Amazon EC2 でウェブアプリケーションをデプロイする

入門ガイド

モジュール 4 – リソースをクリーンアップする

このモジュールで、以前のモジュールでデプロイしたリソースをクリーンアップします

はじめに

このガイドの最後で、以前作成した全ての異なる AWS リソースを削除する方法を説明します。まだ無料利用枠でアカウントを使用している場合、他の無料利用枠リソースをすでに実行していなければ、この作業によりコストが発生することはありません。

学習内容

  • CDK アプリケーションで作成した AWS リソースを削除する方法

 所要時間

< 2 分

 モジュールの前提条件

  • 管理者レベルのアクセス権を持つ AWS アカウント**
  • 推奨ブラウザ: Chrome または Firefox の最新バージョン

[**] 過去 24 時間以内に作成されたアカウントは、このチュートリアルに必要なサービスへのアクセス権限がまだ付与されていない可能性があります。

実装

AWS 環境をクリーンアップする

これで本ガイドは終了ですが、このガイド中に作成したリソースをクリーンアップする必要があります。アカウントを無料利用枠で使っている場合、月額料金は一切発生しません。無料利用枠期間が終了すると、最大 9.45 USD/月または 0.0126 USD/時の費用が発生します。 

作成した全てのインフラストラクチャを削除するには、[cdk destroy] コマンドを使用します。このコマンドは、このガイドで作成したインフラストラクチャの削除にのみ使えます。確認が表示されます。

cdk destroy

y」を入力してスタックリソースの変更および削除を許可します。

Ec2CdkStack: destroying...

✅  Ec2CdkStack: destroyed

リソースが削除されると、「Ec2CdkStack: destroyed」が表示されます。

まとめ

おめでとうございます。 これでAmazon EC2でのウェブアプリケーション構築」入門ガイドは終了です。下記の、次のステップセクションに従って AWS のクラウドジャーニーを続けましょう。

当社のサービスについてご意見をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。
このページがお役に立てれば幸いです。今後の改善のために、追加の詳細情報を共有していただけますか?
閉じる
フィードバックありがとうございます。
このページがお役に立たず申し訳ありません。今後の改善のために、追加の詳細情報を共有していただけますか?
閉じる