AWS アーキテクチャセンター

最新のリファレンスアーキテクチャ

AWS の業務用予知保全機械学習モデル

aws-industrial-PdM-ML-RA

Amazon SNS の異常検出通知による AWS IoT SiteWise および AWS IoT Analytics を使用して、予知保全 (PdM) 機械学習 (ML) モデルを作成します。(PDF)

データストレージによる AWS の業務用予知保全機械学習モデル

aws-industrial-PdM-ML-storage-RA

Amazon SNS の異常検出通知および Amazon S3 のデータストレージによる AWS IoT SiteWise および AWS IoT Analytics を使用して、予知保全 (PdM) 機械学習 (ML) モデルを作成します。(PDF

異常検出による AWS の業務用予知保全機械学習モデル

aws-industrial-PdM-ML-anomaly-RA

AWS IoT Core および Amazon Kinesis Data Analytics を使用した異常検出アプリケーションによる Amazon SageMaker を使用して予知保全 (PdM) 機械学習 (ML) モデルを作成します。(PDF

Modbus 通信による AWS の業務用予知保全機械学習モデル

aws-industrial-PdM-ML-modbus-RA

Amazon SNS の異常検出通知による AWS IoT SiteWise および AWS IoT Analytics を使用して、予知保全 (PdM) 機械学習 (ML) モデルを作成します。(PDF

コネクテッドホーム – エッジでの Machine Learning

connected-home-ML-edge_RA

ホームデバイスの IoT Machine Learning。 (PDF)

Amazon Pinpoint と Amazon Personalize で患者エンゲージメント

aws-reference-architecture-patient-engagement

AWS で、的を絞った有意義な患者エンゲージメント。(PDF

 先頭に戻る

最新の AWS クイックスタート

AWS クイックスタートは、自動化されたリファレンスデプロイです。これらを使用すると、完全に機能するソフトウェアを AWS クラウドに迅速にデプロイし、何百もの手動による手順をわずか数ステップに減らし、セキュリティと可用性に関する AWS ベストプラクティスに従うことができます。AWS CloudFormation テンプレートを使用してデプロイメントを自動化します。デプロイメントガイドではアーキテクチャと実装方法について詳しく説明しています。クイックスタートはモジュール式でカスタマイズ可能です。追加機能を上に重ねたり、機能を変更したりして独自の実装内容にすることができます。

以下の Quick Starts は最新の追加と更新です。詳細な一覧については、クイックスタートカタログをご覧ください。 

1
 先頭に戻る

AWS リファレンスアーキテクチャ

AWS の柔軟性により、アプリケーションのアーキテクチャを好みの方法で設計することができます。AWS リファレンスアーキテクチャのデータシートは、AWS クラウドを最大限に活用してアプリケーションを構築するために必要なアーキテクチャのガイダンスを提供します。それぞれのデータシートには、アプリケーションアーキテクチャが視覚的に示され、各サービスがどのように使用されるかの基本的な説明が含まれています。

ウェブアプリケーションホスティング

AWS-web-application-hosting-thumb

高いスケーラビリティと信頼性を備えたウェブまたはモバイル用ウェブアプリケーションの構築。(PDF)

コンテンツおよびメディアサービス

AWS-content-media-serving-thumb

大量のコンテンツとメディアを配信する、高信頼性システムの構築。(PDF)

バッチ処理

AWS-batch-processing-thumb

動画処理パイプラインなどの自動スケール可能なバッチ処理システムの構築。(PDF)

耐障害性と高可用性 (HA)

AWS-fault-tolerance-thumb

可用性が高く、障害発生時に新しいインスタンスに素早くフェイルオーバーするシステムの構築。(PDF)

大規模コンピューティング

AWS-large-scale-processing-huge-data-thumb

ビッグデータを扱う高性能計算システムの構築。(PDF)

広告配信

AWS-ad-serving-thumb

非常にスケーラブルなオンライン広告配信ソリューションの構築 。(PDF)

ローカルアプリケーションの災害対策 (DR)

AWS-disaster-recovery-local-applications-thumb

オンプレミスアプリケーション向けの費用対効果の高い災害対策 (DR) ソリューションの構築。(PDF)

ファイル同期

AWS-file-synchronization-thumb

シンプルなファイル同期サービスの構築。(PDF)

メディア共有

AWS-media-sharing-thumb

クラウド対応のメディア共有フレームワークの構築。(PDF)

