Route 53 のコストを削減するにはどうすればいいですか?

最終更新日: 2021 年 5 月 27 日

AWS 請求書の Amazon Route 53 の使用料金が、予想よりも高くなっています。Route 53 のコストを削減するにはどうすればいいですか?

簡単な説明

Route 53 の料金は、以下のサービスの実際の使用状況に基づいています。

  • ホストゾーン
  • クエリ
  • ヘルスチェック
  • ドメイン名

Route 53 は利用した分だけをお支払いいただく従量制です。最低料金、最低使用量のコミットメント、超過使用料金のいずれもありません。詳細については、Route 53 料金ページをご覧ください。

Route 53 のコストが想定よりも高かったとき、コストを削減するための手順:

  • 未使用のホストゾーンを削除する
  • 可能な場合はエイリアスレコードを作成する
  • レコードの TTL を増やす
  • トラフィックポリシーレコードを見直す
  • リゾルバーのエンドポイントを見直す
  • ヘルスチェックを見直す

解決方法

未使用のホストゾーンを削除する

重要: 不要なホストゾーンのみを削除してください。Route 53 は、ホストゾーンまたはホストゾーン自体で削除したレコードを復元できません。

Route 53 で作成されたホストゾーンごとに月額料金が発生します。ドメインにホストゾーンを作成すると、Route 53 はホストゾーンに 4 つのネームサーバーのセットを割り当てます。パブリック DNS 解決では、ドメインレジストラでネームサーバーが追加されたホストゾーンのみがクエリの解決に使用されます。ホストゾーンに関連するコストを最小限に抑えるには、未使用のホストゾーンを削除します。

可能な場合はエイリアスレコードを作成する

Route 53 が応答したほとんどの DNS クエリには料金が発生します。このポリシーの例外は、無償で提供されるリソースにマップされたエイリアスレコードへのクエリです。これには、次のようなものがあります。

  • Elastic Load Balancing インスタンス
  • Amazon CloudFront ディストリビューション
  • AWS Elastic Beanstalk 環境
  • Amazon API Gateway
  • Virtual Private Cloud (VPC) エンドポイント
  • Amazon シンプルクラウドストレージ (Amazon S3) ウェブサイトバケット

エイリアスレコードでサポートされる AWS リソースタイプの完全なリストについては、Value/route traffic to を参照してください。

リソースがエイリアスレコードでサポートされている場合は、レコードを編集して、レコードタイプをエイリアスに指定します。

TTL を増やす

Route 53 が応答したほとんどの DNS クエリには料金が発生します。このポリシーの例外は、無償で提供されるリソースにマップされたエイリアスレコードへのクエリです。これには、次のようなものがあります。

  • Elastic Load Balancing インスタンス
  • CloudFront ディストリビューション
  • AWS Elastic Beanstalk 環境
  • API ゲートウェイ
  • VPC エンドポイント
  • Amazon S3 ウェブサイトバケット

レコードに対して高い TTL を設定すると、中間リゾルバーはレコードをより長くキャッシュします。その結果、ネームサーバーで受信されるクエリの数が少なくなります。この設定により、応答された DNS クエリに対応する料金が抑えられます。ただし、TTL が高いと、以前の値が長い期間キャッシュされるため、レコード変更の伝達が遅くなります。TTL が低くなると、伝播の速度が上がります。ただし、TTL が低いほど、キャッシュされた値の有効期限が早くなるため、ネームサーバーに到着するクエリの数が多くなります。

トラフィックポリシーレコードを見直す

ポリシーレコードは、Route 53 トラフィックフローポリシーを特定の DNS 名 (www.example.com など) に関連付けるときに作成します。トラフィックポリシーは、その特定の DNS 名のトラフィックを管理します。通常、トラフィックポリシーとは、ルーティングポリシーの組み合わせと地理的近接性ルーティングポリシーのベストプラクティスです。ポリシーレコードによって DNS 名に関連付けられていないトラフィックポリシーに料金は発生しません。

複数のドメインを同じトラフィックポリシーに関連付けるには、トラフィックポリシーレコードと同じホストゾーンにエイリアスレコードを作成します。たとえば、example.com のトラフィックポリシーレコードと、トラフィックポリシーレコードを参照する www.example.com のエイリアスレコードを作成できます。

さらにコストを削減するには、トラフィックポリシーレコードを見直します。トラフィックポリシーレコードをシンプルレコードまたは他のルーティングポリシーに置き換えることができるかどうかを決定します。

リゾルバーのエンドポイントを見直す

Route 53 リゾルバーのエンドポイントには、複数の IP アドレスが含まれています。各 IP アドレスは、1 つの Elastic Network Interface に対応します。Elastic Network Interface には、インターフェイスごとに 1 時間あたり 0.125 USD の料金が課金されます。

単一のアウトバウンドエンドポイントは、同じリージョン内の複数のアカウントによって作成された複数の VPC 間で共有できます。同じリージョン内で異なる VPC で複数のアウトバウンドエンドポイントを設定した場合は、追加料金が発生します。コストを削減するには、個々のエンドポイントを使用するのではなく、共有メカニズムを使用してエンドポイントを統合します。

不要なヘルスチェックを削除する

ヘルスチェックをエンドポイントに関連付けると、ヘルスチェックリクエストはエンドポイントの IP アドレスに送信されます。これらのヘルスチェックリクエストは、リクエストが意図したとおりに動作していることを検証するために送信されます。ヘルスチェック料金は、関連するエンドポイントに基づいて発生します。ヘルスチェック料金が発生しないようにするには、RRSet レコードで使用されず、不要になったヘルスチェックをすべて削除します。

ヘルスチェックの代わりに、可能な限りターゲットの正常性の評価 (ETH) を設定してください。この戦略は、ヘルスチェックのコストを回避するのに役立ちます。詳細については、以下のトピックを参照してください。


この記事は役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?