以下の AWS Activate ロゴガイドラインは、AWS Activate サービス (以下「AWS Activate」) に参加する資格があり、AWS Activate に関して AWS が提供するロゴ (以下「AWS Activate ロゴ」) の使用を希望される会社を対象としています。AWS Activate ロゴの使用を AWS によって書面で明示的に許可された会社 (以下「AWS Activate ロゴ会社」) のみがロゴを使用できます。AWS Activate ロゴの使用を許可する E メールまたは書面による連絡を AWS から受け取っていない場合、AWS Activate ロゴを使用することはできません。このガイドラインには、AWS Activate に固有ではない商標の使用に関するガイドラインは含まれていません。例としては Amazon Web Services の商標がありますが、そのガイドラインについてはこちらをご覧ください。全体的な AWS ブランドの使用に関する詳細については、AWS 商標使用ガイドラインをご覧ください。下記の要件が自社のビジネスケースに具体的にどのように適用されるかが不明な場合は、AWS 担当者にお問い合わせください。

AWS Activate ロゴの使用許諾を依頼する場合は、以下の要件をご確認いただいた上でお問い合わせください。

要件

この要件は、貴社の製品やサービス、広告クリエイティブ、またはプロモーション素材 (例: ウェブサイト、販売資料、注文フォーム、バナー広告、E メールニュースレター、印刷物、その他の広告) において、貴社が AWS Activate への参加を示す要素のそれぞれに適用されます。

使用資格: AWS Activate ロゴ会社は、以下の AWS Activate ロゴを使用できます。

LP_startups_logo_aws-activate

AWS Activate ロゴの使用: AWS Activate ロゴ会社には、そのロゴの最新バージョンを自社のウェブサイトや自社のオフライン素材 (例: 印刷物、郵便物、その他の文書) において、AWS Activate ロゴ会社が AWS Activate に参加していることを示すことのみを目的として使用するための、非排他的でロイヤリティフリーの取り消し可能なライセンスが世界規模で付与されます。これには、AWS Activate ロゴを名刺、展示会ブース、販売資料などに使用することも含まれます。

AWS Activate ロゴ使用の全般的なガイドライン: AWS Activate ロゴを使用する際には、すべての AWS Activate ロゴ会社は AWS 商標使用ガイドラインに加えて以下の全般的なガイドラインに従う必要があります。

常に貴社の存在が中心になるようにしてください。 AWS Activate ロゴを自社のロゴよりも目立たせてはなりません。E メールや郵便物によるキャンペーンにおいては、その通信内容が AWS からではなく貴社からのものであると明確に示す必要があります。加えて、E メールの件名行やダイレクトメールの外側で AWS に言及してはなりません。

禁止されるブランドの使用方法として、 AWS のいかなるブランドも (AWS Activate ロゴを含む)、Amazon または AWS、その製品またはサービス、またはパートナーを蔑むことを目的として、Amazon または AWS の信用を下げる、傷つける、または損なう形で (これに該当するかどうかは AWS の単独の裁量で判断するものとする) 使用してはなりません。

AWS は貴社のプロモーションのスポンサーではありません。 貴社による AWS のブランド (AWS Activate ロゴを含む) の使用が、貴社のプロモーションの正式なビジネスパートナーまたはスポンサーとしての関係を意味するものであってはなりません。

「Amazon Web Services」は当社の名称です。 貴社がこの 3 語から成る当社の名称を引用する場合は、各単語の先頭文字および短縮形を必ず大文字で表記してください。「Amazon Web Services」と「AWS」以外の形式では使用できません。「Amazon」の先頭文字は必ず大文字で表記してください。ただし、当社のウェブサイト www.aws.amazon.com を指す場合を除きます。

貴社は AWS Activate プログラムの参加企業です。 貴社は AWS ウェブサイトを直接宣伝してはなりません。AWS サインアップページへのリンクを掲載しないでください。AWS 製品ページへの偶発的な参照は、貴社のサービスの機能について説明するときに必要であれば許容されます (例: Amazon S3 でのバックアップが可能な製品のページに、Amazon S3 製品ページへのリンクを掲載する)。AWS URL を使用するときは、AWS 商標使用ガイドラインにも従うものとします。AWS URL への言及は、AWS から要請されたときに削除するものとします。

URL リンク。 「AWS」や AWS の商標のいずれかを貴社の URL 内で使用してはなりません。例えば、「www.acme-aws.com」という URL は、AWS のブランドまたは商標の使用という観点からは許可されません。許可される例としては、「www.acme-software.com/aws」があります。AWS は、このガイドラインに違反している URL リンクの削除を要請することがあります。

ロゴの改変: 貴社は、当社の商標使用ガイドライン (http://aws.amazon.com/co-marketing/#logo-program) に従う必要があります。当社の商標は、いかなる方法でも改変してはなりません。

監査の権利: AWS は随時、貴社の素材の無作為監査を行うことがあります。この目的は、ここに示した要件への準拠を確認することです。レビュー対象のアイテムが選出された場合、AWS は貴社に直接連絡します。

AWS は、自らの単独の裁量で、この AWS Activate ロゴガイドラインをいつでも修正する権利、および無許可での使用や上記の要件に準拠しない使用に対して適切な措置を講じる権利を留保します。