ステータスが開始、再起動、または停止のまま Windows WorkSpace がスタックするのはなぜですか?

最終更新日: 2022 年 7 月 18 日

Amazon WorkSpaces Windows WorkSpace のステータスが、開始、再起動、または停止のままスタックします。これが発生した理由と修正方法を教えてください。

簡単な説明

WorkSpace のステータスは、PCOIP 標準エージェント、SkylightWorkSpacesConfigService、Web Access エージェントなどの WorkSpace コンポーネントのヘルスチェックによって決まります。WorkSpace のオペレーティングシステム (OS) の起動には長時間かかる場合があります。または、WorkSpace のコンポーネントが WorkSpace の実際のステータスを報告できない場合があります。これらの問題により、ステータスが開始、再起動、または停止の状態でスタックすることがあります。

解決方法

Windows WorkSpace のステータスが開始、再起動、または停止のままスタックする場合は、次の一般的な原因とトラブルシューティングのヒントを確認してください:

保留中の更新

コンソールまたはクライアントアプリケーションから WorkSpace に再起動コマンドが送信された場合、WorkSpace は更新の適用中にビジー状態になっている可能性があります。再起動アクションは、保留中の WorkSpaces コンポーネントの更新もトリガーします。

Windows の更新やその他のオペレーティングシステム (OS) のアクティビティによって起動プロセスが遅れる可能性があり、WorkSpaces のヘルスチェックが実際のステータスを反映するまで時間がかかる場合があります。数分待ってから、WorkSpace への接続を再試行してください。

WorkSpaces サービスが停止状態、またはウイルス対策ソフトウェアによってブロックされている

必要な WorkSpaces サービスが OS レベルで開始されていることを確認するには、以下の手順通りに実行します。

  1. リモートデスクトップ接続 (RDP) を使用して WorkSpace に接続します
  2. [Administrative Tools] (管理ツール) を開きます。次に、[Services] (サービス) のコンテキスト (右クリック) メニューを開き、[Open] (開く) を選択します。これらのいずれかのサービスで [Status] (ステータス) が [Stopped] (停止) になっている場合は、サービスのコンテキスト (右クリック) メニューを開き、[Start] (開始) を選択します。
    STXHD ホストアプリケーションサービス
    Windows 用 PCoIP 標準エージェント
    SkyLightWorkspaceConfigService
    [Status] (ステータス) に [Running] (実行中) と表示されるようになりました。
  3. 3 つすべてのサービスの [Startup Type] (スタートアップタイプ) が [Automatic] (自動) に設定されていることを確認します。[Startup Type] (スタートアップタイプ) を変更するには、サービスのコンテキスト (右クリック) メニューを開き、[Properties] (プロパティ) を選択します。[Startup type] (スタートアップタイプ) で、[Automatic] (自動化)、[Ok] (OK) の順に選択します。

3 つのサービスのステータスが [Running] (実行中) の場合、サービスはウイルス対策ソフトウェアによってブロックされている可能性があります。これを修正するために、サービスコンポーネントがインストールされている場所の許可リストを設定できます。詳細については、「WorkSpaces の必要な設定とサービスコンポーネント」を参照してください。

有効なネットワークアダプター

WorkSpace の両方のネットワークアダプターが有効になっていることを確認します。

  1. RDP を使用して WorkSpace に接続します
  2. [Start menu] (スタートメニュー) を開き、[Control Panel] (コントロールパネル) > [Network and Internet] (ネットワークとインターネット) > [Network and Sharing Center] (ネットワークと共有センター) の順に移動します。
  3. アクティブなネットワークを表示するセクションに 2 つのネットワークが表示されていることを確認します。リストされているネットワークが 1 つしかない場合は、[Change adapter settings] (アダプター設定を変更する) を選択します。イーサネット 3 が有効になっていることを確認します。必要に応じて、イーサネット 3 のコンテキスト (右クリック) メニューを開き、[Enable] (有効にする) を選択します。

WorkSpace を再起動します。

それでも問題が解決しない場合は、Amazon WorkSpaces コンソールから WorkSpace を再起動します。WorkSpace がオンラインになるまで数分待ってから、WorkSpace への接続を再度試みてください。WorkSpace のステータスは 90 分以内に変更されます。


この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?