オンラインゲーム

AWS-online-games-thumb

強力なオンラインゲームの構築。(PDF)

ウェブログ分析

AWS-web-log-thumb

クラウドの膨大な量のログデータの分析。(PDF)

金融サービスグリッド

AWS-financial-grid-computing-thumb

金融サービスセクター向けの非常にスケーラブルで伸縮自在なグリッドの構築。(PDF)

e コマースウェブサイト: ウェブフロントエンド

AWS-ecommerce01-thumb

柔軟な製品カタログを備えた e コマースウェブサイトの構築。(PDF)

e コマースウェブサイト: チェックアウトサービス

AWS-ecommerce02-thumb

e コマースウェブサイト向けのセキュアで、非常にスケーラブルなチェックアウトパイプラインの構築。(PDF)

e コマースウェブサイト: マーケティングとレコメンデーション

AWS-ecommerce03-thumb

e コマースウェブサイト向けの非常にスケーラブルなレコメンデーションエンジンの構築。(PDF)

時系列データ処理

aws-reference-architecture-time-series-processing

時系列データを処理する伸縮自在なシステムの構築。(PDF)

AWS の業務用予知保全機械学習モデル

aws-industrial-PdM-ML-RA

Amazon SNS の異常検出通知による AWS IoT SiteWise および AWS IoT Analytics を使用して、予知保全 (PdM) 機械学習 (ML) モデルを作成します。(PDF)

データストレージによる AWS の業務用予知保全機械学習モデル

aws-industrial-PdM-ML-storage-RA

Amazon SNS の異常検出通知および Amazon S3 のデータストレージによる AWS IoT SiteWise および AWS IoT Analytics を使用して、予知保全 (PdM) 機械学習 (ML) モデルを作成します。(PDF

異常検出による AWS の業務用予知保全機械学習モデル

aws-industrial-PdM-ML-anomaly-RA

AWS IoT Core および Amazon Kinesis Data Analytics を使用した異常検出アプリケーションによる Amazon SageMaker を使用して予知保全 (PdM) 機械学習 (ML) モデルを作成します。(PDF

Modbus 通信による AWS の業務用予知保全機械学習モデル

aws-industrial-PdM-ML-modbus-RA

Amazon SNS の異常検出通知による AWS IoT SiteWise および AWS IoT Analytics を使用して、予知保全 (PdM) 機械学習 (ML) モデルを作成します。(PDF

コネクテッドホーム – コマンドと制御

connected-home-command-control-diagram

コネクテッドホームデバイスに Alexa を統合しましょう。 (PDF)

Veeam Cloud Tier を使用して VMware Cloud on AWS に復元

Using_Veeam_Cloud_Tier_to_Restore_to_VMware_Cloud_on_AWS

ネイティブな AWS のサービスと Veeam の Cloud Tier を使用して VMware Cloud on AWS に復元します。(PDF)

Amazon Pinpoint と Amazon Personalize で患者エンゲージメント

aws-reference-architecture-patient-engagement

AWS で、的を絞った有意義な患者エンゲージメント。(PDF)

コネクテッドホーム – エッジでの Machine Learning

connected-home-ML-edge_RA

ホームデバイスの IoT Machine Learning。(PDF)


注目のリファレンスアーキテクチャ

VMware Cloud on AWS

SQL Server の Always On 可用性グループ機能を使用して、AWS と VMware Cloud のハイブリッド環境で高性能と可用性を達成する方法について説明しています。(PDF)

Veeam Cloud Tier を使用して VMware Cloud on AWS に復元

Using_Veeam_Cloud_Tier_to_Restore_to_VMware_Cloud_on_AWS

ネイティブな AWS のサービスと Veeam の Cloud Tier を使用して VMware Cloud on AWS に復元します。(PDF)

ハイブリッド環境での Microsoft SQL Server

aws-reference-architecture_VMwareCloudonAWS_SQL_Server

SQL Server の Always On 可用性グループ機能を使用して、AWS と VMware Cloud のハイブリッド環境で高性能と可用性を達成する方法について説明しています。(PDF)

VMware Cloud on AWS のバックアップと復元

aws-reference-architecture_VMwareCloudonAWS_DR_1

AWS Storage Gateway、Amazon S3、AWS Direct Connect、Amazon Route 53 向けのネイティブサービス統合が含まれます。(PDF)

