現在 S3 Glacier ストレージクラスにある大量の Amazon S3 オブジェクトの復元を開始するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2021 年 1 月 8 日

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) に多数のオブジェクトがあり、それらは現在 S3 Glacier ストレージクラスにあります。それらのすべてに対して復元を開始したいと考えています。大規模なオペレーションで復元を開始するにはどうすればよいですか?

簡単な説明

Amazon S3 バッチオペレーションジョブを作成して、すべてのオブジェクトの復元を開始します。オブジェクトの復元ジョブは、オブジェクトのカスタムリストまたは Amazon S3 インベントリレポートで開始できます。

注意: バッチオペレーションジョブを作成する前に、Amazon S3 バッチオペレーションの料金を確認してください。

解決方法

開始する前に、以下の要件を満たす必要があります。

  • 復元を開始する権限を持つ AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザーまたはロール。さらに、IAM ユーザーまたはロールには、Amazon S3 バッチオペレーションの信頼ポリシーが必要です。
  • 復元するオブジェクトのマニフェストとして機能する CSV リストまたは Amazon S3 インベントリレポート。マニフェストファイルは S3 バケットに保存する必要があります。サーバー側の暗号化 (顧客提供のキーまたは AWS Key Management Service キー) を含むマニフェストはサポートされていません。各形式の要件の詳細については、マニフェストの指定を参照してください。

Amazon S3 コンソールを使用して、復元を開始するためのバッチオペレーションジョブを作成するには、次の手順に従います。

1.    Amazon S3 コンソールを開きます。

2.    ナビゲーションペインから、[Batch operations] を選択します。

3.    [Create job] を選択します。

4.    [Region] では、ジョブを作成する AWS リージョンを選択します。

5.    [Choose manifest] には、次を入力します。
[Manifest format] で、ファイル形式として S3 インベントリレポートまたは CSV を選択します。
Path to manifest object には、マニフェストファイルへの S3 パスを入力します (s3://awsexamplebucket/manifest.csv など)。

6.    [次へ] を選択します。

7.    [Choose operation] には、次を入力します。
[Operation] では、[Restore] を選択します。
Number of days that the restored copy is available には、ユースケースの日数を入力します。
[Restore tier] では、[Bulk retrieval] または [Standard retrieval] を選択します。各階層の詳細については、「アーカイブ取得オプション」を参照してください。
注意: 取得を高速化するには、create-job CLI コマンドを使用して、迅速復元層を指定します。

8.    [次へ] を選択します。

9.    [Configure additional options] で、次を入力します。
Description では、ジョブの説明を入力することもできます。または、このフィールドを空白のままにすることもできます。
Priority には、ジョブの優先度を示す数値を入力します。
[Generate completion report] では、このオプションを選択したままにすることができます。
[Completion report scope] では、ユースケースに応じて [Failed tasks only] または [All tasks] を選択します。
[Path to completion report destination] には、レポートの送信先のパスを入力します。
[Permission to access the specified resources] では、[Choose from existing IAM roles] を選択します。次に、復元を開始する権限があり、S3 バッチオペレーションで信頼ポリシーを持つ IAM ロールを選択します。

10.    [次へ] を選択します。

11.    [Review] ページで、ジョブの詳細を確認します。次に、[Create job] を選択します。

12.    ジョブを作成すると、ジョブのステータスが New から Preparing に変わります。次に、ステータスが Awaiting your confirmation に変わります。ジョブを実行するには、ジョブを選択し、[Confirm and run] を選択する必要があります。ジョブは、確認するまで実行されません。

13.    [Generate completion report] を選択した場合は、ジョブの完了後にレポートを確認できます。レポートは、指定した完了レポートの送信先のパスで見つけることができます。

各ジョブステータスの説明については、ジョブステータスを参照してください。失敗したジョブの詳細については、「ジョブの失敗の追跡」を参照してください。