リファレンスデプロイ

AWS での AWX

ウェブベースの UI、REST API、Ansible プロジェクト管理用のタスクエンジン

このクイックスタートを使って、AWS で Ansible インフラストラクチャを実行、管理するユーザーのために、AWS クラウドに AWX をデプロイします。

AWX は、Ansible プロジェクトを管理するためのソフトウェアを提供するオープンソースコミュニティプロジェクトです。AWX は GitHub 上にホストされ、Web ベースのユーザーインターフェイス、REST API、Ansible 用のタスクエンジンを提供します。

Ansible は、DevOps ツールで、プロビジョニング、設定管理、アプリケーションデプロイ、イントラサービスのオーケストレーション、継続的デリバリー、他の多くの IT プロセスを自動化できます。視覚的な AWX ダッシュボードでは、Ansible のプレイブックをスケジュールおよびデプロイして、一元化されたロギング、監査、システムトラッキングを提供します。AWX は、AWX の商用バージョンである Ansible Tower のソースコードを提供します。

このクイックスタートは、AWX 向け GitHub リポジトリのマスターブランチからコードをデプロイします。リポジトリのフォークからコードをデプロイすることも選択できます。 

awx-logo

このクイックスタートは AWS ソリューションアーキテクトと
クラウドサポートエンジニアにより開発されたものです。

  •  構築目標
  •  デプロイ方法
  •  コストとライセンス
  •  構築目標
  • このクイックスタートを使用して自動的に AWS に以下の環境をセットアップします。

    • 2 つのアベイラビリティーゾーンにまたがる可用性の高いアーキテクチャ。*
    • AWS のベストプラクティスに基づいてパブリックおよびプライベートサブネットが設定された Virtual Private Cloud (VPC)。AWS で独自の仮想ネットワークを実現します。*
    • インターネットへのアクセスを提供するインターネットゲートウェイ。*
    • パブリックサブネット内のマネージド NAT ゲートウェイ。プライベートサブネット内のリソースへのアウトバウンドのインターネットアクセスを提供します。*
    • プライベートサブネット内で、2 つのアベイラビリティーゾーンにまたがる Auto Scaling グループに含まれる、Amazon Elastic Container Servic (Amazon ECS) クラスター。
    • プライベートサブネット内の Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) PostgreSQL データベース。
    • オフィシャル AWX GitHub リポジトリからの AWX プロジェクトを構築するための AWS CodeBuild プロジェクト。

    *  クイックスタートを既存の VPC にデブロイするテンプレートは、アスタリスクが付けられたタスクをスキップし、既存の VPC 設定に誘導します。

  •  デプロイ方法
  • デプロイメントガイドの指示に従って、AWS に AWX 環境を構築します。デプロイプロセスには、以下のステップが含まれます。

    1. AWS アカウントをお持ちでない場合は、https://aws.amazon.com でサインアップしてください。
    2. AWS CodeBuild が GitHub にアクセスするための OAuth トークンを作成します。
    3. クイックスタートを起動します。それぞれのデプロイにはおよそ 45 分かかります。次の 2 つのオプションから選択できます。
    4. AWS エンドポイントにアクセスし、AWX ダッシュボードを開き、デプロイをテストします。

    サブネットを設定し、Amazon RDS データベースのバックアップとメンテナンスの設定を行い、AWX 資格情報を設定して、デプロイをカスタマイズできます。AWS CloudFormation テンプレートをダウンロードし、特定のシナリオに応じてデプロイを自動化し、カスタマイズもできます。

  •  コストとライセンス
  • クイックスタートを実行中に使用する AWS サービスおよび AWS Marketplace AMI のコストはお客様のご負担となります。クイックスタートの使用による追加コストはありません。

    このクイックスタートの AWS CloudFormation テンプレートには、カスタマイズ可能な設定パラメータが含まれています。インスタンスタイプなどの設定の一部は、デプロイにかかるコストに影響を与えます。コストの見積もりについては、使用する AWS の各サービスの料金表ページをご覧ください。料金は変更する場合があります。

    デプロイの一部としてインストールされる Ansible は、GNU General Public License バージョン 3 のもと配信されるライセンスです。

    AWX はオープンソースソフトウェアです。AWX は Apache バージョン 2.0 ライセンスのもと配信されるライセンスで、無料で使用できます。