AWS クイックスタートリファレンスデプロイに関するその他の情報については、以下のリストをご覧ください。このリストに記載されていない質問がある場合は、クイックスタートフォーラムに質問を投稿してください。

  AWS によるクイックスタート  |    コミュニティのクイックスタート   |     アンケートに答える

  • クイックスタートとは何ですか?

    クイックスタートは、AWS クラウドでの主要なワークロード向けに自動化されているリファレンスデプロイです。各クイックスタートでは、セキュリティと可用性に関する AWS ベストプラクティスに沿って、AWS で特定のワークロードをデプロイするために必要な AWS のコンピューティング、ネットワーク、ストレージ、その他のサービスを起動、設定、実行します。

    クイックスタートにより、1–Click で何百もの手動による手順を省くことができます。 高速であり安価で、カスタマイズ可能です。完全な機能を備えているため、トライアル、POC、本稼働に使用できます。 

    クイックスタートには以下が含まれています。

    • デプロイを構成するための JSON スクリプト環境を提供する AWS CloudFormation テンプレート
    • アーキテクチャと実装の詳細とデプロイのカスタマイズ手順を説明するデプロイガイド
    • AWS クラウドへのソリューションの簡単なデプロイ


    クイックスタートの詳細リストをご覧ください。

  • クイックスタートを使用するメリットは何ですか?

    クイックスタートを使用すると、クラウドの主要なテクノロジーのデプロイから手動のインストールと設定の多数の手順が排除され、時間を節約することができます。クイックスタートには AWS のベストプラクティスが実装されているため、セキュリティと可用性のニーズを考慮した設計になっています。

    以下に、クイックスタートの活用方法をいくつか紹介します。

    • 独自の実装のためのベースラインとして使用。独自のソリューションを開発するクイックスタートのパターンやプラクティスを使用します。
    • お客様のソリューションを迅速化するために使用。クイックスタートはモジュール式でカスタマイズ可能です。デフォルトの自動化を使用するか、既存のクイックスタートの上に重ねることでデプロイを迅速化できます。一から構築することを選択することも、既存の Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) にワークロードをデプロイすることもできます。
    • 俊敏性を実現するためのシームレスな概念実証とシナリオテストとして使用。最短時間でシナリオを反復処理するため、必要に応じて環境を構築、解体できます。
  • クイックスタートとテストドライブはどのように違いますか?

    AWS テストドライブとクイックスタートは相補的なプログラムです。

    テストドライブは、お客様に AWS クラウドのパートナーのエンタープライズソリューションを評価する機会を提供するために APN コンサルティングとテクノロジーパートナーによって構築されています。テストドライブではプライベート IT サンドボックス環境が用意されており、調査とテストを実行できるように AWS データセンターを一定時間無料でご利用いただけます。プライベートパイロットや購入のためにテストドライブを構築している APN パートナーと連絡を取ることができます。詳細については、AWS Test Drive プログラムをご覧ください。

    クイックスタートは、AWS ソリューションアーキテクトが AWS パートナーネットワーク (APN) のコンサルティングパートナーやテクノロジーパートナーと緊密に連携しながら構築したものです。クイックスタートは、パイロット使用や本稼働使用向けに設計されており、セキュリティ、可用性、ネットワーク構成向けの AWS のベストプラクティスを示します。クイックスタートは、すぐに起動して実行できるように AWS アカウントで直接起動できます。ご利用になる AWS サービスの費用をお支払いいただく必要がありますが、クイックスタートに追加の費用はかかりません。AWS には、AWS テクノロジーのパートナーによるコミュニティのクイックスタートも用意されています。

  • クイックスタートのデプロイ料金はいくらですか?

    お客様は、クイックスタートリファレンスデプロイの実行中に使用する AWS サービスに関連するすべての費用とライセンス料金をお支払いただく必要があります。ただし、クイックスタートを使用しても追加料金は発生しません。

    デフォルト設定を使用してクイックスタートをデプロイする場合、AWS インフラストラクチャ料金はわずか数 USD しかかかりません。特定のクイックスタートの費用の見積もりについては、デプロイガイドをご覧ください。料金の見積もりはデフォルト構成に基づいており、変更される場合があります。料金情報の詳細については、特定の AWS サービスの料金表ページまたは AWS 簡易見積りツールをご覧ください。

  • クイックスタートのデプロイにはどのぐらい時間がかかりますか?

