この AWS ソリューション実装では、どのようなことが可能ですか?

Multi-Region Infrastructure Deployment ソリューションは、プライマリリージョンとセカンダリリージョンにデプロイされたアプリケーションのインフラストラクチャへの更新をより簡単に制御できるようにします。このソリューションは、マルチリージョンアーキテクチャをセットアップし、ワークロードの一貫性を維持します。このソリューションは、AWS CodePipeline を自動的にプロビジョニングおよび設定して、AWS クラウド内の CloudFormation テンプレートの継続的インテグレーション/継続的デリバリー (CI/CD) パイプラインを自動化します。AWS CodePipeline は継続的インテグレーション (CI) オーケストレーションサービスであり、デベロッパーがソフトウェアを迅速にデプロイして管理するのに役立つ複数のデプロイオプションを備えています。AWS CodePipeline を使用すると、AWS CloudFormation テンプレートが変更されるたびに、それらを継続的に簡単にビルドしてテストできます。

AWS ソリューション実装の概要

AWS CloudFormation テンプレートをデプロイするときに、AWS CloudFormation スタックを削除するか保持するかを選択できます。以下の図は、デプロイ後に AWS CloudFormation スタックを削除するデフォルトのオプションを示しています。デプロイ後に AWS CloudFormation スタックを保持するためのガイダンスについては、実装ガイドを参照してください。

Multi-Region Infrastructure Deployment | アーキテクチャ図
 クリックして拡大

Multi-Region Infrastructure Deployment のソリューションアーキテクチャ

このソリューションの AWS CloudFormation テンプレートは AWS CodePipeline を使用して継続的インテグレーション/継続的デリバリー (CI/CD) パイプラインを主要リージョンにデプロイします。AWS CodePipeline は、GitHub リポジトリの変更を自動的に検出するとともに、現在のソースコードを GitHub から自動的に取得し、そのコードを暗号化して Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットに保存し、一連の検証ステップとデプロイステージを介してプッシュします。AWS CloudFormation テンプレートをデプロイするときに、AWS CloudFormation スタックを保持するか削除するかを選択できます。次のワークフローは、手動承認後に AWS CloudFormation スタックを削除することを選択した場合に発生します。

変更が GitHub リポジトリにプッシュされると、AWS Lambda 関数は AWS Systems Manager パラメータをチェックして、ステージ AWS CloudFormation スタックに既存の AWS CodePipeline アーティファクトがあるかどうかを判断します。その後、AWS CloudFormation の変更セットが作成され、その変更によって実稼働インフラストラクチャに変更が生じるか確認するための AWS Lambda 関数が呼び出されます。ご使用の GitHub リポジトリの AWS CloudFormation テンプレートは、cfn-nag と cfn-lint を使用して安全性とスタイルについて検証されます。AWS CloudFormation スタックは、最新の AWS CloudFormation テンプレートに更新されます。テンプレートは、AWS CodePipeline コンソールで手動で承認する必要があります。承認されると、AWS CloudFormation スタックが終了し、プライマリリージョンのプライマリ AWS CloudFormation スタックとセカンダリリージョンのセカンダリ AWS CloudFormation スタックがデプロイされます。

Multi-Region Infrastructure Deployment

バージョン 1.1.0
最終更新日: 2020 年 7 月
作成者: AWS

見積りデプロイ時間: 5 分

下のボタンをクリックして、ソリューションの更新を登録してください。

注: RSS 更新を購読するには、使用しているブラウザで RSS プラグインを有効にする必要があります。 

このソリューション実装はお役に立ちましたか?
フィードバックを送る 

特徴

オートメーション

プライマリリージョンとセカンダリリージョンにデプロイされたアプリケーションのインフラストラクチャへの制御された更新を活用します。これにより、マルチリージョンアーキテクチャのセットアップとワークロードの一貫性の維持が容易になります。

検証

AWS CodePipeline を自動的にプロビジョニングおよび設定して、AWS クラウド内の CloudFormation テンプレートの継続的インテグレーション/継続的デリバリー (CI/CD) パイプラインを自動化します。
アイコンを作成する
自分でソリューションをデプロイする

よくみられるアーキテクチャ上の問題に関して答えを知るため、AWS ソリューション実装のライブラリを閲覧する。

詳細はこちら 
APN パートナーを見つける
APN パートナーを見つける

サービスの開始をサポートする AWS 認定コンサルティングパートナーとテクノロジーパートナーを見つけましょう。

詳細はこちら 
アイコンについて調べる
ソリューションコンサルティングサービスについて調べる

ソリューションをデプロイし、AWS により審査済みのサポートを受けるため、コンサルティングサービスのポートフォリオを閲覧する。

詳細はこちら