Luca が、
「incompatible-parameters」状態を引き起こす
問題の修正方法を示します

rds-incompatible-parameters-luca

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) インスタンスが、incompatible-parameters 状態で動かなくなってしまいます。インスタンスに接続したり、変更したりすることができません。できるのは、削除するか再起動することだけです。どうすれば解決できますか?

RDS インスタンスが incompatible-parameters 状態である場合、関連するグループ内のパラメータの少なくとも 1 つに、現在のエンジンバージョンまたはインスタンスクラスと互換性がない値が設定されています。

原因として以下が考えられます。

  • インスタンスが前のインスタンスよりも使用可能なメモリが少ないインスタンスタイプを使用するようにスケールされていて、関連するパラメータグループ内のメモリ設定の少なくとも 1 つが、現在のインスタンスで使用可能なメモリサイズを超えている。
  • データベースエンジンが別のバージョンにアップグレードされていて、エンジンが現在のカスタムパラメータグループの 1 つ以上のパラメータ設定と互換性がなくなっている。

別のパラメータグループの関連付け、インスタンスタイプの拡大縮小、エンジンバージョンの変更、インスタンス設定の変更を試みると、設定が失敗する可能性があります。新しい設定を受け入れるには、RDS インスタンスが available 状態である必要があります。インスタンスが incompatible-parameters 状態であると、再起動または削除することしかできません。incompatible 状態から復元するには、pending-reboot 状態の関連するカスタムパラメータグループの設定を確認します。

どの値が互換性がないかを判断する方法については、「カスタムまたはデフォルトのパラメータグループに存在する Amazon RDS DB パラメータはどのように識別できますか?」を参照してください。

この問題を解決するには、以下のいずれかのオプションを使用して、互換性がない各パラメータ値を互換性がある値に変更します。

  • パラメータグループのすべてのパラメータをデフォルト値にリセットします。
  • 互換性がないパラメータ値をリセットします。

注意: 互換性がないパラメータグループに関連付けられているすべての RDS インスタンスが、こうした値の変更の影響を受けます。パラメータグループの現在の設定をバックアップするには、パラメータをリセットする前にパラメータグループをコピーします。

問題の根本的な原因を特定するには、互換性がないパラメータグループをコピーしてから、カスタムパラメータ値とデフォルト値の違いを比較します。

Amazon RDS コンソールを使用してパラメータグループのコピーを作成する方法

  1. Amazon RDS コンソールを開き、ナビゲーションペインから [パラメータグループ] を選択します。
  2. 互換性がないパラメータグループを選択してから、[パラメータグループアクション] を選択します。
  3. [コピー] を選択します。

Amazon RDS コンソールを使用してパラメータグループのすべてのパラメータをデフォルト値にリセットする方法

  1. Amazon RDS コンソールを開き、ナビゲーションペインから [パラメータグループ] を選択します。
  2. リセットするパラメータグループを選択します。
  3. [パラメータグループアクション] を選択してから、[リセット] を選択します。
  4. [リセット] を選択します。

Amazon RDS コンソールを使用してパラメータ値をリセットする方法

互換性がないパラメータグループのすべてのパラメータ値がリセットされることがないように、変更するパラメータを選択します。これを行うには、Amazon RDS コンソールで互換性がないパラメータグループを編集します。

  1. Amazon RDS コンソールを開き、ナビゲーションペインから [パラメータグループ] を選択します。
  2. 互換性がないパラメータグループを選択します (または、すべてのパラメータをリセットするために、すべてのパラメータを選択します)。
  3. [パラメータグループアクション] を選択してから、[編集] を選択します。
  4. 有効なパラメータ値を入力してから、[変更の保存] を選択します。
  5. 新しい設定を適用するために、必ずインスタンスを再起動します。

    注意: Amazon RDS コンソールを使用すると、パラメータを任意の関連する可能な値に変更することができます。AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI) を使用すると、対象のパラメータをデフォルト値にリセットできます。AWS CLI を使用してパラメータ値をデフォルトパラメータ値以外に変更しても効果はありません。

Amazon RDS と互換性がない Oracle パラメータの詳細については、「Oracle 12c with Amazon RDS」および 「Using Huge Pages with an Oracle DB Instance」を参照してください。


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポート ナレッジ センターに戻る

サポートが必要ですか? AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2016 年 11 月 11 日

更新日: 2019 年 1 月 25 日