このクイックスタートでは、Linux ベースデプロイの新規または既存の アマゾン ウェブ サービス (AWS) インフラストラクチャに Linux 踏み台ホストを追加します。踏み台ホストを置くことで、Virtual Private Cloud (VPC) のプライベートサブネットとパブリックサブネットに置かれている Linux インスタンスに安全にアクセスできます。

このクイックスタートでは、マルチ AZ 環境が設置され、Linux 踏み台ホストインスタンスがパブリックサブネットにデプロイされます。踏み台ホストのインスタンスタイプとデプロイしたいインスタンスの数 (1~4) を指定できます。

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) Auto Scaling グループを利用すると、踏み台ホストインスタンスの数が指定した容量に常に一致します。このクイックスタートでは、セキュリティを一層強化するために、シェルの履歴ログのリモート保管用に Amazon CloudWatch Logs も設置します。このクイックスタートをデプロイした後、AWS のサービス、インフラストラクチャコンポーネント、およびアプリケーションをさらに追加して、AWS クラウドで Linux 環境を完成することができます。

このクイックスタートの開発者:
AWS


AWS Service Catalog の管理者は、このアーキテクチャをご自分のカタログに追加できます。 

  •  構築するもの
  • このクイックスタートでは以下のセットアップを行います。

    • 2 つのアベイラビリティーゾーンにまたがる可用性の高いアーキテクチャ。*
    • AWS ベストプラクティスに基づくパブリックサブネットとプライベートサブネットで構成される VPC。これにより、AWS で独自の仮想ネットワークが提供されます。*
    • パブリックサブネット内:
      • マネージドネットワークアドレス変換 (NAT) ゲートウェイ。プライベートサブネット内のリソースへのアウトバウンドのインターネットアクセスを提供します。*
      • パブリックおよびプライベート サブネットの Amazon EC2 インスタンスに接続するための Auto Scaling グループ内の Linux 踏み台ホスト。
    • Amazon CloudWatch ロググループ。Linux 踏み台ホストのシェル履歴ログが保持されます。
    • 踏み台ホストにアクセスするための AWS Systems Manager。

    * クイックスタートを既存の VPC にデプロイするテンプレートは、アスタリスクが付けられたコンポーネントをスキップし、既存の VPC 設定に誘導します。

  •  デプロイ方法
  • デプロイメントガイドの指示に従って、AWS の Linux 環境に踏み台ホストを追加します。デプロイプロセスには約 5 分かかり、次のステップが含まれます。

    1. AWS アカウントをまだお持ちでない場合は、https://aws.amazon.com でサインアップし、そのアカウントにサインインします。
    2. 次のオプションから選択して、クイックスタートを起動します。スタックを作成する前に、上部のツールバーからリージョンを選択します。
    3. 他の AWS サービスまたは Linux アプリケーションを追加します。

    Amazon は、本パートナーソリューションで AWS と協力した AWS パートナーとユーザーデプロイ情報を共有する場合があります。  

  •  コストとライセンス
  • このクイックスタートリファレンスデプロイの実行中に使用した AWS のサービスおよびサードパーティーライセンスのコストは、お客様のご負担となります。クイックスタートを使用しても追加コストは発生しません。

    このクイックスタートの AWS CloudFormation テンプレートには、カスタマイズ可能な設定パラメータが含まれています。インスタンスタイプなどの設定の一部は、デプロイにかかるコストに影響します。料金の見積もりについては、利用する AWS の各サービスの料金ページをご参照ください。料金は変更される場合があります。

    ヒント: クイックスタートをデプロイした後、AWS Cost and Usage Report を作成して、クイックスタートに関連するコストを追跡します。これらのレポートは、お客様のアカウントでの Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットへの請求メトリクスを提供します。毎月の使用量に基づいてコストを見積もり、月末のデータを集計します。レポートの詳細については、AWS Cost and Usage Report とは?を参照してください。