リファレンスデプロイ

AWS の Confluence Data Center

AWS クラウドでの可用性が高くスケーラビリティに優れたチームコラボレーション

このクイックスタートを使用してアマゾン ウェブ サービス (AWS) クラウドに Atlassian Confluence Data Center をデプロイします。

Confluence は現代のチームワークのあり方を変える、チームコラボレーションソフトウェアです。Confluence Data Center は自己管理型ソリューションとなっています。高い可用性、スケールに応じたパフォーマンスを実現し、災害対策によってすべてのチームがいつでも Confluence にアクセスできます。

このクイックスタートでは、基盤として Atlassian Standard Infrastructure (ASI) が使用されます。同じ ASI 内で Bitbucket Data Center および Jira 製品 をデプロイすることもできます。

Confluence-logo

このクイックスタートは、AWS とのコラボレーションのもと、Atlassian により開発されたものです。Atlassian は APN パートナーです。


AWS Service Catalog の管理者は、このアーキテクチャをご自分のカタログに追加できます。 

  •  構築するもの
  •  デプロイ方法
  •  コストとライセンス
  •  リソース
  •  構築するもの
  • このクイックスタートを使用して、以下の Confluence Data Center 環境を AWS にセットアップします。

    • パブリックサブネットとプライベートサブネットが設定された Virtual Private Cloud (VPC)。これが、Confluence デプロイにおけるネットワークインフラストラクチャとなります。*
    • Application Load Balancer。Secure Sockets Layer (SSL) ターミネーションプロキシとしても機能します。
    • パブリックサブネット内:
      • マネージド Network Address Translation (NAT) ゲートウェイ。プライベートサブネット内のリソースによるアウトバウンドのインターネットアクセスを提供します。*
      • Confluence Data Center に安全にアクセスするための Linux 踏み台ホスト。*
    • プライベートサブネット内:
      • Amazon Linux ベースのインスタンスを使用する Confluence クラスター。
      • Confluence 用の外部データベースとして機能する Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) PostgreSQL。代わりに、Amazon Aurora PostgreSQL の使用を選択することもできます。
    • ストレージ用の共有ファイルシステムとして機能する Amazon Elastic File System (Amazon EFS)。
    • Amazon CloudWatch。デプロイされたすべてのアプリケーションおよびデータベースのノードに対して基本モニタリングを実行できます。また、CloudWatch の場合も、デフォルトでモニタリング対象ノードからログが収集および保存されます。

    * Confluence Data Center を既存の Atlassian Standard Infrastructure (ASI) にデプロイする場合、アスタリスクが付いたコンポーネントをクイックスタートが検出し、Confluence を既存の ASI にプロビジョニングします。 

  •  デプロイ方法
  • デプロイメントガイドの指示に従って、Confluence Data Center クラスターを AWS に構築してください。デプロイプロセスには、以下の手順が含まれます。

    1. AWS アカウントをお持ちでない場合は、https://aws.amazon.com でサインアップし、アカウントを用意してください。
    2. クイックスタートを起動します。デプロイ用に新しい Atlassian Standard Infrastructure (ASI) を構築するか、既存の ASI に Confluence をデプロイするか選択できます。 
    3. 1 つのノードで Confluence Data Center を設定します。このステップでは、Confluence Data Center ライセンスキーを指定するか、評価版ライセンスにサインアップします。
    4. Confluence Data Center クラスターにインスタンスを追加します。
    5. (オプション) スタンドアロンの Synchrony クラスターにノードを追加します。
    6. 必要に応じて、共同編集を有効化します。

    リソースに合わせて異なるインスタンスタイプを選択し、クラスターノードを設定し、ファイルサーバーとデータベースの設定を調整して、デプロイをカスタマイズできます。

    Amazon は、クイックスタートで AWS と協力した AWS パートナーとユーザーデプロイ情報を共有する場合があります。  

  •  コストとライセンス
  • このクイックスタートリファレンスデプロイの実行中に使用した AWS のサービスのコストは、お客様が負担します。クイックスタートを使用しても追加コストは発生しません。

    このクイックスタートの AWS CloudFormation テンプレートには、カスタマイズ可能な設定パラメータが含まれています。インスタンスの種類などの設定の一部は、デプロイにかかるコストに影響を与えます。コストの見積もりについては、使用する AWS の各サービスの料金表ページをご覧ください。料金は変更される場合があります。

    ヒント: クイックスタートをデプロイした後、 AWS のコストと使用状況レポートを設定して、クイックスタートに関連する料金を追跡することをお勧めします。このレポートは、お客様のアカウントの S3 バケットに対する請求メトリクスを提供します。各月の使用状況に基づくコストの見積もりを提供し、月末にデータを確定します。レポートの詳細については、 AWS ドキュメントを参照してください。

    このクイックスタートには、Confluence Data Center のライセンスが必要になります。ライセンス取得の詳細については、Atlassian の料金ページを参照してください。Confluence Server ライセンスでは、このクイックスタートを使用できません。

    アプリケーションの設定時に Confluence Data Center を評価する場合は、クイックスタートのデプロイ後に評価版ライセンスをリクエストすることもできます。

  •  リソース
  • このワークロードのデプロイ、統合、管理でサポートが必要な場合は、[構築するもの] タブに表示されるアーキテクチャに基づいて AWS ソリューションコンサルティングのサービスを提供いたします。AWS ソリューションコンサルティングのサービスは AWS コンピテンシーパートナーから提供されます。