Amazon Connect の統合

SpiceCSM

SpiceCSM CEH によるエージェントデスクトップとコールフローの統合

この統合により AWS Lambda 機能が自動的にデプロイされ、Amazon Connect が SpiceCSM の自動プロセスと通信できるようなります。

SpiceCSM は Customer Engagement Hub (CEH) プラットフォームを提供し、異種システム、人、プロセスをつなげ、相互作用を調整して顧客体験を向上させます。

SpiceCSM と Amazon Connect の統合により、エンドツーエンドのコンタクトセンターソリューションを提供します。SpiceCSM の異種システムとの統合機能により、データは Amazon Connect に送られ、SpiceCSM のワークフローエンジンで定義された自動化されたプロセスを介して発信者に読み戻すことができます。発信者は問い合わせフローを崩すことなく簡単にエージェントと対話することができます。

統合の利点は次のとおりです。

  • インテリジェンス: 複雑なロジックとルーティング、および任意のデータソースの問い合わせフローへの統合
  • 統合されたインターフェイス:1 つのエージェントビューで完全に統合された Amazon Connect ソフトフォン、CRM、ワークフロー、データソース
  • 使いやすさ: インテグレーション、ワークフロー、インテリジェントな自動化のローコードやノーコードの開発
SpiceCSM - Amazon Connect の統合

このクイックスタートは、SpiceCSM と AWS との共同開発によるものです。
SpiceCSM は APN パートナーです。

 このクイックスタートのソースコードを見る

Amazon Connect に SpiceCSM を追加するには

ステップ 1 アカウントをまだお持ちでない場合は、AWS アカウントにサインアップします。

アカウントを取得すると、自動的に Amazon Connect および他の AWS のサービスすべてにサインアップされます。
ステップ 2 SpiceCSM に申し込みます。
ステップ 3 統合のための新しい Amazon Connect インスタンスを作成するか、既存のインスタンスを使用します。
ステップ 4 統合をデプロイします。

統合を実行する AWS CloudFormation テンプレートを起動します。デプロイにかかる時間はほんの数分です。 現時点では、Amazon Connect の統合は米国東部 (バージニア北部) リージョンでのみサポートされています。
ステップ 5 統合を設定します。

SpiceCSM 文書の手順に従って設定タスクを完了させます。

この Amazon Connect 統合の実行中に使用した AWS のサービスおよびパートナーソリューションのコストは、お客様のご負担となります。