iOS や Android のアプリケーション、およびモバイル向けウェブアプリケーションを AWS クラウドで実機を使ってテストします。

 
今すぐ無料でお試しください

Q: AWS Device Farm とは何ですか?

開発者は、AWS Device Farm を使用して AWS クラウドで実際の Android デバイスや iOS デバイスをテストし、操作することにより、アプリケーション品質、市場投入までの時間、および顧客満足度を向上させることができます。また、アプリケーションとテストスクリプトをアップロードし、数百台の実際のデバイスで並行して自動テストを実行し、結果、スクリーンショット、動画、パフォーマンスデータを数分で取得することも可能です。さらに、ウェブブラウザを介してデバイスをスワイプ、ジェスチャー、および操作することにより、お客様の問題をデバッグ、再現することができます。 

 


Q: AWS Device Farm は、誰がどのような理由で使用できますか?

AWS Device Farm は、自分のアプリケーションの品質を高めるためにモバイルアプリケーション構築、テスト、サポートする開発者、QA チーム、顧客サポート担当者のために設計されています。アプリケーションは品質の重要性が増すのみでなく、複雑度を増す一方です。その原因としては、デバイスモデルの数、ファームウェアと OS のバージョンのばらつき、キャリアと製造元のカスタマイズ、およびリモートサービスやその他のアプリケーションへの依存などがあります。AWS Device Farm では複数のデバイスでテストを実行することにより、開発プロセスが迅速化されるため、開発者、QA、サポート担当者が顧客の問題の再現、新機能の探索的テスト、手動テスト計画の実行などの自動テストおよび手動タスクを実行できます。また、AWS Device Farm を使用すれば、社内のデバイスラボ、ラボマネージャ、オートメーションインフラストラクチャの開発が不要になるため、コストを大幅に削減できます。

 


Q: AWS Device Farm では、どのタイプのアプリケーションをサポートしていますか?

AWS Device Farm では、ネイティブおよびハイブリッドの Android、iOS、ウェブアプリ、クロスプラットフォームアプリ (PhoneGap、Titanium、Xamarin、Unity、およびその他のフレームワークで作成されたアプリケーションを含む) がサポートされています。


Q: AWS Device Farm ではシミュレータまたはエミュレータを使用していますか?

AWS Device Farm のテストは、実際の非ルートデバイスで実行されます。テストが実行されるデバイスには、OEM デバイスとキャリアブランドのデバイスがあります。


Q: どうすれば AWS Device Farm の利用を開始できますか?

こちらの入門ガイドを参照してください。


Q: AWS Device Farm コンソールはどのブラウザに対応していますか?

AWS Device Farm は、Internet Explorer 9 以降、および Chrome、Firefox、Safari の最新バージョンで動作します。


Q: ウェブアプリケーションをテストするのにどのブラウザを使用できますか?

ウェブアプリケーションは、Android では Chrome、iOS では Safari でテストできます。


Q: アプリケーションとテストの最大ファイルサイズはいくつですか?

AWS Device Farm でサポートされている最大ファイルサイズは 4 GB です。


Q: アプリケーションを設定するか、ソースコードを提供する必要はありますか?

組み込みのテストを使用するためにアプリケーションの設定やソースコードは必要ありません。Android 向けアプリケーションはそのまま提出できます。iOS 向けアプリケーションはターゲットとして、シミュレーターの代わりに "iOS Device" で構築します。


Q: アプリケーション、テストファイル、およびその他のファイルはサーバーに保存されるのですか?保管される場合、期間はどのくらいですか?

アップロードされたアプリケーションとファイルは 30 日後に自動的に削除されます。テスト結果、スクリーンショット、および動画は 15 か月間格納されます。さらに、AWS Device Farm コンソールまたは API 経由でファイルおよび結果をいつでも削除できます。


Q: テストが終了した後、どのようにデバイスをクリーンアップしますか?

