製品を調べる

AWS ハイブリッドクラウドソリューション

VMWareCloud_Icon

VMWare Cloud on AWS

詳細はこちら 
AWSOutposts_Icon

AWS Outposts

詳細はこちら 
VMWareCloud_Icon

VMWare Cloud on AWS

詳細はこちら 
AWSOutposts_Icon

AWS Outposts

詳細はこちら 

お客様のイノベーションを促進する

  • iRobot_logo_green_logotype

    iRobot は AWS でスマートホームでのロボット作業を実現する

    詳細 
    PI-iRobot-Mobile_Step-1

    iRobot Roomba 900 が掃除を完了する

    Roomba 900 シリーズは、家の中の掃除作業を完了すると、充電のためにドックに戻ります。

    PI-iRobot-Mobile_Step-2

    データ処理

    iRobot では、家のマップを処理し、掃除した床面積の合計と、掃除作業のステータスコードを計算して、メタデータを AWS IoT に送信します。

    PI-iRobot-Mobile_Step-3

    データストリームの利用

    iRobot では、AWS IoT ルールを使用してメッセージを Amazon Kinesis ストリームに保存します。iRobot で Kinesis の掃除作業のデータを処理することができます。Kinesis を使用すると、複数のチームが同じデータのストリームを受信できます。

    PI-iRobot-Mobile_Step-4

    データストレージと分析

    AWS Lambda で掃除作業のメタデータを受信し、Amazon DynamoDB 向けにフォーマットを解析します。Amazon Kinesis で作業データをまとめて、Amazon S3 に保存します。Amazon S3 を iRobot の分析用データレイクとして使用し、すべてのメッセージデータを圧縮および保存します。Amazon S3 にデータが到着すると、iRobot で AWS Analytics ツールセットを使用します。Amazon Athena を使用すると、コンピューティングリソースを常時実行させることなく、iRobot でデータの調査とパターン検出を行うことができます。

    PI-iRobot-Mobile_Step-5

    データの関連付け

    掃除作業のデータは Amazon DynamoDB に保存され、特定のロボットと使用者に関連付けられます。

    PI-iRobot-Mobile_Step-6

    顧客への通知

    Roomba 900 シリーズの掃除作業が正常に完了すると、使用者に完了を知らせるアラートが送信されます。 

  • Logo_Statcast-AI

    MLB Statcast は、ファンの盛り上がりを AWS でのビッグデータ分析によりもたらす

    詳細はこちら 
    PI-MLB-1-mobile-Foundation-Deep-Learning-ending stage

    深層学習向けの基盤

    MLB は数十年にわたり、選手とクラブの統計データを収集しており、2015 年には AWS の使用を開始してゲーム日の統計情報を収集、配布しファンエクスペリエンスを向上させました。

    PI-MLB-2-mobile-Enpowering-Developers-ending stage

    開発者の強化

    Amazon SageMaker を使用することで、MLB は開発者やデータサイエンティストが機械学習モデルをあらゆる規模で、短期間で簡単に構築、トレーニング、デプロイできるようにしています。

    PI-MLB-3-Lightening the Load-ending stage

    負荷の軽減

    処理された各プレイのデータは、Amazon S3 に保存されます。

    PI-MLB-4-mobile-Personalizing-the-Game-ending stage

    ゲームのパーソナライズ

    MLB は、ピッチ予測の精度テストやパーソナライズされたビューワーエクスペリエンスの創造など、選手のパフォーマンスを分析する Statcast のトラッキング技術の改善を継続するため、Amazon ML Solutions Lab との連携を計画しています。

    PI-MLB-5-mobile-home-run-artificial-intelligence-ending stage

    人工知能によるホームラン

    MLB は人工知能を利用した革新を続けます。組織は、Amazon Comprehend を使用して、アイコン的なアナウンサーをシミュレートするライブゲーム向けのスクリプトを作成することができる言語モデルを構築する予定です。

  • PI-Epic_Logo_Final
    Epic Games が AWS を使用してゲーム『 Fortnite』を世界で展開
    Epic Games が AWS を使用して、2億人を超える世界中のプレイヤーに『 Fortnite』を配信している事例をご覧ください。
    詳細はこちら 
    PI-Epic-Mobile_Step-1

    クラウドで基盤を構築する

    Epic Games は 2012 年から AWS を利用しています。現在はすべてを AWS クラウドに移して、世界規模のゲームサーバーフリート、バックエンドプラットフォームシステム、データベース、ウェブサイト、アナリティクスパイプライン、処理システムなどを AWS で実行しています。

    PI-Epic-Mobile_Step-2

    瞬く間に人気ゲームに

    Epic Games が 2017 年にリリースしたクロスプラットフォームのマルチプレイヤーゲーム『Fortnite』は、瞬く間に人気を博しました。リリース後最初の1年で、Fortnite のユーザーベースは 100 倍以上に膨れ上がり、世界中で 2 億人に達しました。

