リファレンスデプロイ

AWS での Splunk Enterprise

オペレーションインテリジェンスを得るためのマシンデータの検索、モニタリング、分析

このクイックスタートでは、分散型 Splunk Enterprise 環境を AWS クラウドにデプロイします。

Splunk プラットフォームによってマシンデータが手に入れやすくなり、使いやすくなります。Splunk Enterprise を利用すると、任意のソースからマシンデータを検索、モニタリング、分析することで、組織全体で価値ある情報を引き出せるようになります。

AWS クラウドに Splunk Enterprise を置くと、AWS インフラストラクチャの柔軟性が与えられ、ニーズに合わせて Splunk Enterprise デプロイをあつらえることができます。また、ニーズが変わったら、必要に合わせてデプロイを変更できます。

 

splunk-logo_quickstart

このクイックスタートは Splunk, Inc. と AWS が共同開発しました。Splunk は
APN パートナーです。

  •  構築するもの
  •  デプロイ方法
  •  コストとライセンス
  •  構築するもの
  • このクイックスタートを使用して自動的に AWS で次の Splunk Enterprise 環境をセットアップします。

    • 2 つのアベイラビリティーゾーンにまたがる Virtual Private Cloud (VPC)。各アベイラビリティーゾーンにパブリックサブネットがプロビジョニングされています。*
    • インターネットからパブリックサブネットへのアクセスを可能にするインターネットゲートウェイです。*
    • 2 つの Elastic Load Balancing (ELB) ロードバランサー: HTTP Web トラフィックの負荷を検索ヘッドインスタンスに分散するバランサーが 1 つと、インデクサーインスタンス全体で Splunk HTTP Event Collector (HEC) 宛ての HTTP イベントトラフィックの負荷を分散するバランサーが 1 つです。
    • AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザー。デプロイプロセスで必要な AWS のサービスへのアクセス許可をきめ細やかに行います。
    • 各インスタンスや各機能に適したセキュリティグループ。必要なプロトコルやポートのみにアクセスを制限します。
    • パブリックサブネットでの Splunk Enterprise の EC2 インスタンス。次が含まれます。
      • Splunk インデクサークラスターと指定したインデクサーの数 (3~10)。指定した数のアベイラビリティーゾーンの間で分散されます。
      • Splunk 検索ヘッド。デプロイ中の入力に基づき、スタンドアロンかクラスターになります。クラスターの場合、指定した数のアベイラビリティーゾーンの間で検索ヘッドが分散されます。
      • Splunk ライセンスサーバーとインデクサークラスターマスター。同じ場所に配置されます。
      • Splunk 検索ヘッドデプロイヤー。該当する場合。
      • (任意) ユーザーが指定した Splunk アプリやアドオン。入力に基づき、インデクサーや検索ヘッド全体でロードされ、プレインストールされます。

    *  クイックスタートを既存の VPC にデブロイスするテンプレートは、アステリスクが付けられたタスクをスキップし、既存の VPC 設定に誘導します。

  •  デプロイ方法
  • デプロイガイドの指示に従って、Splunk Enterprise 環境を AWS に構築します。デプロイプロセスには、以下の手順が含まれます。

    1. AWS アカウントをお持ちでない場合は、https://aws.amazon.com でサインアップしてください。
    2. AWS Marketplace 内の Splunk Enterprise の Amazon Machine Image (AMI) をサブスクライブしてください。(Splunk Enterprise の各種機能を使いこなすためにも、sales@splunk.com にお問い合わせいただき、ライセンスを取得することをお勧めします)
    3. クイックスタートを起動します。デプロイには 10~30 分かかります。時間は検索ヘッドクラスタリングを有効にするかどうかによって変わります。次の 2 つのオプションから選択できます。
    4. Splunk インデクサーにデータを送信します。
  •  コストとライセンス
  • このクイックスタートリファレンスデプロイの実行中に使用した AWS のサービスのコストは、お客様が負担します。クイックスタートを使用しても追加コストは発生しません。

    このクイックスタートの AWS CloudFormation テンプレートには、カスタマイズ可能な設定パラメータが含まれています。インスタンスタイプなどの設定の一部は、デプロイにかかるコストに影響を与えます。費用の見積もりについては、使用する AWS の各サービスの料金ページをご覧ください。料金は変更される場合があります。

    このクイックスタートには、Splunk Enterprise AMI のサブスクリプションが必要です。これは AWS Marketplace から入手できます。AMI では 60 日間の試用ライセンスを提供しています。Splunk Enterprise の機能に制限付きアクセスできます。このクイックスタートで作成するデプロイを活用するには、sales@splunk.com に連絡し、Splunk Enterprise ライセンスを取得する必要があります。