テストの実行が終了した後、各デバイスで一連のクリーンアップタスクが実行されます。これにはアプリケーションのアンインストールが含まれます。アプリケーションのアンインストールまたは他のいずれかのクリーンアップステップが確認できない場合、デバイスは削除され、再び利用することはできなくなります。

付加的なクリーンアップステップが追加され、クリーンアッププロセスは向上していますが、場合によって、特にアプリケーションのコンテキストの外部でデバイスのシステムを使用する場合には、セッション間でデータを保持することが可能です。この理由に加え、AWS Device Farm により各デバイスの使用中の動画とアクティビティーの実行のログがキャプチャされているため、自動化されたテストならびにリモートアクセスのセッションの間には、アカウント情報 (Google アカウント、Apple ID など)、個人情報、またその他のセキュリティに抵触する可能性のある詳細情報など、重要な情報を提供したり入力したりしないよう推奨されています。


Q: アプリケーションは変更されますか?

iOS では、組み込みプロビジョニングプロファイルをワイルドカードプロファイルと差し替え、アプリケーションが再署名されます。これを提供する場合は、インストールの前に補助データをアプリケーションパッケージに追加し、データがアプリケーションのサンドボックスに表示されるようにします。iOS のアプリケーションを再署名すると、特定のエンタイトルメントが削除されます。これには、App Group、Associated Domains、Game Center、HealthKit、HomeKit、Wireless Accessory Configuration、In-App Purchase、Inter-App Audio、Apple Pay、プッシュ通知および VPN 設定と管理が含まれます。

Android 向けのアプリケーションは、再署名されます。このため、Google マップの Android API など、アプリケーションの署名に依存している機能は正常に動作しなくなることがあります。DexGuard などの製品で提供されている海賊版や改ざんを検知する機能に反応する可能性もあります。また、組み込みテストの場合、スクリーンショットの撮影と保存に必要な権限が与えられるようにマニフェストを変更する場合もあります。


Q: AWS Device Farm ダイレクトデバイスアクセスとは何ですか?

この機能を使用すると、開発者は、マシンに直接接続している実際のデバイスでデバッグするときと同じ方法で、ローカルのホストマシンを介してプライベートのデバイスにアクセスできるようになります。現在、Android Studio および Xcode で、実際のデバイスで行っているタスクと同じタスクを実行できる機能に加え、Device Farm ダイレクトデバイスアクセスでは、さまざまなデバイスや OS バージョンを選択できます。プライベートデバイスの詳細については、お問い合わせください。



Q: Android と iOS のどちらもサポートしていますか?

はい。


Q: 使用しているマシンにソフトウェアを追加でダウンロードする必要がありますか?

はい。クライアントソフトウェアは、次のいずれかの場所からダウンロードできます。

Windows: https://s3-us-west-2.amazonaws.com/prod-us-west-2-system-resources/AWSDeviceFarmClient/AWS_Device_Farm.exe

MacOS: https://s3-us-west-2.amazonaws.com/prod-us-west-2-system-resources/AWSDeviceFarmClient/AWS_Device_Farm.dmg

インストールの詳細な手順については、こちらのドキュメントをご覧ください。

 

 


Q: ローカルのマシンから複数の Android デバイスに接続できますか?

はい。


Q: パブリックデバイスにも使用できますか?

いいえ。本機能は、現時点では、AWS Device Farm のプライベートデバイスにしか使用できません。プライベートデバイスの詳細については、次のページをご覧ください。https://aws.amazon.com/device-farm/pricing/#privateDevices


Q: Android Studio、Xcode、Chrome デベロッパーツール、Safari Web Inspector から AWS Device Farm デバイス上でデバッグおよび実行できますか?

はい。


Q: Android デバイス用にはどのテストのフレームワークがサポートされていますか?

デバイスに接続したら、お好きなフレームワークを実行できます。


Q: この機能の詳細に関する情報は、どこで確認できますか?

