この AWS ソリューション実装では、どのようなことが可能ですか?

マルチリージョンアプリケーションアーキテクチャソリューションは、バックアップリージョンへのフェイルオーバーが容易で耐障害性があるアプリケーションの実証に役立ちます。このソリューションは Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) クロスリージョンレプリケーションと Amazon DynamoDB グローバルテーブルを活用することで、プライマリとセカンダリの AWS リージョン間で非同期的にアプリケーションデータをレプリケートします。ソリューションのバックエンドレイヤーの視覚的なデモンストレーションとして機能し、リージョンのフェイルオーバーが機能していることを確認するために、サンプルの写真共有ウェブアプリケーションも各リージョンにデプロイされています。

AWS ソリューション実装の概要

下の図は、このソリューションの実装ガイドと付属の AWS CloudFormation テンプレートを使用して、自動的にデプロイできるアーキテクチャを示しています。

マルチリージョンアプリケーションアーキテクチャ | アーキテクチャ図
 拡大イメージを見る

マルチリージョンアプリケーションアーキテクチャのソリューションアーキテクチャ

AWS CloudFormation テンプレートは、プライマリ AWS リージョンとセカンダリ AWS リージョンの両方で、Amazon S3 バケットでホストされている AWS Amplify サンプルウェブアプリケーション、ウェブアプリケーションをユーザーに配信するための Amazon CloudFront ディストリビューションをデプロイします。また、Amazon Cognito ユーザープールは各リージョンにデプロイされ、ユーザーがウェブアプリケーションにサインインできるようにします。そして Amazon DynamoDB グローバルテーブルを使用して、プライマリリージョンからセカンダリリージョンにデータを複製します。 

ウェブアプリケーションを読み込むと、アプリケーションの現在の状態 (アクティブ、フェンス、フェイルオーバー) についてソリューションのルーティングレイヤーにクエリが送信され、適切なリージョンでのソリューションのリソースを対象とするように AWS Amplify が構成されます。アプリケーションの状態は、ユーザーが新しい写真をアップロードしたとき、またはコメントを追加したときにも取得できます。アプリケーションがフェンス状態またはフェイルオーバー状態の場合、これらのアクションはアプリケーションによって無効にされ、ユーザーにメッセージが表示されます。

マルチリージョンアプリケーションアーキテクチャ

バージョン 1.0
最終更新日: 2020 年 6 月
著者: AWS

見積りデプロイ時間: 20 分

下のボタンをクリックして、ソリューションの更新を登録してください。

注: RSS 更新を購読するには、使用しているブラウザで RSS プラグインを有効にする必要があります。 

このソリューション実装はお役に立ちましたか?
フィードバックを送る 

特徴

ウェブアプリケーション

ソリューションのバックエンドレイヤーの視覚的なデモンストレーションとしてサンプルの写真共有ウェブアプリケーションを使用し、リージョンのフェイルオーバーが機能していることを確認します。

オリジンフェイルオーバー

セカンダリリージョンからアプリケーションを提供するために、ソリューションの CloudFront でオリジンフェイルオーバーを手動で構成します。
アイコンを作成する
自分でソリューションをデプロイする

よくみられるアーキテクチャ上の問題に関して答えを知るため、AWS ソリューション実装のライブラリを閲覧する。

詳細はこちら 
APN パートナーを見つける
APN パートナーを見つける

サービスの開始をサポートする AWS 認定コンサルティングパートナーとテクノロジーパートナーを見つけましょう。

詳細はこちら 
アイコンについて調べる
ソリューションコンサルティングサービスについて調べる

ソリューションをデプロイし、AWS により審査済みのサポートを受けるため、コンサルティングサービスのポートフォリオを閲覧する。

詳細はこちら