    ほとんどのクイックスタートリファレンスデプロイでは、1 時間以内で完全に機能するアーキテクチャを構築できます。特定のクイックスタートについての詳細は、デプロイガイドをご覧ください。

  • 現在サポートされているのはどのテクノロジーですか?

    クイックスタートは、ビッグデータ、マーケティングとコマース、セキュリティ、コンプライアンス、ストレージに加え、Microsoft と SAP の主要なテクノロジーのための自動化ソリューションを提供します。

    サポートされている テクノロジーには、Microsoft Lync Server、Microsoft Exchange Server、Windows PowerShell Desired State Configuration (DSC)、SharePoint Server、SQL Server、Active Directory Domain Services (AD DS)、Web Application Proxy、Active Directory Federation Services (AD FS) があります。また、Lync Server、SharePoint Server、SQL Server、Exchange Server を自動化された 1 回のデプロイでまとめて、AWS にエンタープライズプロダクティビティプラットフォームを構築するクイックスタートも用意されています。

    自動化された SAP ソリューションは、SAP HANA と SAP Business One の SAP HANA バージョンです。

    サポートされているその他のソリューションには、MongoDB、Cloudera Enterprise Data Hub (EDH)、Trend Micro Deep Security、Magento Community Edition、Chef Server、Puppet、Ansible Tower、Docker Datacenter、Red Hat OpenShift があります。 

    コンプライアンスのクイックスタートには、AWS クラウドの NIST SP 800–53 ハイインパクトコントロール、NIST ベースの保証フレームワーク、PCI DSS をサポートする標準化されたアーキテクチャが含まれています。

    カタログには、Amazon VPC による仮想ネットワーキング基盤を構築し、Linux 拠点ホストとリモートデスクトップゲートウェイによってリモートアクセス機能を実現するクイックスタートも含まれます。これらのクイックスタートは、独自のデプロイのための基本要素として使用することができます。

    各クイックスタートの完全なリストと詳細については、クイックスタートのホームページコミュニティページをご覧ください。

  • ライセンス要件とはどのようなものですか?

    クイックスタートはそれぞれ異なりますが、可能な限り、最も柔軟性があり費用を節約できるライセンスオプションが用意されています。ほとんどのクイックスタートリファレンスデプロイでは、自分のライセンス使用 (BYOL) モデルを使用しています。つまり、SAP HANA、Microsoft のソフトウェアなどの既存のライセンスを使用できるということです。このモデルを使用すると、追加のソフトウェアライセンス料を支払うことなく、AWS クラウドに既存のワークロードを移動することができます。一部のクイックスタートは、本稼働の準備ができたときにフルライセンスにアップグレードできるトライアルライセンスを使用します。

    特定のクイックスタートのライセンス情報については、デプロイガイドをご覧ください。Microsoft テクノロジーのための既存のライセンスを使用する方法についての詳細は、Microsoft ライセンスモビリティプログラムをご覧ください。

  • リファレンスデプロイについての詳細な技術情報はどこで確認できますか?

    各デプロイについてはクイックスタートに付属のガイドで詳しく説明されています。デプロイガイドでは、アーキテクチャ、実装の詳細、ベストプラクティス、カスタマイズ、拡張機能について詳しく説明されています。

    また、クイックスタートリファレンスデプロイのガイド付きツアーをご利用いただけるオンラインセミナーも提供しています。Microsoft テクノロジーについては、AWS での Windows 向けのイベントとオンラインセミナーをご覧ください。 追加のトレーニングやイベントについては、AWS トレーニングをご覧ください。

  • 自分のデプロイを異なる方法で構成することはできますか?

    はい、できます。クイックスタートを使用すると、要件に合わせてデプロイの設定を調整できます。詳細については、デプロイガイドの手順に従います。

  • 今後のクイックスタートに向けたアイデアはどこから送信できますか?

    ご意見をお待ちしております。AWS クイックスタートディスカッションフォーラムにコメントや質問を投稿してください。