SaaS ソリューションを構築する理由

製品の配信方法として SaaS が適切かどうか評価中ですか? アマゾンウェブサービス (AWS) で SaaS を構築するための ISV ビジネス事例には、SaaS 製品開発の財務面での潜在的な影響を評価するフレームワークが用意されています。

SaaS はライセンスおよび配信モデルです。ソフトウェアはプロバイダーにより集中的に管理およびホストされ、顧客はサブスクリプションベースで利用できます。お客様の企業で SaaS モデルでの製品配信を検討する理由には、次のようなものがあります。

顧客需要: 顧客が製品を柔軟に利用できるようにする。

運用効率の改善: 開発とサポートの対象とする製品のバージョンを 1 つにすることで、時間と費用を節約する。

俊敏性の向上: アップグレードの管理とリリースが容易になるため、すべての顧客が製品のイノベーションによる利点を活用できる。

市場拡大と世界展開: 新しい地域、さまざまな規模の市場区分、新しい垂直市場の顧客を誘致する。

無料 AWS SaaS ファクトリーテクニカルおよびビジネスリソースについて調べるか、今後のライブまたは仮想 SaaS イベントにご参加ください。

SaaS はライセンスおよび配信モデルです。ソフトウェアはプロバイダーにより集中的に管理およびホストされ、顧客はサブスクリプションベースで利用できます。お客様の企業で SaaS モデルでの製品配信を検討する理由には、次のようなものがあります。

顧客需要: 顧客が製品を柔軟に利用できるようにする。 

運用効率の改善: 開発とサポートの対象とする製品のバージョンを 1 つにすることで、時間と費用を節約する。

俊敏性の向上: アップグレードの管理とリリースが容易になるため、すべての顧客が製品のイノベーションによる利点を活用できる。

市場拡大と世界展開: 新しい地域、さまざまな規模の市場区分、新しい垂直市場の顧客を誘致する。

AWS で SaaS を構築する理由

100x100_benefit_innovate-lightbulb_100x100_benefit_innovate-lightbulb

イノベーション

AWS には、SaaS プロバイダーが製品の市場投入を高速化するのに役立つ、多彩で多機能なツールやサービスが用意されています。AWS でのスピーディーなイノベーションにより、SaaS 企業には新しいサービスや機能を開発して自社ソリューションの機能、コスト、管理プロファイルを強化できます。運用面の責任を AWS に任せることにより、直接製品のニーズにさらに注力できます。AWS のサービスのイノベーションと運用面のオーバーヘッドの最小化との組み合わせは、SaaS 企業が必要とする俊敏性を実現するために不可欠です。

詳細はこちら »

100x100_benefit_pay-as-you-go

従量制料金

SaaS 環境では、コストの管理と最適化が不可欠です。AWS 環境には伸縮性があるため、マルチテナント負荷のインフラストラクチャに合わせて最適化された SaaS ソリューションを構築できます。詳細は各サービスの料金表ページを参照してください。

benefit_available

スケールと可用性

SaaS 製品には、継続的に出現するワークロードに対応可能な稼働時間と機能が不可欠です。AWS では、SaaS 環境の稼働時間要件に応じて活用できる、幅広い機能をご利用いただけます。動的なスケーリングメカニズムによって、実際の負荷に合わせてテナントの使用を調整することも可能です。

100x100_benefit_global

グローバル展開

SaaS プロバイダーは、多くの場合、幅広い地域のお客様と連絡をとる必要があります。AWS クラウドは世界中の 21 の地理的リージョン内における 64 のアベイラビリティーゾーンで運用されており、さらに多くのリージョンとアベイラビリティーゾーンが追加される予定です。

詳細はこちら »

100x100_benefit_compliance

セキュリティとコンプライアンス

SaaS 製品の顧客は、データが安全で、プライベートであることを確認する必要があります。クラウドセキュリティは AWS の最優先事項です。AWS のお客様は、セキュリティを最も重視する組織の要件を満たすよう構築されたデータセンターとネットワークアーキテクチャの利点を活用できます。

詳細はこちら »

SaaS のプロセス

AWS には、製品に適した配信モデルの評価から、製品の構築と最適化、より多くの顧客への対応や到達に至るまで、製品のプロセスの各段階で必要なリソースとツールがそろっています。

