Amazon EC2 と Amazon Lightsail の違いは何ですか。

最終更新日: 2021 年 10 月 27 日

仮想サーバーを使ってアプリケーションを実行したいと考えています。Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) と Amazon Lightsail の違いは何ですか。

解決方法

AWS は、アプリケーションをホスティングするために、Amazon EC2Lightsail を提供しています。Amazon EC2 は複数のサービスが混在しており、単一のアーキテクチャを作成するために使用される独自の機能を備えています。Amazon EC2 インスタンスは、小規模から複雑なアーキテクチャを対象としています。一方、Lightsail は、AWS が提供するサービスの統合製品です。Lightsail は、小規模から中規模のワークロードに適しています。

適切なアーキテクチャの選択は、常にアプリケーションの要件に基づいています。どのサービスが自分のニーズに合っているかを判断するためのポイントがいくつかあります。Amazon EC2 と Lightsail の主な違いは次のとおりです。

  Amazon Lightsail Amazon EC2
使用量 カスタムコードや一般的な CMS などの単純な Web アプリケーションや Web サイトに使用されます。 HPC、ビッグデータ、分析ワークロードなどの小規模からエンタープライズアプリケーションに使用されます。
パフォーマンス 小規模から中規模のワークロードを持つアプリケーションに使用されます。 複雑なアーキテクチャの小規模から高レベルのワークロードに使用されます。
容易さ Lightsail でのアプリケーションのデプロイは、数回のクリックで実行できます。

オールインワンのエクスペリエンスを提供します。
Amazon EC2 でのアプリケーションのデプロイは、アプリケーションのタイプ、使用されるコンポーネントのタイプなど、複数の要因によって異なります。

各コンポーネントには、それぞれのコンソールで変更できる独自の特性と機能があります。
管理サポート Lightsail では、システム管理者やシステムアーキテクトの労力はあまり必要ありません。 環境のタイプに応じて、管理作業は異なります。EC2 のほとんどのサービスでは、コンポーネントについて十分に理解する必要があります。
ネットワーク AWS によって管理されます。顧客は Lightsail ファイアウォールにルールを追加できます。 VPC と関連コンポーネントを使用して顧客によって管理されます。
サブネット Lightsail にはプライベートサブネットの概念はありません。 顧客は、アプリケーションのニーズに基づいて、サブネットをパブリックまたはプライベートとして作成できます。
スケーラビリティ 自動インスタンススケーラビリティは Lightsail ではサポートされていません。

インスタンスは起動後に変更できません。プランを変更するには、新しいインスタンスを起動する必要があります。
インスタンスは、Amazon EC2Auto Scaling グループを使用して自動的にスケーリングできます。

EC2 インスタンスは、新しいタイプまたは新しい仮想化に変更できます。
リソース管理の柔軟性 ネットワーク、ハードディスク、ロードバランサーなどのリソース管理の柔軟性は最小限です。 顧客は、アプリケーションの要求に基づいて、すべての関連コンポーネントを管理できます。
Elastic ボリューム サポート対象外 サポート対象
リソース管理 すべてのリソースは、同じダッシュボードから管理されます。 各リソースには独自のコンソールとオプションがあります。
料金 価格は低く、固定価格モデルがあります。 価格は従量制モデルに従っています。
ロードバランシング Lightsail ロードバランサーは、Lightsail インスタンスで使用できます。 ロードバランサーには複数のタイプがあります。
モニタリング モニタリングは利用可能ですが、いくつかのオプションに制限されています。 詳細モニタリングオプションは Amazon Cloudwatch を使用して利用できます。
バックアップ バックアップは Lightsail スナップショットを使用して利用できます。 バックアップは、スナップショットおよび AMI として利用できます。
暗号化 暗号化はデフォルトで有効になっており、AWS によって管理されます。 顧客は、暗号化を有効または無効にできます。
無料利用枠 無料利用枠は、サインアップした日から 3 か月間利用できます。 無料利用枠は、サインアップした日から 12 か月間利用できます。
サポート サポートは AWS サポートチームが行います。アプリケーションレベルの問題のトラブルシューティングの範囲は限られています。 サポートは AWS サポートチームが行います。アプリケーションレベルの問題のトラブルシューティングの範囲は限られています。

この記事は役に立ちましたか。


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?