AWS でビデオオンデマンドコンテンツを処理するために利用できるソリューションは何ですか?

アマゾン ウェブ サービス (AWS) は、AWS クラウドを使用して、世界中のオーディエンスにビデオオンデマンド (VOD) コンテンツをコスト効率よく配信するための 2 つのメディアソリューションを提供しています。Video on Demand on AWS ソリューションと Video on Demand on AWS Foundation ソリューションはどちらも、スケーラブルな分散 VOD 処理と配信ワークフローの構築に必要な AWS のサービスをプロビジョニングします。このページでは、お客様のニーズに最適なストリーミングソリューションを選択するためのガイダンスを提供します。

Video on Demand on AWS Foundation
このソリューションは、AWS Elemental MediaConvert を使用して動画ファイルのエンコードをすばやく開始できるように設計されています。簡単にカスタマイズして、より複雑なワークフローを作成するための起点として利用できます。

このソリューションにより、すぐに次のことができるようになります。

  • S3 にアップロードされた動画を、さまざまなデバイスで再生するのに適した形式に自動的にトランスコードします。
  • 独自のファイルをアップロードし、入力ごとに異なるジョブ設定を使用することで、MediaConvert ジョブ設定を簡単にカスタマイズできます。
  • トランスコードされたファイルを送信先バケットに保存し、Amazon CloudFront を使用してエンドビューワーに配信します。

トランスコードされた動画に加えて、出力には、入力ファイルのメタデータ、ジョブ設定、および出力の詳細が含まれます。これらの出力は別の JSON ファイルに保存され、さらに処理するために使用できます。

Video on Demand on AWS
このソリューションは、Video on Demand on AWS Foundation ソリューションを拡張し、カスタマイズ可能な追加機能といくつかのオプションを提供します。

このソリューションにより、次の機能が利用できるようになります。

  • Amazon Step Functions は、ワークフローの取り込み、トランスコーディング (前処理ステップと後処理ステップを含む)、および公開ステップのオーケストレーションを行います。
  • 動画ファイルまたはメタデータファイルのトリガーの選択。
  • Amazon CloudFront を使用した、さまざまなデバイスで再生できるようにフォーマットされた動画の視聴者への配信。
  • ダウンストリームのコンシューマーが簡単にアクセスできるように、入力ファイルのメタデータ、ジョブ設定、および出力の詳細を DynamoDB テーブルに保存します。
  • ストレージコストの削減に役立つ動画入力の自動アーカイブ (オプション)。

このソリューションでは、AWS Elemental MediaPackage を使用してコンテンツをさまざまな形式にパッケージ化し、暗号化を適用することもできます。MediaPackage は、出力のストレージコストを削減できます。ただし、梱包費と保管費の間にはトレードオフがあります。

  • Video on Demand on AWS Foundation
  • Video on Demand on AWS
  • Video on Demand on AWS Foundation
  • AWS Foundation のビデオオンデマンドのソリューション実装の概要

    下の図は、ソリューションの実装ガイドと付属の AWS CloudFormation テンプレートを使用して、自動的にデプロイできるサーバーレスアーキテクチャを表しています。
    AWS Foundation のビデオオンデマンド | アーキテクチャ図
     クリックして拡大

    AWS Foundation のビデオオンデマンドのソリューション実装アーキテクチャ

    動画がソース S3 バケットにアップロードされると、ソリューションは AWS Lambda 関数をトリガーし、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) イベント通知を使用してエンコードジョブを AWS Elemental MediaConvert に送信します。

    MediaConvert は、ソース動画を HLS、DASH、MP4 形式を含む複数のアダプティブビットレート出力にトランスコードします。これらは送信先 S3 バケットに保存されます。Amazon CloudFront 配信は、送信先 S3 バケットを起点として、トランスコードされたコンテンツをグローバルに配信するためにデプロイされます。

    Amazon CloudWatch Events 通知は、ジョブ完了 Lambda 関数をトリガーするように設定されています。この関数は、MediaConvert 出力のすべてのジョブ設定と CloudFront URL を送信元 S3 バケットのマニフェストファイルに保存します。

    Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) トピックは、ワークフローによって完了したすべてのジョブの通知を受信するように設定されています。

