Lambda 予約済み同時実行の問題をトラブルシューティングする方法を教えてください。

最終更新日:2022-10-26

AWS Lambda 関数に予約済み同時実行を設定しましたが、関数が機能しません。この問題を修正するにはどうすればよいですか?

解決方法

予約済み同時実行 の設定が失敗した後にLambda 関数が失敗する原因として考えられるのは、次のとおりです。

  • 予約するのに十分な同時実行が残っていません。
  • 予約済みの同時実行設定が原因で、スロットリング動作、つまり 429 ステータスコードが発生しています。

予約済み同時実行に関する問題をトラブルシューティングするには、以下の手順に従ってください。

1.    予約された同時実行が設定 されていることを確認する Lambda 関数。Lambda コンソール を使用するか、GetFunction API を呼び出して設定を確認します。
注: 予約された同時実行がゼロになるように関数が設定されている場合、関数はイベントを処理できないため、スロットリングされます。値をゼロよりも大きい値に増やしてください。

2.    Lambda 関数がスケーリングできないように設定されているかどうかを確認します。その結果、ステータスコードが 429 になります。
詳細については、「「Rate exceeded」(レートを超過しました) というエラーと 429「TooManyRequestsException」というエラーの Lambda 関数のスロットリングをトラブルシューティングするには?」を参照してください

3.    ConcurrentExecutions の Amazon CloudWatch メトリクスを Lambda 関数の 最大統計 情報とともに確認します。ConcurrentExecutionsメトリクスが設定された 予約済み同時実行値に達しているかどうかを確認します。
同時実行メトリクスの詳細については、「Lambda 関数メトリクスの使用」と「同時実行メトリクスの使用」セクションを参照してください。

4.    Lambda 関数の予約された同時実行を、関数がスロットリングされないようにする同時実行値まで増やします。Lambda コンソールを使用するか、PutFunctionConcurrency API を呼び出して設定を変更します。

5.    それでも問題が解決しない場合は、AWS サポートに問い合わせてください。ケースで次の情報を提供してください。

  • Lambda 関数の ARN。
  • Lambda 関数のワークフローは、含まれるすべてのサービスで設定されています。
  • 問題が断続的か継続的かに関する詳細。
  • 問題の正確なタイムスタンプ (タイムゾーンまたはタイムスタンプ付き (UTC))。

:セキュリティとプライバシー上の理由から、AWS サポート担当者はお客様の Amazon CloudWatch logs にアクセスできません。