    PI-Epic-Mobile_Step-3

    拡張性の限界を超える

    AWS は Fortnite の成功に不可欠でした。AWS を利用することで、Epic Games はキャパシティーを心配することなく何億人ものユーザーを招待してゲーム内イベントを開催したり、1 分間に 1 億 2,500 万件ものイベントをアナリティクスパイプラインに取り込んだり、1 か月に 5PB を超えるデータウェアハウスの増加に対応したりしています。

    PI-Epic-Mobile_Step-4

    最上級のゲーム体験を提供する

    AWS を利用することで、Epic Games は常にプレイヤー体験を向上し、ワクワクするような新しいゲームやゲーム要素を提供しています。同社では今後、機械学習やコンテナ化されたサービスなど、AWS のサービスの利用を拡大していく予定です。

  • fm-wakayama_logo

    FM 和歌山は Amazon Polly を活用した AI アナウンサーによるラジオ放送を実現

    詳細はこちら 
    PI-FMWakayama_mobile_1_Receive-text-date

    ニュース原稿(テキスト)をメールで受信

    読売新聞社から配信されているニュース原稿(テキスト)をメールで受信します。

    PI-FMWakayama_mobile_2_MySQL-Database

    ニュース原稿を自社サーバーのデータベースへ保存

    メールの受信をトリガーに、 PHP でニュース原稿の文章を合成音声で読み上げやすいように整形し、自社サーバー内の データベースへ保存します。

    PI-FMWakayama_mobile_3a_Text-to-speach-voice

    ニュース原稿を Amazon Polly が音声に変換

    整形されたニュース原稿を Amazon Polly が音声に変換します。アプリケーションのセキュリティ強化には Amazon Cognito も活用しています。

    PI-FMWakayama_mobile_4_Pulling-voice-data

    Polly から音声データを自社アプリで取得し再生

    Amazon Polly で変換した音声データを自社アプリケーションで取得し、放送時間に合わせてJavaScript による AWS への POST を行うことで音声を再生します。

    PI-FMWakayama_mobile_5_Broadcasting-news

    人工知能アナウンサー「ナナコ」によるラジオ放送

    Amazon Polly の合成音声を利用した人工知能アナウンサー「ナナコ」が、リスナーへニュースや天気予報の自動放送を行います。

  • 200x100_MISAWA-HOMES-CO_Logo

    ミサワホームは、複数システムの AWS 移行により約 30 %のコスト削減を実現

    詳細はこちら 
    PI-MISAWA_mobile_1_Existing-system

    既存システムが設置されている自社データセンター

    自社データセンターのオンプレミス環境には、既存システムのサーバーをはじめ、本社・各事業所の監視システムが設置されています。

    PI-MISAWA_mobile_2_Secure-connecting

    AWS Direct Connect で AWS 環境と接続

    AWS Direct Connect により、自社データセンターと AWS 環境を閉域網でセキュアに直結しています。

    PI-MISAWA_mobile_3a_Elastic-Load-Balancing

    Elastic Load Balancing

    Windows および SQL Server を利用した AWS 環境とオンプレミスの EAI、Active Directory とを連携させるハイブリッド構成を構築しています。

     

    PI-MISAWA_mobile_3b_EC2

    複数システムを Amazon EC2 上で稼働

    このハイブリッド構成において、複数システム(人事、営業支援、文書管理、会計、ワークフロー、BI/DWHなど)を運用しています。

    PI-MISAWA_mobile_3c_EC2 DB Instance

    Amazon EC2 DB Instance

    これにより、ユーザーの要望に即時対応しつつ、BCP/DR 対策も万全なインフラを実現しています。今後、新規システムは全て AWS 上で構築し、残りの既存システムの移行も実施予定です。

     

    PI-MISAWA_mobile_4_CloudWatch-monitoring

    AWS リソースのモニタリング

    Amazon CloudWatch で、これらの AWS リソースをモニタリングしています。

AWSMP_logo_new-RGB

検索する。購入する。デプロイする。

詳細はこちら 

ソリューションを調べる

60-machine-learning
60-analytics
60-IoT
60-serverless
60-containers
60-enterprise
60-storage
60-windows-workloads

最も厳しい要件に対応できる設計

icon-security

セキュア

icon-compliant

準拠

icon-hybrid

ハイブリッド

icon-scalable

スケーラブル

AWS リージョンのグローバルネットワーク

Global Map July 2019
50x50_orange

リージョンとアベイラビリティーゾーンの数

米国東部
バージニア北部 (6)、オハイオ (3)

米国西部
北カリフォルニア (3)、オレゴン (4)

アジアパシフィック
ムンバイ (3)、ソウル (3)、シンガポール (3)、シドニー (3)、東京 (4)、大阪ローカル (1)、香港 (3)

カナダ
中部 (2)

中国本土
北京 (2)、寧夏 (3)

欧州
フランクフルト (3)、アイルランド (3)、ロンドン (3)、パリ (3)、ストックホルム (3)

南米
サンパウロ (3)

GovCloud (米国)
米国東部 (3)、米国西部 (3)

中東
バーレーン (3)

 

50x50_teal

新しいリージョン (近日追加予定)

ケープタウン

ジャカルタ

ミラノ

詳細