    Video on Demand on AWS Foundation

    バージョン 1.1.0
    最終更新日: 2020 年 11 月
    作成者: AWS

    見積りデプロイ時間: 10 分

    ソースコード  CloudFormation テンプレート  
    下のボタンをクリックして、ソリューションの更新を登録してください。

    注: RSS 更新を購読するには、ご使用のブラウザで RSS プラグインを有効にする必要があります。

    このソリューション実装はお役に立ちましたか?
    フィードバックを送る 
  • Video on Demand on AWS
  • AWS のビデオオンデマンドソリューション実装の概要

    下の図は、ソリューションの実装ガイドと付属の AWS CloudFormation テンプレートを使用して、自動的にデプロイできるサーバーレスアーキテクチャを表しています。
    Video on Demand on AWS Architecture Diagram (JP)
     クリックして拡大

    AWS のビデオオンデマンドソリューション実装のアーキテクチャ

    このソリューションでは、AWS Lambda を使用して AWS Step Functions をトリガーし、ワークフローの取り込み、処理、公開を行います。

    Step Functions ワークフローはソース動画またはソース動画とメタデータを取り込み、ソースファイルを検証し、ソース動画のメタデータを生成します。2 番目の Step Functions ワークフローはメタデータに基づいてエンコードプロファイルを生成し、エンコードジョブを AWS Elemental MediaConvert に送信します。動画のエンコードが完了すると、その出力は 3 番目の Step Functions ワークフローにより検証されます。

    AWS Elemental MediaConvert は 2 パスエンコーディングを使用して、元のファイルの高品質バージョンを複数生成します。送信元および送信先のメディアファイルは Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) に保存され、ファイルメタデータは Amazon DynamoDB に保存されます。有効にした場合、ソースファイルにタグが付けられ、Amazon S3 ライフサイクルポリシーを使用して Amazon Glacier にファイルを移動させることができます。

    このソリューションには、ワークフローの一部として AWS Elemental MediaPackage を使用するオプションも含まれています。有効にすると、ソリューションは、MediaConvert カスタムテンプレートの個別セットと、Amazon S3 に保存されている MediaConvert HLS 出力を取り込むように構成された MediaPackage のパッケージンググループを作成します。MediaPackage はコンテンツをパッケージ化し、ダウンストリームデバイスからの再生リクエストに応じてコンテンツをフォーマットします。デフォルトでは、このソリューションは HLS、DASH、MSS、CMAF のパッケージ構成を作成します。

    Amazon CloudFront は、ワークフロー出力のグローバル配信に使用されます。このソリューションには、Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) 通知を送信したり、Amazon Simple Queue Service (Amazon SQS) トピックへ公開したりするオプションも含まれています。

    Video on Demand on AWS

    バージョン 5.2.0
    最終更新日: 2020 年 12 月
    作成者: AWS

    見積りデプロイ時間: 20 分

    ソースコード  CloudFormation テンプレート  
    下のボタンをクリックして、ソリューションの更新を登録してください。

    注意: RSS 更新を購読するには、使用しているブラウザで RSS プラグインを有効にする必要があります。

    このソリューション実装はお役に立ちましたか?
    フィードバックを送る 

特徴

リファレンス実装

Video on Demand on AWS ソリューションまたは Video on Demand on AWS Foundation ソリューションは、スケーラブルで分散型のビデオオンデマンドワークフローを構築するために必要になる、AWS のサービスを自動的にプロビジョニングするリファレンス実装として活用できます。

カスタマイズ

Video on Demand on AWS Foundation ソリューションは、簡単にカスタマイズして、より複雑なワークフローを作成するための起点として利用できます。または、Video on Demand on AWS ソリューションでは、AWS Step Functions によってワークフローが独立したステップに分割されます。これにより、ビデオオンデマンドの固有のニーズに合わせたアーキテクチャのカスタマイズと拡張が簡単にできます。
ソリューションを使って解決: AWS のビデオオンデマンド
アイコンを作成する
自分でソリューションをデプロイする

よくみられるアーキテクチャ上の問題に関して答えを知るため、AWS ソリューション実装のライブラリを閲覧する。

詳細はこちら 
APN パートナーを見つける
APN パートナーを見つける

サービスの開始をサポートする AWS 認定コンサルティングパートナーとテクノロジーパートナーを見つけましょう。

詳細はこちら 
アイコンについて調べる
ソリューションコンサルティングサービスについて調べる

ソリューションをデプロイし、AWS により審査済みのサポートを受けるため、コンサルティングサービスのポートフォリオを閲覧する。

詳細はこちら