title-divider_aws-orange
sustainability_greener-in-the-cloud

データセンターが気候に与える影響を分析する際には、電源構成に加えて、リソースの使用率とエネルギー効率を考慮する必要があります。炭素排出量は、運用しているサーバーの台数、各サーバーに電力を供給するために必要なエネルギーの合計、そのサーバーに電力を供給するために使用されるエネルギー資源の炭素強度によって求められます。Jeff Barr は最近のブログで、サーバーの台数を減らし、より効率的にそのサーバーに電力を供給することは、企業のデータセンターからの炭素排出量を減らす上で、電源構成と同じくらい重要であると述べています。

典型的な大規模のクラウドプロバイダーは、15% のオンプレミスに対して約 65% のサーバー使用率を実現します。つまり、企業がクラウドに移行するとき、オンプレミスと比べて通常 ¼ 未満のサーバーをプロビジョニングすることを意味します1。さらに、一般的なオンプレミスデータセンターは、世界レベルの施設設計、冷却システム、ワークロードが最適化された機器を使用する典型的な大規模のクラウドプロバイダーよりも電力の使用効率が 29% 低くなっています2。これらのことを合わせると (使用されるサーバー数が減ることと、サーバーの電力効率が向上すること)、お客様はオンプレミスインフラストラクチャと比べて 16% の電力のみを必要とします。つまり、必要な電力量を 84% 削減できます。

このようにエネルギー効率が大幅に向上すると、気候に与える影響を大幅に低減できます。消費するエネルギーが少なくなるほど炭素排出量も少なくなるためです。平均的な企業のデータセンターの電源構成は、典型的な大規模のクラウドプロバイダーよりも環境に優しくないため、それを考慮に入れると、気候への影響はさらに低減されることになります。大規模のクラウドプロバイダー (AWS を含む) では、世界平均よりも炭素強度が 28% 低い電源構成を使用しています3

sustainability_servers-cloud

必要なエネルギーの割合と炭素強度の低い電源構成により、お客様は、クラウドと AWS に移行することで最終的に炭素排出量を 88% 削減できます。

続きはこちら

sustainability_banner-trees

 

この取り組みに関して大きな進展がありました。2018 年 1 月、AWS は再生可能エネルギー使用 50% を達成しました。

AWS の再生可能エネルギープロジェクトの詳細については、各ロゴをクリックしてください。

title-divider_aws-orange
Amazon_SolarFarm_Virginia_EasternShore_Color_Wide_Transparency

Amazon Solar Farm Virginia – Eastern Shore は 80 メガワットのソーラーファームで、バージニア州アッコマック郡にあります。このソーラーファームは 2016 年 10 月に運転を開始し、年間で約 170,000 メガワット時のソーラーパワーを発電することが見込まれており、それは米国の約 15,000 世帯4 に 1 年間電力を供給できる量です。動画を見るには、こちらをクリックしてください。

Amazon Solar Farm Virginia – Eastern Shore は 80 メガワットのソーラーファームで、バージニア州アッコマック郡にあります。

Amazon_SolarFarm_Virginia_Buckingham_Color_Wide-Transparency

Amazon Solar Farm Virginia – Buckingham は 20 メガワットのソーラーファームで、バージニア州バッキンガム郡にあります。このソーラーファームは 2017 年 11 月に運転を開始し、年間で 48,000 メガワット時を超えるソーラーパワーを発電することが見込まれており、それは米国の 4,000 世帯超4 に 1 年間電力を供給できる量です。

Amazon Solar Farm Virginia – Buckingham は 20 メガワットのソーラーファームで、バージニア州バッキンガム郡にあります。

Amazon_SolarFarm_Virginia_NewKent_Color_Wide_Transparency

Amazon Solar Farm Virginia – New Kent は 20 メガワットのソーラーファームで、バージニア州ニューケント郡にあります。このソーラーファームは 2017 年 11 月に運転を開始し、年間で 48,000 メガワット時を超えるソーラーパワーを発電することが見込まれており、それは米国の 4,000 世帯超4 に 1 年間電力を供給できる量です。

Amazon Solar Farm Virginia – New Kent は 20 メガワットのソーラーファームで、バージニア州ニューケント郡にあります。

Amazon_SolarFarm_Virginia_Sappony_Color_Wide_Transparency

Amazon Solar Farm Virginia – Sappony は 20 メガワットのソーラーファームで、バージニア州サセックス郡にあります。このソーラーファームは 2017 年 11 月に運転を開始し、年間で 48,000 メガワット時を超えるソーラーパワーを発電することが見込まれており、それは米国の 4,000 世帯超4 に 1 年間電力を供給できる量です。

Amazon Solar Farm Virginia – Sappony は 20 メガワットのソーラーファームで、バージニア州サセックス郡にあります。

Amazon_SolarFarm_Virginia_Scott_Color_Wide_Transparency

Amazon Solar Farm Virginia – Scott は 20 メガワットのソーラーファームで、バージニア州ポウハタン郡にあります。このソーラーファームは 2017 年 12 月に運転を開始し、年間で 48,000 メガワット時を超えるソーラーパワーを発電することが見込まれており、それは米国の 4,000 世帯超4 に 1 年間電力を供給できる量です。