詳細な設定ガイドについては、こちらをクリックしてください [製品のリンクを挿入する]。プライベートデバイスの詳細については、お問い合わせください。

 


Q: AWS Device Farm ではどのデバイスが利用可能ですか?サポート対象デバイスはどのような基準で選択しているのですか?

AWS Device Farm では、多数の Android、iOS および Fire OS デバイスをサポートしており、サポート対象デバイスは今でも増え続けています。人気のある新しいデバイスが製造元からリリースされると、サポート対象として追加されます。また、OS の新規バージョンがリリースされると、新しいデバイスがサポート対象として追加されます。利用可能なデバイスのリストを参照してください。


Q: AWS Device Farm には、欧州、中国、インドなどの国際市場のデバイスも追加されていますか?

現在、インドの国際市場向けデバイスが追加されています。デバイス群は、市場のデータとお客様からのフィードバックをもとに、今後も引き続き更新していく予定です。デバイス群にないデバイスの追加を希望される場合は、こちらまでご連絡ください。


Q: デバイスを選択する方法を教えてください。同じデバイス上で再テストできますか?

自動化されたテストでは、デバイスはデバイスプールと呼ばれるコレクションを介して選択されます。厳選されたデバイスプールがいくつか自動的に提供されますが、お客様ご自身でプールを作成することもできます。テストは、指定されたプール内で、お客様のアプリケーションおよびテストと互換性のあるすべてのデバイスに対して実行されます。リモートアクセスでは、製造元、モデル、キャリア形式、およびオペレーティングシステムのバージョンに基づいて希望のデバイスを選択します。次に、必要に応じて、アプリケーションやその他のデータのアップロードや、デバイスのその他の設定の構成を行うことができます。Device Farm では、要求に合う使用可能なデバイスが検索され、ブラウザでデバイスのディスプレイに表示されます。その後、デバイスの操作や、スクリーンショットやビデオのキャプチャが可能になります。

 


Q: AWS Device Farm のテストデバイスに事前インストールされているアプリケーションはありますか?

はい。テストデバイスには、デバイスの製造元またはキャリアによって多数のアプリケーションが事前インストールされています。


Q: デバイスはインターネットで利用可能な他のサービスやシステムと通信できますか?

はい。すべてのデバイスには、インターネットアクセスが可能な WiFi 接続が装備されています。お客様のシステムが内部システム (すなわち、企業ファイアウォールの背後に設置されている) の場合は、54.244.50.32~54.244.50.63. の IP 範囲をホワイトリストに登録できます。すべてのデバイストラフィックはそれらの IP を通して入ることができます。


Q: 異なるキャリア接続および条件をテストできますか?

実際のキャリア接続をテストすることはできませんが、ネットワークシェーピング機能を使用して接続のタイプおよび条件をシミュレートできます。実行をスケジュールするとき、「3G」や「Lossy LTE」などの収集されたネットワークプロファイルを選択したり、スループット、ジッタ、損失などの独自の制御パラメータを作成したりできます。デバイスからのすべての WiFi トラフィックは、選択するプロファイルに応じてテスト期間中にシェーピングおよび操作されます。テストスクリプトからネットワークパラメーターを変更することで、動的な環境をシミュレートすることもできます。


Q: デバイスから電話をかけるか、SMS を送信することはできますか?

いいえ。デバイスはキャリアと接続されていないため、電話をかけたり、SMS メッセージを送信したりすることはできません。


Q: デバイスのカメラは使用できますか?

はい。デバイスのカメラは、フロントカメラとリアカメラのいずれも使用できます。デバイスのマウント方法によっては、画像や動画が暗くぼやけて見えることがあります。


Q: 自動テストスクリプトをまだ作成していないのですが、組み込みのテストでは何が実行されますか?

組み込みの互換性テストスイートでは、アプリケーションのインストール、アンインストール、起動、Fuzz を実行できます。


Q: Fuzz では何が実行されますか?

