Amazon Connect の統合

AWS でのデータストリーミング

AWS クラウドのコンタクトトレースレコードのストリーミングと保存

この統合により、Amazon Connect は Amazon Kinesis および Amazon Redshift と通信し、安全な仮想プライベートクラウド (VPC) 内の Amazon Redshift にコンタクトトレースレコード (CTR) をストリーミングできるようになります。

この統合は次のものを作成します。

  • Amazon Redshift クラスター
  • Amazon Connect インスタンスにデプロイされ、Lambda 関数に接続する Amazon Kinesis 配信ストリーム。
  • Amazon Redshift クラスター内の Amazon Connect CTR と CTR 属性用のテーブルを作成する Lambda 関数。
  • CTR を変換してそれぞれの配信ストリームに書き込む Lambda 関数。

Amazon Elasticsearch Service (Amazon ES) または Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) へのデータをロードなど、追加の Kinesis Firehose ストリームのテンプレートを拡張することができます。

2 つの AWS CloudFormation テンプレートから選択できます。マスターテンプレートを使用して、Amazon VPC Quick Start に基づく新しい VPC を作成し、その VPC に統合するための AWS コンポーネントをデプロイできます。既存の VPC が正しく設定されている場合は、ワークロードテンプレートを使用して、必要な AWS コンポーネントを VPC にプロビジョニングします。

 

 

 

Liquibase ロゴ

このクイックスタートは AWS によって開発されました。

AWS でのデータストリーミングと Amazon Connect の統合
 画像を拡大  このクイックスタートのソースコードを見る

Amazon Connect にデータストリーミングを追加する

ステップ 1 アカウントをまだお持ちでない場合は、AWS アカウントにサインアップします。

アカウントを取得すると、自動的に Amazon Connect および他の AWS のサービスすべてにサインアップされます。
ステップ 2 統合のための新しい Amazon Connect インスタンスを作成するか、既存のインスタンスを使用します。
ステップ 3 次のいずれかのオプションを使用して統合をデプロイします。

   - 新規の VPC にデプロイする
   - 既存の VPC にデプロイする

パラメータフィールドにすべて入力します。デプロイにかかる時間はほんの数分です。 現時点では、Amazon Connect の統合は米国東部 (バージニア北部) リージョンでのみサポートされています。
ステップ 4 データストリーミングを有効にします

Amazon Connect ドキュメントのステップに従って、データストリーミングを設定します。

Amazon は、クイックスタートで AWS と協力した AWS パートナーとユーザーデプロイ情報を共有する場合があります。  

この Amazon Connect 統合の実行中に使用した AWS のサービスおよびパートナーソリューションのコストは、お客様のご負担となります。