Amazon Solar Farm Virginia – Scott は 20 メガワットのソーラーファームで、バージニア州ポウハタン郡にあります。

Amazon_SolarFarm_Virginia_Southampton_Color_Wide_Transparency

Amazon Solar Farm Virginia – Southampton は 100 メガワットのソーラーファームで、バージニア州サウサンプトン郡にあります。このソーラーファームは 2017 年 11 月に運転を開始し、年間で約 210,000 メガワット時のソーラーパワーを発電することが見込まれており、それは米国の 19,000 世帯超4 に 1 年間電力を供給できる量です。

Amazon Solar Farm Virginia – Southampton は 100 メガワットのソーラーファームで、バージニア州サウサンプトン郡にあります。

Amazon_Windfarm_Indiana_FowlerRidge_Color_Wide_transparency

Amazon Wind Farm Indiana – Fowler Ridge は 150 メガワットのウィンドファームで、インディアナ州ベントン郡にあります。このウィンドファームは 2016 年 1 月に運転を開始し、年間で約 500,000 メガワット時の風力エネルギーを発電することが見込まれており、それは米国の約 46,000 世帯に 1 年間電力を供給できる量です4。動画を見るには、こちらをクリックしてください。

Amazon Wind Farm Indiana – Fowler Ridge は 150 メガワットのウィンドファームで、インディアナ州ベントン郡にあります。

Amazon_Windfarm_NorthCarolina–DesertWind_Color_Wide_Transparency

Amazon Wind Farm North Carolina – Desert Wind は、208 メガワットのウィンドファームで、ノースカロライナ州パーキマンス郡とパスクォタンク郡にあります。このウィンドファームは 2016 年 12 月に運転を開始し、年間で約 670,000 メガワット時の風力エネルギーを発電することが見込まれており、それは米国の 61,000 世帯超4 に 1 年間電力を供給できる量です。Amazon Wind Farm US East は、ノースカロライナ州で初の実用規模のウィンドファームです。

Amazon Wind Farm North Carolina – Desert Wind は、208 メガワットのウィンドファームで、ノースカロライナ州パーキマンス郡とパスクォタンク郡にあります。

Amazon_Windfarm_Ohio_TimberRoad_Color_Wide-Transparency

Amazon Wind Farm Ohio – Timber Road は 100 メガワットのウィンドファームで、オハイオ州ポールディング郡にあります。このウィンドファームは 2016 年 12 月に運転を開始し、年間で約 320,000 メガワット時の風力エネルギーを発電することが見込まれており、それは米国の 29,000 世帯超に 1 年間電力を供給できる量です4 。動画を見るには、こちらをクリックしてください。

Amazon Wind Farm Ohio – Timber Road は 100 メガワットのウィンドファームで、オハイオ州ポールディング郡にあります。

これらの再生可能エネルギープロジェクトによって、年間で合計 200 万 MWh のエネルギーが配電網に送られ、AWS 米国東部 (オハイオ) リージョンと AWS 米国東部 (バージニア北部) リージョンの AWS データセンターに電力が供給されます。このプロジェクトによって作り出される電力は、米国の 190,000 世帯超が 1 年間に消費する電力に相当し、それは、ジョージア州アトランタ市の世帯数とほぼ同じです5

 

AWS の再生可能エネルギーの進展に加えて、Amazon.com は複数の再生可能プロジェクトを発表しました。詳細については、Amazon での持続可能性のサイトを参照してください。

title-divider_aws-orange

2018 年 1 月、AWS は再生可能エネルギー使用 50% を達成しました。

title-divider_aws-orange

AWS が以前発表した 5 つのソーラーファームがバージニア州で現在運転中です。Amazon Solar Farm US East とあわせて、6 つのソーラーファームは再生可能エネルギー 260 メガワットを配電網に供給します。

title-divider_aws-orange

AWS と Dominion Virginia Power は、画期的な再生可能エネルギー供給契約を結びました。詳細については、こちらで Rocky Mountain Institute のブログをご覧ください。

詳細を確認

 

title-divider_aws-orange
  • Amazon Wind Farm US Central

    USCentralWindFarm_sized
  • Amazon Wind Farm Fowler Ridge

    Windfarm_02
  • Amazon Solar Farms US East

    Amazon_Solar_Farm_03
DJI_0078
Fowler-Ridge_11
Fowler-Ridge_6
sustainability_banner-trees
title-divider_aws-orange

AWS は、2011 年に最初のカーボンニュートラルリージョンを開設し、現在では、5 つのカーボンニュートラルリージョンを提供しています。

1 出典: NRDC 2014「Data Center Efficiency Assessment」レポート

2 出典: 2014 年の Uptime Institute の調査によるオンプレミスのデータセンターの電力使用効率 (PUE: Power Usage Effectiveness)、Google および Facebook の公開情報と AWS の内部データによるクラウドデータの PUE (PUE はいずれも 1.2 未満を示す)

3 出典: オンプレミスを前提とした場合の International Energy Agency による 2015 年 6 月と 2014 年の世界のエネルギー構成データに対する 393 g/kWh という AWS の平均電源構成炭素強度

4 2016 年、米国の住宅向け公共事業のお客様の年間平均電力消費量は 10,766 キロワット時 (kWh) で、毎月平均 897 kWh でした (米国エネルギー情報局)

5 出典: ジョージア州アトランタ市の人口 (2017 年には 486,290 人) を 2017 年の世帯あたり平均人数 (米国国勢調査局によると 2.54 人) で割ると、191,452 世帯となります。