この AWS ソリューション実装では、どのようなことが可能ですか?

このソリューションでは、コンテンツクリエーターが AWS 上で仮想ビデオ編集環境を構築できます。エディターおよびクリエイティブプロフェッショナルは、高速接続のノートパソコンを使用して、場所に制限されることなく作業することができます。このソリューションは、編集およびコンテンツ配信で AWS クラウドを活用し、複数のコラボレータ―が高速インターネットで任意のプラットフォームを使用してコンテンツを共同編集できます。

利点

コスト削減
ブランク

AWS では高額な GPU ワークステーションの料金を前払いする必要はありません。

任意のソフトウェアと連動

このソリューションは、業界標準の編集およびグラフィックソフトウェアでテストされ、信頼性と柔軟性が保証されています。

コラボレータ―の数に合わせたスケーリング

このソリューションは、複数のプールのエディターがアクセスできる共有ネットワークストレージを使用するので、追加のソフトウェアなしでコラボレーションシステムを構築できます。 

PCoIP テクノロジーの使用に関する
ブランク

このソリューションは、PC-over-IP (PCoIP) プロトコルを使用する Teradici Cloud Access Software と統合します。PCoIP テクノロジーは、ローカルコンピューターと同様に、セキュアで応答性の高い高画質の可視化コンピューティングを提供します。

ビデオ編集プロセスの簡素化

AWS CloudFormation では、GPU ドライバー、Teradici、共有ストレージのデプロイが自動化されます。  好みのポストプロダクションアプリケーションとプラグインをロードし、メディアをアップロードすればプロジェクトの作業を開始できます。

AWS ソリューション実装の概要

下図は、このソリューションの実装ガイドと付属の AWS CloudFormation テンプレートを使用して、自動的にデプロイできるアーキテクチャを表しています。

AWS Edit in the Cloud | アーキテクチャ図
 拡大イメージを見る

AWS Edit in the Cloud ソリューション実装のアーキテクチャ

AWS CloudFormation テンプレートは、次のインフラストラクチャをデプロイします。

  1. 任意のノンリニアエディタ (NLE) ソフトウェアを実行するための Teradici Cloud Access Software および NVIDIA T4 GPU ドライバーを搭載した Windows Server 2019 用 Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンス。ユーザーは、Teradici の PC-over-IP (PCoIP) クライアントを使用してリモートでログインします。
  2. ユーザー認証用 AWS Directory Service
  3. 任意のエディタを使用して Amazon EC2 インスタンス経由でデジタルアセットにアクセスするためのAmazon FSx for Windows ファイルサーバー。FSx for Windows ファイルサーバーは、Windows Amazon EC2 インスタンスの起動時にネットワーク共有を自動的にマウントします。FSx for Windows ファイルサーバーは、ノンリニアエディタ (NLE) で使用するメディアアセットを格納するために使用されます。

AWS Edit in the Cloud

バージョン 2.0.0
リリース日: 2021 年 8 月
作成者: AWS

見積りデプロイ時間: 60 分

予想費用 ソースコード  CloudFormation テンプレート 
このソリューション実装の更新を受け取るには、下のボタンを使用してサブスクライブしてください。
注: RSS 更新を購読するには、ご使用のブラウザで RSS プラグインを有効にする必要があります。
このソリューション実装はお役に立ちましたか?
フィードバックを送る 
動画
AWS ソリューションで解決: AWS Edit in the Cloud
アイコンを作成する
自分でソリューションをデプロイする

よくみられるアーキテクチャ上の問題に関して答えを知るため、AWS ソリューション実装のライブラリを閲覧する。

詳細はこちら 
APN パートナーを見つける
APN パートナーを見つける

サービスの開始をサポートする AWS 認定コンサルティングパートナーとテクノロジーパートナーを見つけましょう。

詳細はこちら 
アイコンについて調べる
ソリューションコンサルティングサービスについて調べる

ソリューションをデプロイし、AWS により審査済みのサポートを受けるため、コンサルティングサービスのポートフォリオを閲覧する。

詳細はこちら