Fuzz では、起動直後に UI に対するファズテストを実行します。具体的には、ランダムなユーザー入力(タッチ、スワイプ、キーボード入力)を高速にアプリケーションに流し込みます。イベントの数、イベント間の遅延、イベントのランダム化に使用するシードは設定できます。複数のテスト実行に同じシードを使用すると、同じイベントシーケンスが生成されます。


Q: 自動フレームワークを使用してテストしたいのですが、サポートされているフレームワークを教えてください。

iOS、Android、および FireOS のアプリのテストに関しては、現在、Appium Java JUnit、Appium Java TestNG、Appium Python、Calabash、Instrumentation (JUnit、Espresso、Robotium、およびすべてのインストルメンテーションベースのテストを含む)、UI Automation、UI Automator、および XCTest (XCUI および KIF を含む) がサポートされています。詳細な情報と最新のリストについては、当社のドキュメントを参照してください。


Q: ウェブアプリケーションをサポートするテストフレームワークを教えてください。

Appium Java JUnit、Appium Java TestNG、または Appium Python で記述されたテストを実行できます。


Q: 変更されたフレームワークまたはユーザーが自分で設計したフレームワークはサポート対象に追加されますか?

サポート対象のフレームワークについては常に評価を行っています。お問い合わせください。


Q: AWS Device Farm はテスト中にスクリーンショットを撮るタイミングをどのようにして決定するのですか?

サポートされている自動フレームワークを使用している場合は、スクリーンショットを撮るタイミングをお客様が自由に決めることができます。撮影されたスクリーンショットは自動的にレポートに含められます。


Q: Android: Google Play Services はデバイスで利用可能ですか?また、インストールされているバージョンを教えてください。

はい。Google Play Services は、同サービスをサポートしているデバイスにインストールされています。このサービスは新しいバージョンが利用可能になるとアップデートされます。


Q: Android: デバイスには、デフォルトの Google アカウントは用意されていますか?

いいえ。デバイスにはアクティブな Google アカウントは用意されていません。


Q: AWS Device Farm は、録音と再生のオートメーションに対応していますか? それとも、自分でスクリプトを書く必要があるのですか?

AWS Device Farm では、録音および再生用のスクリプトツールを備えた Espresso や Robotium などのフレームワークをサポートしています。


Q: iOS: UDID をプロビジョニングプロファイルに追加する必要がありますか?

いいえ。AWS Device Farm はプロビジョニングファイルを自動的に差し替えてアプリケーションが再署名され、デバイスでデプロイされます。


Q: iOS: 私のアプリケーションには、デバッグシンボルが含まれていません。AWS Device Farm に dSYM ファイルを提供することができますか?

いいえ。しかし、ログをダウンロードし、スタックトレースをローカルでシンボリケートすることができます。


Q: Android: アプリケーションが難読化されている場合でも、AWS Device Farm でテストできますか?

はい。ProGuard を使用すればテストできます。海賊版対策機能を備えた DexGuard を使用する場合は、アプリケーションを再署名できないためテストを実行できません。


Q: アプリケーションが広告を表示する場合、テストデバイスでも広告は表示されますか?広告主に不正使用と判定され、アカウントが閉じられることはありませんか?

デバイスはインターネットにはアクセスできますが、広告が表示されることは保証されません。AWS Device Farm でテストするビルドからは広告を削除しておくことをお勧めします。


Q: デバイスをホストしているマシンまたはそのシェルに、テストの一部としてアクセスできますか?また、デバイスをホストしているマシンからインターネットにアクセスできますか?

はい。Calabash、Appium、UI Automation などのクライアント/サーバーフレームワークを使用している場合、ホストからインターネットにアクセスし、限られたシェルコマンドを実行することができます。 


Q: アプリケーションで使用するメディアやその他のデータを提供したいのですが、どうすればよいですか?

