベースサービスでこれらの機能のすべてを提供します。このため、SaaS を採用している企業は、アプリケーションを駆動する基盤となるデータベースに悩まされることはなく、高品質アプリケーションの構築に専念できます。

alfresco_logo_break

「Amazon Aurora によって、パフォーマンスの低下を経験することなく当社のスケール要件を満たすことができました。Amazon Aurora で動作する Alfresco は、スループットが時間あたり 300 万ドキュメントに達する 10 億件のドキュメントを扱うようスケールされており、当社の MySQL 環境よりも 10 倍高速です。きっちり動作していますよ」 – John Newton 氏、創設者兼 CTO、Alfresco


きわめて大規模なスケールで動作するように構築されているウェブアプリケーションとモバイルアプリケーションは、高スループット、大規模ストレージスケーラビリティ、および高可用性を備えたデータベースを必要とします。Amazon Aurora は、このような要件の厳しいアプリケーションのニーズを、将来の成長に対する余力を持ちながら、満たすことができます。Amazon Aurora にはどのようなライセンス制約もないので、これらのアプリケーションが持つさまざまな使用パターンに完全に適合します。

conspire_logo_break

「 Amazon Aurora インスタンスあたり数十億行の保存、およびメッセージテーブルと受取人テーブルの間で秒あたり数十万を超える JOIN 操作を実現できています。メッセージはロード時に重複排除されるので、分析が劇的に簡素化されています。Amazon Aurora は、当社のきわめて大規模なデータセットに対して、フラットファイルや NoSQL よりもはるかに優れた代替手法であることが証明されています。」 – Paul McReynolds 氏、CTO、Conspire

Amazon Aurora はアプリケーションのパフォーマンスを劇的に増加させ、同時に、信頼性と可用性を向上させ、コストを削減します。r3.8xlarge インスタンス上での SysBench を使用した内部テストで、Amazon Aurora は秒あたり 500,000 件を超える読み込み、100,000 件の書き込みを達成しました。しかも、データベースのサイズやオブジェクト数に関係なく、高いレベルの一貫性が維持されました。Amazon Aurora インスタンスと既存のデータベースのパフォーマンスを比較したり、構築中の新しいアプリケーションで必要なパフォーマンスを評価したりするためのベンチマークテストは、簡単に実行できます。ベンチマークテストを実行する方法の詳細な手順については、Amazon Aurora のパフォーマンスベンチマークに関するガイドを参照してください。

InfoWorld は Amazon Aurora に対して広範なベンチマークテストを実行し、「Amazon の高速なデータベースサービスは、MySQL の 5 倍のスループットを提供し、Oracle や SQL Server に代わり得る手ごわいライバルである」との結論を公表して、Amazon Aurora に "Editor's Choice" 賞を授与しました。InfoWorld のレビューの完全版をダウンロードする >>

Amazon RDS for MySQL を現在使用している場合、Aurora に移行する作業はきわめて簡単で、スナップショットを作成し、そのスナップショットから Aurora インスタンスを起動するだけで完了します。ユーザーガイドに記載されている簡単な手順にステップごとに従うだけで、Amazon RDS for MySQL からの移行を実行できます。Amazon Aurora は MySQL と完全に互換であるので、アプリケーションは変更する必要なく、簡単に新しい Amazon Aurora インスタンスに再接続されます。Amazon EC2 またはオンプレミスで動作している MySQL データベースから Amazon Aurora への移行も、MySQL の標準のインポートおよびエクスポートのツール、または MySQL binlog レプリケーションを使用することによって、簡単に実行できます。

AWS Schema Conversion Tool を使用すると、Oracle や Microsoft SQL Server から Amazon Aurora に簡単に移行できます。ソースデータベーススキーマや、ビュー、ストアドプロシージャ、組み込み関数などのほとんどのカスタムコードが、Amazon Aurora と互換性のある形式に自動的に変換されます。自動的に変換できないすべてのコードには、はっきりとマークが付され、これらを手動で変換できます。AWS Schema Conversion Tool の詳細とダウンロード >>

Oracle や Microsoft SQL Server のデータベースから Amazon Aurora にデータを移行する作業は、AWS Database Migration Service を使用することによって簡単に実行できます。数回のクリックでデータ移行を開始でき、ソースデータベースは移行の間も完全に動作し、そのデータベースを使用するアプリケーションのダウンタイムは最小限に抑えられます。AWS Database Migration Service の詳細 >>


thomaspublishing_logo_break

Thomas Publishing は創業以来 100 年の歴史を誇る企業で、Thomas Register of American Manufacturers の発行を 1898 年に始めました。 Thomas Publishing は同社の運用データベースを Oracle から Amazon Aurora に、AWS Database Migration Service と Schema Conversion Tool を使用して移行しました。移行プロセス全体は、4 週間未満で完了しました。

earthnetwork_logo_break

Earth Networks は、世界最大の規模と範囲を有する気象観測、雷探知、気候 (温室効果ガス) ネットワークを運用しています。「既存の SQL Server データベースから Amazon Aurora への移行が実に簡単なことに驚きました。いくつかの変更のみで済んだのです。」– Eddie Dingels 氏、リードアーキテクト、Earth Networks


簡単に始めることができます。「開始方法」の説明に従い、数回のクリックを行うだけで、最初の Amazon Aurora インスタンスを作成できます。

 

より詳しくは

AWS エキスパートにメールでお問い合わせください。

より詳しくは
AWS エキスパートにメールでお問い合わせください。
より詳しくは
AWS エキスパートにメールでお問い合わせください。
より詳しくは
AWS エキスパートにメールでお問い合わせください。
より詳しくは
AWS エキスパートにメールでお問い合わせください。
より詳しくは
AWS エキスパートにメールでお問い合わせください。
より詳しくは
AWS エキスパートにメールでお問い合わせください。
より詳しくは
AWS エキスパートにメールでお問い合わせください。
より詳しくは
AWS エキスパートにメールでお問い合わせください。
より詳しくは
AWS エキスパートにメールでお問い合わせください。
より詳しくは
AWS エキスパートにメールでお問い合わせください。
より詳しくは
AWS エキスパートにメールでお問い合わせください。
日本担当チームにお問い合わせ