AWS App2Container

既存のアプリケーションをコンテナ化して移行する

AWS App2Container (A2C) は、Java および .NET ウェブアプリケーションをコンテナ形式に移行およびモダナイズするためのコマンドラインツールです。A2C は、ベアメタル、仮想マシン、Amazon EC2 インスタンス、またはクラウドで実行されているすべてのアプリケーションのインベントリを分析および構築します。コンテナ化するアプリケーションを選択するだけで、A2C がアプリケーションアーティファクトと依存関係をコンテナイメージにパッケージ化し、ネットワークポートを設定して、必要な Amazon ECS および Amazon EKS デプロイアーティファクトを生成します。A2C は、コンテナ化されたアプリケーションを本番環境にデプロイするために必要なクラウドインフラストラクチャと CI\CD パイプラインをプロビジョニングします。A2C を使用すると、アプリケーションをコンテナとして AWS に簡単に移行してモダナイズすると同時に、デプロイとオペレーションを標準化できます。

利点

運用の合理化

App2Container を使用すると、既存のアプリケーションをコンテナ化し、単一のツールセットで標準化して、監視、操作、およびソフトウェア配信できます。コンテナ化により、アプリケーションの運用に必要なインフラストラクチャとスキルセットを統合し、インフラストラクチャとトレーニングの両方のコストを節約できます。

アプリケーションの近代化を加速

アプリケーションのコンテナ化には、コンテナイメージを構築してデプロイするために、アプリケーションの依存関係、ネットワークポート設定、ソフトウェア配信プロセスを特定する必要があります。これらのタスクは、手動で時間がかかり、エラーが発生しやすくなります。App2Container はアプリケーションを分析し、ECS または Kubernetes 向けのの正しい依存関係、ネットワーク設定、およびデプロイ手順で設定されたコンテナイメージを自動的に生成します。

大規模に移行するためのベストプラクティス

App2Container により、コードを変更することなく、データセンターで実行されているアプリケーションをコンテナ化できます。さらに、App2Container は、AWS のベストプラクティスに従って、Amazon ECS、Amazon EKS、AWS AppRunner などのコンテナサービスへのデプロイパイプラインの生成を自動化します。リモート実行を有効にすることで、データセンターから AWS へのアプリケーションの移行を自動化できます。

仕組み

product-page-diagram_App2Container@2x
Ensono

お客様が AWS へ移行する上で大きな動機になるのは、従来のサーバーベースのワークロードからシフトしてクラウドネイティブになる機会が得られることです。これにより、パブリッククラウドのメリットを実現するのに大いに役立つ、費用対効果の高いスケーラブルなソリューションがもたらされます。従来型ワークロードのモダナイゼーションは、パブリッククラウドを使用するクライアントに向けた Ensono のクラウドトランスフォーメーションソリューションの中心に位置しています。AWS App2Container (A2C) は、反復可能で信頼性の高い方法でワークロードをコンテナ化するプロセスを大幅に簡略化します。これにより、移行時間を短縮してクライアントに直接メリットをもたらします。AWS チームは、A2C のジャーニーで積極的に支援してくれる良き理解者で、より多くのクライアントワークロードを移行する際に緊密に連携することを楽しみにしています。

パートナーの紹介 | お問い合わせ

Slalom

AWS App2Container (A2C) を介してレガシーワークロードを迅速にコンテナ化できることで、モダナイゼーションを通じて総所有コストを削減する大きなチャンスをもたらしています。最適化せずに移行しても、クラウドへの移行時に顧客が求めるメリットは得られません。A2C により、企業は最小限の労力でワークロードをコンテナ化された環境に移行でき、パフォーマンスとスケーラビリティを高め、市場投入までの時間を短縮します。A2C は、この分野のゲームチェンジャーです。

パートナーの紹介 | お問い合わせ

DXC

DXC の Application Containerization-as-a-Service は AWS App2Container (A2C) を活用して、Windows および Linux サーバーで実行されているレガシーアプリケーションを迅速かつコスト効率よくコンテナ化します。A2C を使用すると、DXC はコンテナ化のベストプラクティスを適用して、コンテナが安全でパフォーマンスが最適化されます。