  • 配信モデルの評価
  • 製品の構築
  • 市場と成長
  • 配信モデルの評価
  • 製品の配信モデルとして SaaS が適切かどうか、技術面やビジネス面の考慮事項や影響などを含め、情報を得て評価します。

    技術リソース: 製品の配信モデルとして SaaS が適切かどうかの評価をサポートする、技術的検討事項と SaaS 構築要件。

    詳細はこちら »

    SaaS 構築のビジネスサポートと検討事項: AWS は、Forrester Consulting に Total Economic Impact™ (TEI) 調査を委託し、オンプレミスソフトウェアを販売している独立系ソフトウェアベンダー (ISV) が AWS で SaaS を開発するビジネス事例を調査しました。この調査の目的は、SaaS 製品を開発する際に財務面での潜在的な影響を評価するためのフレームワークを読者に提供することです。アマゾンウェブサービス (AWS) で SaaS を構築するための ISV ビジネス事例。

  • 製品の構築
  • AWS で SaaS 製品を構築します。

    技術リソース: ホワイトペーパー、リファレンスアーキテクチャ、クイックスタートなど、AWS での SaaS 構築をサポートするリソースです。このリソースは、テナントの隔離、データのパーティション、アイデンティティとアクセス、アプリケーションの移行といった SaaS 特有の技術的課題を解決する方法についての規範的なガイダンスとなります。

    詳細はこちら »

    トレーニング: APN に参加して、技術担当者やビジネス担当者が AWS のサービスに対する知識を深めるための e ラーニングコースにアクセスできます。認定コースは、APN ポータルから無料でオンライン受講できます。

    詳細はこちら »

    ファンディング: AWS でビジネスを構築すると、イノベーションサンドボックスを活用する資格が得られる場合があります。この特典では、AWS プロモーションクレジットが拡張され、AWS での新しいサービスの開発や、顧客と共同での新規サービスの試行または顧客向けの新規サービスの試行に利用できます。

    詳細はこちら »*

    専門的な APN パートナー: APN コンピテンシープログラムを使用して、特定のソリューション分野で熟練した技術と優れた実績を持つ APN テクノロジーおよびコンサルティングパートナーを探します。

    詳細はこちら »

    AWS Marketplace: AWS Marketplace SaaS Subscription との統合により、AWS Marketplace を通してエンドカスタマーに SaaS サービスとしてソリューションを配信できます。

    詳細はこちら »

    * セレクト (旧スタンダード)、アドバンスド、コンピテンシーのパートナーは、APN Funding 特典の対象となる場合があります。

  • 市場と成長
  • 製品が一般的に入手できるようになります。顧客ベースで成長を推進し、製品の最適化方法を検討します。

    AWS Marketplace: AWS Marketplace を通してエンドカスタマーに SaaS サービスとしてソリューションを配信できます。

    詳細はこちら »

    SaaS アーキテクチャ Direct Connect バンドル: エンタープライズ顧客向けの品質とエクスペリエンスを、SaaS アーキテクチャで強化できます。

    Direct Connect バンドル »

    ファンディング: APN に参加すれば、資格を満たす概念実証や無料トライアル用の AWS プロモーションクレジットの利用資格が得られます。

    詳細はこちら »*

    製品の差別化: APN に参加すれば、AWS コンピテンシープログラムによって製品の差別化を図ることができます。このプログラムは、特定のソリューション分野で熟練した技術と優れた実績を持つ APN パートナーが注目されるように設計されています。AWS コンピテンシーの取得は、パートナーが特定のソリューション分野の専門知識を持っている証明となり、お客様に他社との違いを示すことができます。

    詳細はこちら »

    AWS パートナーソリューションファインダー: APN に参加すれば、製品が AWS パートナーソリューションファインダーの一覧に表示されます。

    詳細はこちら »

    * セレクト (旧スタンダード)、アドバンスド、コンピテンシーのパートナーは、APN Funding 特典の対象となる場合があります。

接続する

AWS パートナーネットワークの最新情報にサインアップする

オンラインセミナー、ベストプラクティスのガイド、今後のイベントなど、AWS パートナーネットワークの最新情報にサインアップしてください。

サインアップ »

Feature-Illo_Partner-Network_no-padding_squid-ink