最大 4 GB の .zip アーカイブを提供できます。Android では、外部メモリーのルートに解凍されます。iOS では、アプリケーションのサンドボックスに解凍されます。Android の拡張ファイル (OBB) の場合は、OS のバージョンに対応する場所に自動的に配置されます。詳細については、開発者ガイドを参照してください。


Q: アプリケーションのすべての機能をテストするには依存関係のあるアプリケーションが必要です。依存関係のあるアプリケーションをインストールできますか?

はい。複数のアプリケーションとそれらのインストール順序を選択できます。依存関係のあるアプリケーションはテスト開始前にインストールされます。


Q: アプリケーションのアップグレードフローをテストできますか?古いバージョンのアプリケーションはどのようにインストールすればよいですか?

はい。アップグレードフローをテストするには、古いバージョンのアプリケーションをアップロードおよびインストールしてから新しいバージョンをインストールしてテストします。


Q: アプリケーションでロケーションサービスを利用しています。デバイスの物理的な場所を指定できますか?

はい。緯度と経度を指定すれば、デバイスの GPS が上書きされます。


Q: ローカライズテストを実行できますか?デバイスの言語を変更するにはどうすればよいですか?

はい。デバイスのデフォルトのロケール設定を上書きするロケール(例えば、"en_US")を指定できます。


Q: テストが開始されるまでにどのくらいかかりますか?

テストは即座に実行キューに登録され、通常は数分以内に開始されます。1 つ以上のデバイスが利用できない場合は、それらのデバイスでのテスト実行はデバイスが利用可能になるまでキューに保存されたままになります。他のデバイスでのテストは続行されます。


Q: 許容される最長テスト時間は?

許容される最長テスト時間は 60 分です。このタイムアウト値を延ばす必要がある場合は、お問い合わせください。


Q: AWS Device Farm には、API 経由でテストを実行して結果を取得する方法は用意されていますか?


はい。Jenkins 継続的統合環境用のプラグインおよび Android Studio と互換性のある Gradle プラグインがあります。また、AWS Device Farm では、API を介したテストの設定やテスト結果のダウンロードなど、すべてのコンソール機能のプログラムによるサポートも可能です。詳細については、AWS Device Farm API リファレンスを参照してください。AWS Device Farm には、API だけでなく、AWS SDK からアクセスすることもできます。


Q: AWS Device Farm テストレポートの内容を教えてください。

AWS Device Farm テストレポートには、合否情報、クラッシュレポート、テストログ、デバイスログ、スクリーンショット、動画、およびパフォーマンスデータが含まれています。レポートには、デバイス別の詳細データとサマリ情報 (特定のエラーの出現回数など) の両方が含まれています。リモートアクセスの結果には、セッションのログと動画が含まれています。


Q: AWS Device Farm レポートにはどのデバイスログが含まれますか?

AWS Device Farm レポートには、完全な logcat (Android) およびデバイスログ (iOS) と、デバイスホストや特定のテストフレームワークのログが含まれます。


Q: テストを実行すると、追加のログファイルが生成および保存されます。これらのログは、AWS Device Farm レポートに出力されますか?

logcat (Android) またはデバイスログ (iOS) にデータを書き出すと、このログエントリがレポートに出力されます。AWS Device Farm では、デバイスまたはデバイスホストのインターネット接続を使用して、テストスクリプト経由でファイルを転送できますが、非標準のログやその他のアーティファクトは収集されません。


Q: AWS Device Farm の使用料を教えてください。

料金は、選択した各デバイスでのテスト時間によって決まるデバイス分に基づいて算出されます。AWS Device Farm は、1000 デバイス分の間、無料で試用できます。* その後は、1 デバイス分につき 0.17 USD が課金されます。テストのニーズが増大した場合、1 デバイスあたり 250 USD の固定月額で無制限のテストが実施できる、定額テストプランも利用できます。


Q: 無料トライアルはどのように機能しますか?

最初の 1000 デバイス分が無料で提供されます。* トライアルは 1 回のみ利用でき、更新はできません。トライアル割り当て分をすべて使用した後は、標準レートとして 1 デバイス分につき 0.17 USD が課金されます。


Q: デバイス分とは何ですか?