VMware Cloud on AWS での Microsoft SharePoint

aws-reference-architecture_SharePoint-Hybrid

AWS でマルチ AZ 環境の VMware Cloud に SharePoint をデプロイする方法についての情報を提供します。(PDF)

ハイブリッド Active Directory ストレッチドメイン

VMware Cloud on AWS の Oracle RAC

aws_reference_architecture_oracle_rac_on_vmware_cloud

ダウンタイムなしで vMotion vSphere ワークロードをクラウドにライブ移行し、クラウドネイティブサービスと統合する作業に関する情報を提供します。(PDF)

ハイブリッド Active Directory 信頼済みドメイン

aws_reference_architecture_hybrid_active_directory_trusted_domains

カスタマードメインがクラウドドメインとの一方向または双方向の信頼関係で構成されている Active Directory 信頼済みドメインを示します。(PDF)

ハイブリッド Active Directory ストレッチドメイン

aws_reference_architecture_hybrid_active_directory_stretched_domain

AWS および VMware Cloud on AWS にストレッチされた単一のカスタマードメインを示します。(PDF)

VMware Cloud on AWS のためのデータドメインクラウド災害対策

VMConAWS_DellEMC_CloudDR_AWS_RA

RTO と RPO の短い VMware Cloud on AWS 用の完全自動 DR ソリューション。(PDF)

 先頭に戻る

AWS のアーキテクチャホワイトペーパー

AWS Well-Architected Framework

このホワイトペーパーでは、AWS Well-Architected フレームワークについて説明しています。お客様は、このホワイトペーパーを読んで、クラウドベースのアーキテクチャを評価および改善し、設計の意思決定がビジネスに及ぼす影響に対する理解を深めることができます。このホワイトペーパーでは、一般的な設計原則と、Well-Architected Framework の柱と定義されている 4 つの概念領域における具体的なベストプラクティスとガイダンスについて説明しています。(PDF)

AWS での耐障害性を備えたアプリケーションの構築

AWS は、最小限の人間の関与で動作する信頼性の高く、安価な耐障害性システムを構築するために必要なツール、機能、地理的なリージョンを提供します。このホワイトペーパーでは、高信頼性かつ高可用性のアプリケーションを AWS クラウドに構築するために使用できる耐障害性機能について説明します。(PDF)

Amazon SES: E メール送信のベストプラクティス

E メールプログラムを適切に運営するには、E メールの配信に影響を及ぼし、最終的には受信者にも影響を及ぼす可能性がある、いくつかのトピックについて認識していることが必要です。このホワイトペーパーでは、送信された E メールの価値を、受信者や、受信者の受信トレイを保護する責任を持つインターネットサービスプロバイダー (ISP) がどのように考えるかについて説明します。E メール送信のプロセス、関係者とその役割、Amazon Simple Email Service (Amazon SES) を使用して優れた E メールプログラムを運用する方法について説明しています。(PDF)

AWS セキュリティのベストプラクティス

セキュリティは、クラウドアプリケーションアーキテクチャのすべてのレイヤーに実装する必要があります。このホワイトペーパーでは、AWS 環境でクラウドアプリケーションの安全を確保するための具体的なツール、機能、ガイドラインについて説明します。根幹からアプリケーションのセキュリティを構築する方法についての戦略も示しています。(PDF)

AWS クラウドでのウェブアプリケーションのホスティング

可用性が高くスケーラブルなウェブアプリケーションのホスティングは、複雑で高価な命題となり得ます。AWS では、要求の最も高いウェブアプリケーションに必要な、信頼性、スケーラビリティ、安全性、性能に優れたインフラストラクチャを利用できます。伸縮自在なスケールアウトとスケールダウンのインフラストラクチャモデルにより、リアルタイムの顧客のトラフィックパターンに応じて IT コストを投入することもできます。このホワイトペーパーでは、可用性が高くスケーラブルなウェブアプリケーションを作成するために AWS のサービスをどのように使用できるかなど、ウェブアプリケーションのホスティングについて詳しく説明します。(PDF)

 先頭に戻る

アーキテクチャに関するアーカイブされたオンラインセミナー

アーキテクチャのベストプラクティスからアプリケーションの移行まで、さまざまなトピックを、アーカイブされたオンラインセミナーでご覧ください。

 先頭に戻る