AWS Cost Categories

コストと使用状況の情報を組織構造にマッピングする

カスタムルールを定義し、内部のビジネス構造および組織構造に合わせてコストを分類する

Cost Categories 内のコスト配分を概観する

Cost Categories 間でコストを公平に配分するための分割請求のルールを定義する

他の AWS Billing and Cost Management サービスとの統合を設定し、コストカテゴリを使用する

AWS Cost Categories は AWS コスト管理製品スイートの機能であり、ニーズに基づいてコストおよび使用状況に関する情報を有意義なカテゴリにグループ化することを可能にします。アカウント、タグ、サービス、料金タイプ、さらには他のコストカテゴリなどのさまざまなディメンションを使用して、定義したルールに基づいて、カスタムカテゴリを作成し、コストと使用量の情報をこれらのカテゴリにマッピングできます。コストカテゴリを設定して有効にすると、月の初めから、AWS Cost Explorer、AWS Budgets、および AWS Cost and Usage Report (CUR) で、これらのカテゴリごとにコストと使用量の情報を表示できるようになります。

仕組み

cost-categories-diagram

ユースケース

コスト情報を自動的に分類する

カスタムルールを定義し、内部のビジネス構造および組織構造にマッピングします。

ビジネスに応じた分割請求のルールを定義する

分割請求のルールを使うことによって、これらのコストを Cost Category の値で公平に配分することができます。

マルチレベルの階層関係を作成

Cost Category をディメンションとして使用することにより、コストカテゴリ間にマルチレベルの階層関係を作成できます。

開始方法

今すぐ使用を開始する

AWS 請求コンソールにログインして、AWS Cost Categories を開始します。

確認する »

仕組みはこちら

ツールがどのようにお客様のクラウドファイナンスのジャーニーに貢献できるかをご覧ください。

ユーザーガイドを見る »

掘り下げる

AWS Cost Categories を使い始める方法は、ハウツーガイドでご確認ください。

使用を開始する »

AWS の詳細を見る