デバイス分とは請求の単位です。デバイス分は、テスト実行のために選択した各デバイスでのアプリケーションとテストのインストール、実行、アンインストールの所要時間(分)を計測したものです。単位料金は、デバイス、テストまたはアプリケーションタイプに関係なく固定されています。デバイス分は、デバイスエラーまたはシステムエラーなしで完了したテストについてのみ請求されます。同様に、リモートアクセスセッションでは、デバイス分は、仕様を満たすデバイスを準備してから、デバイスに配置されているアプリケーションとデータを完全に削除するまでの時間です。

ビジネスニーズに応じて使用量を動的に拡大/縮小できます。上限はなく、初期費用は不要です。


Q: 定額プランとは何ですか? デバイススロットはどのように動作しますか?

定額プランを利用すると、月額 250 USDからテストとリモートアクセスを無制限でご利用いただけます。定額料金は、各使用タイプ (自動テストまたはリモートアクセス) と各デバイスファミリー (Android または iOS) ごとに購入するデバイススロットの数に基づき、スロットにつき月額 250 USD です。デバイススロットは同時実行に対応しています。

インスタンスとして、10 の自動化されたテストの Android デバイススロットを購入し、100 の Android デバイスでの実行をスケジュールする場合、Device Farm は、選択されたデバイスでのテストがすべて完了するまで、同時に最大 10 デバイスでのテストを実行します。さらにスロットを購入すると、より早く結果を得られます。1 か月間に実行するテストまたはリモートアクセスセッションの回数にかかわらず、デバイススロットにつき固定月額 250 USD が請求されます。1 つ以上のデバイススロットのサブスクリプションをいつでもキャンセルできます。キャンセルは次回の更新日 (最初のアクティブなデバイススロットを購入した月の日) に有効になります。詳細については、こちらの資料を参照してください。


Q: テストを変更する必要が生じ、デバイススロットを追加または削除する場合はどうなりますか?

いつでもデバイススロットを追加して、すぐに利用可能な状態にできます。また、1 つ以上のデバイススロットのサブスクリプションをいつでもキャンセルできます。キャンセルは次回の更新日 (最初のアクティブなデバイススロットを購入した月の日) に有効になります。


Q: 定額プランを利用している場合でも、引き続き従量課金を利用できますか?

はい。テスト実行の作成時に、定額デバイススロットを使用するのか、デバイス分単位の料金を使用するのかを選択できます。従量課金では同時実行に制限がないため、デバイススロットを使用する場合よりも高速にテストを実施できる柔軟性のメリットを享受できます。


Q: プライベートデバイスとは何ですか?

プライベートデバイスは、お客様のアカウント専用の電話やタブレットなどの物理インスタンスです。プライベートデバイスには、静的な設定をカスタマイズでき、カスタム OS イメージを実行できます。各デバイスはお客様用にデプロイされ、サブスクリプション終了時に削除されます。


Q: プライベートデバイスのサブスクリプションの仕組みと料金設定はどのようなものですか?

お客様のアカウントの下にある各プライベートデバイスはプライベートデバイスサブスクリプションと見なされます。月額サブスクリプションの料金はデバイスのコストによって階層化されており、200 USD/月からとなっています。最短サブスクリプション期間の経過後であれば、サブスクリプションはいつでもキャンセルできます。詳しくは、こちらまでお問い合わせください。


Q: プライベートデバイスとパブリックデバイスを両方とも使用できますか?

はい。テスト実行またはリモートアクセスセッション用にデバイスを選択するとき、プライベートデバイスもパブリックデバイスも表示されます。プライベートデバイスとパブリックデバイスの両方で構成されるデバイスプールを作成することもできます。プライベートデバイスの詳細については、お問い合わせください。


* 期間限定で、標準の 250 デバイス分の代わりに、1000 デバイス分を 1 回限り無料で試用できます。