パートナーの紹介 | お問い合わせ

Cognizant

AWS App2Container (A2C) により、AWS パートナーネットワーク (APN) のプレミアコンサルティングパートナーである Cognizant は、AWS for Containers が提供する幅広いサービスを活用して、アプリケーションのモダナイゼーションを大規模に推進できます。Cognizant は A2C を使用して、ビジネス価値を実現する時間を短縮しています。これにより、レガシー .NET および Java ビジネスアプリケーションをクラウドに移行およびモダナイズしています。

パートナーの紹介 | お問い合わせ

Accenture

Accenture AWS Business Group (AABG) と Accenture のクラウドプラクティスは、包括的なコンテナソリューションの戦略、設計、実装に関する幅広いバックグラウンドがあります。深いスキルと幅広い経験により、AWS と連携して AWS App2Container を活用するという独自の立場に立つことができます。これにより、AWS へのアプリケーションのコンテナ化を事業に活用しています。

パートナーの紹介 | お問い合わせ

Onica

AWS パートナーとして、AWS App2Container (A2C) が提供する新機能に非常に期待しています。これにより、顧客はリファクタリングを必要とせずに、レガシーアプリケーションのモダナイゼーションに向けた第一歩を踏み出すことができます。多くのお客様は、コンテナ化をどこから始めればよいかわかっていません。A2C はファーストクラスの規範的なパスを提供し、ASP .net および Java アプリケーションをレガシー VM ベースのホスティングからコンテナにすばやく移行できるようにしています。AWS CLI を使用するエンジニアおよびソリューションアーキテクトは、A2C CLI を使い慣れた直感的なものであると感じることでしょう。ドキュメントは明確で、Linux と Windows の両方のアプリケーションサーバーのコンテナ化について説明しています。
A2C の重要な機能の 1 つは、スタンドアロン型ワーカーノードとして実行できることです。これにより、本番サーバーに混乱を招く可能性のあるエージェントをインストールすることなく、非侵襲的な方法でワークロードをコンテナ化できます。A2C は Amazon ECR、ECS、および EKS もサポートしているため、企業はクラウドでホストされるレガシーアプリをすばやく確認してテストできます。Kubernetes を使用しているチームは、kubectl を使用して、既存の Amazon EKS で、または A2C で生成された deployment.yaml を使ってセルフマネージド Kubernetes クラスターで、コンテナ化されたアプリケーションを起動できます。A2C は、グループ管理サービスアカウント (gMSA) でのコンテナ化されたワークロードの実行もサポートしています。gMSA は、Windows アプリをコンテナ化するための高度な概念で、チームは A2C がこれをサポートしていることを知って喜びの声をあげました。

つまり、A2C は、リファクタリングを必要とせずに、レガシーアプリケーションのモダナイゼーションに向けた第一歩を踏み出すための簡単で規範的な方法です。ASP.NET や Java のレガシーアプリケーションを実行しているショップはどこも、A2C を AWS でのアプリケーションのモダナイゼーションの取り組みを合理化および加速するための重要なツールと見るべきでしょう。

パートナーの紹介 | お問い合わせ

Wipro

AWS App2Container (A2C) は、AWS クラウドへのカスタマージャーニーを自動化することにより、Wipro のスマートコンテナ化ソリューションを大幅に強化しました。Wipro は、コンテナとサーバーレステクノロジーを活用する顧客のために、クラウドでのアプリケーションの近代化を推進しており、A2C は、クラウドの大規模導入をさらに後押しすることでしょう。AWS のサービスと A2C で強化されたコンテナテクノロジーに関して深い知識を持っていることで、顧客がクラウド移行に必要な全体的なコストと時間を削減し、ROI を向上させるのを支援できます。

パートナーの紹介 | お問い合わせ

Infosys

AWS App2Container (A2C) は、.Net および Java アプリケーションを迅速にコンテナ化する機能により、企業のクラウドへの移行を加速できます。クラウドネイティブの原則とベストプラクティスに準拠したデプロイを保証します。Infosys では、AWS A2C と Infosys Cloud Modernization Platform を積極的に活用し、アプリケーションワークロードを AWS へ移行、コンテナ化、デプロイしてモダナイズします。

パートナーの紹介 | お問い合わせ

ブログ記事

Standard Product Icons (Features) Squid Ink
製品の特徴を見る

AWS App2Container の特徴ページをご覧ください。

詳細はこちら 
Sign up for a free account
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Next-Steps-Icon_User-guide
ドキュメント

AWS App2Container の開始方法。

詳細はこちら