AWS IoT を利用した産業向けマシン接続ソリューション

産業向けマシンの接続、デプロイの専門知識、パートナーソリューション

背景

大多数の製造業者にとってプラントフロア内における最大の課題とは、ラインやマシンが停止したときの根本原因の分析(RCA)、品質に関する妥協なしでのスループットの改善、リアルタイムでの機器のほんのわずかな停止の把握のために、マシン、プログラミング可能なロジックコントローラー (PLC)、SCADA (監視制御とデータ取得) システムから取得する運用テクノロジーデータを可視化することです。

1 つの製造現場に異なる PLC や複数の産業プロトコル (300 以上) が存在することが、製造現場の「モノ」への働きかけや、診断や予知的分析に利用できるデータへのアクセスを難しくしています。さらに、ほとんどのお客様やパートナーは、このようなプラントフロアシステムへの接続を構築するために、膨大な時間を費やしています。この方法は複数の統合ポイントがあるため、スケーラブルではありません。お客様とパートナーは、追加のテクノロジーコンポーネントを構築して、マルチプラントのロールアウトのスケーリング、セキュリティーに関する取り組み、データのビューの複数生成を行わなければいけません。デバイスの統合やデータの可視化が不足していることにより、製造業者はビジネス成果の促進のために苦労し、インダストリー 4.0 イニシアティブは PoC (概念実証) の段階を越えることができません。

産業向けマシン接続ソリューション

バージョン: 1.0
最終更新日: 2021 年 4 月
作成者: AWS 

概要

産業向けマシン接続 (IMC) ソリューションは、PLC や Historian などの機器からデータを取り込み、オペレーションを最適化して生産性や可用性を改善するための、AWS とパートナーが提供する目的別ービスです。

  • 機器からのデータや Historian からの履歴データの抽出と、クラウドへのストリーミングを行う、AWS 認定ハードウェアと AWS IoT デバイスソフトウェアを使用した産業向けマシン接続フレームワーク。 
  • 迅速なロールアウトを可能にするデプロイの専門知識と、すぐに結果がわかる固定の機能メニュー、AWS が実装リスクを共有するデジタルイノベーション向けの強固な基礎を固定料金で提供。 
  • 工場の生産高や製品品質を最適化し、資産利用を最大化して、機器の保守問題を識別するパートナーソリューション。
 
CF RA

ユースケース

IMC ソリューションは、製造業者によるオペレーションのモダナイズを支援するようよう設計されました。お客様は差別化につながらない面倒な作業と考えられているデータ収集に、莫大な投資をする必要はありません。第 2 に、お客様は産業データを AWS 内で収集、整理、保存できます。ホットデータは運用データストアに、ウォーム/コールドデータは産業データレイクに保存できます。さらに、仮想の資産と資産階層を定義して、データに構造とコンテキストを付与できます。第 3 に、この合理化されたデータ収集プロセスを活用して、お客様はあらゆるデータソースの運用メトリクスを可視化することで、ビジネス価値を即座に把握することができます。第 4 に、工場のラインやプラントすべてにサービスをロールアウトできるデプロイフレームワークを入手できます。最後に、AWS 内で整理されたデータを使用して、インダストリー 4.0 の行程を加速させ、予知保全、予測品質、リモート資産管理などのビジネス成果を達成できます。

ソリューションの詳細

IMC ソリューションはインダストリー 4.0 の成功をサポートするために設計されており、次のものが含まれています。

  • 産業用マシン接続アーキテクチャ - このテクニカルフレームワークで再現性が確保されます。サービスはすぐに本稼働に使用できる完全なソリューションで、お客様の組織の複数のプラントにまたがってスケールできます。 
  • 産業用マシン接続フレームワーク – 産業データを収集、保存、処理するための接続性を備えた最先端の産業プロトコル対応のソリューションで、ロックされたデータを抽出、表示、可視化します。お客様は仮想資産 (プラント、ライン、マシン、コンポーネント、プロセス) を作成し、ほぼリアルタイムでデータを可視化できます。
  • デプロイの専門知識 (AWS プロフェッショナルサービスおよびパートナー) – ビジネスの目標と成果に沿って、インダストリー 4.0 の行程を加速させます。すぐに本稼働できるコネクテッドファクトリーソリューションを 1 つのプラントでデプロイした後は、他のプラントでも迅速なデプロイを大規模にすばやく繰り返すことができます。
  • AWS パートナーソリューション – AWS パートナーソリューションを使用して、ビジネス成果のための運用に関するインサイトを得ることができます。製品品質の改善、エネルギーコストの削減、工場生産量の最適化、機器の問題の識別など、さまざまなユースケースでソリューションをデプロイできます。

利点

  • データを整理、保存、管理 – シンプルで構造化されたプロセスで貴重な資産から AWS にデータを取り込むことで、そのデータから得られるビジネス価値を即座に把握できます。
  • ほぼリアルタイムで運用メトリクスを可視化 – 運用データテクノロジーを可視化することで、ラインやマシンが停止したときの根本原因の分析(RCA)、品質に関する妥協なしでのスループットの改善、リアルタイムでの機器のほんのわずかな停止の把握が可能になります。
  • より高度なソリューションのための基礎 – 予測品質や予知保全などのユースケース向けのソリューションをデプロイするための、スケーラブルな基礎を提供します。
  • デプロイの専門知識 – 大規模での迅速なデプロイ、すぐに結果がわかる固定の機能メニュー、AWS が実装リスクを共有するデジタルイノベーション向けの強固な基礎を固定料金で提供します。
  • ビジネス成果を加速 – 資産の可用性の向上、製品品質の向上、資産についての知識の工場、コストの削減、メンテナンスコストの削減などが可能な、高度なパートナーソリューションです。