AWS のコンテナ

コンテナを実行するための最もセキュアで信頼性があり、スケーラブルな方法

AWS はコンテナを実行する #1 の場所であり、クラウドの全コンテナの 80% が AWS で実行されます。Samsung、Expedia、KPMG、GoDaddy、および Snap などのお客様は、セキュリティ、信頼性、およびスケーラビリティのために、AWS でコンテナを実行することを選択します。

AWS でコンテナを実行するときに、2 つの選択を行います。最初に、サーバーを自分で管理するかどうかを選択します。コンテナに対するサーバーレスコンピューティングを希望する場合は AWS Fargate を選択し、コンピューティング環境のインストール、構成、および管理に対するコントロールが必要な場合は Amazon EC2 コンテナ を選択します。次に、Amazon Elastic Container Service (ECS) または Amazon Elastic Kubernetes Service (EKS) のうち、使用するコンテナオーケストレーターを選択します。

Fargate は、ECS とEKS の両方で AWS でコンテナを実行するための推奨される方法です。お客様は、Fargate を気に入っています。コンテナのサーバレスコンピューティングを備え、アプリケーションの構築に焦点を当てることができるようになるからです。Fargate ではサーバーのプロビジョニングと管理が不要となり、アプリケーションごとにリソースを指定してその分のみ料金を支払うことができ、設計によるアプリケーション分離によりセキュリティを強化します。Turner、Veritone、Corteva、KPMG、Samsung などのお客様は、Fargate を利用して、チームがアプリケーションの構築に集中できるようにしました。

AWS では、コンテナオーケストレーターの選択肢が最も広いため、ツールや API の選択に関係なく、AWS でコンテナを実行できます。AWS の構造と API に精通している場合、ECS はコンテナを実行するのに最適な場所です。ECS は、Identity and Access Management (IAM)、Amazon Virtual Private Cloud (VPC)、Amazon Route 53 などの AWS のサービスと緊密に統合されており、社内のミッションクリティカルなサービスおよびお客様をサポートするための広範囲のセキュリティ、信頼性、および可用性をテストされてきました。Amazon SageMaker、AWS Batch、Amazon Lex、Amazon.com の推奨エンジンなどの AWS のサービスはすべて ECS 上に構築されます。さらに、Expedia、Mobileye、Cook Pad、Hudl など、すでに AWS を広く使用しているお客様は、ECS をベースに構築することを選択しています。1 時間ごとに、ECS は EC2 によって起動されるインスタンスの数の 5 倍のタスク数を起動します。

Kubernetes を使用している場合、EKS は Kubernetes を実行するための最も安全で信頼性が高くスケーラブルな方法です。Amazon EKS には、複数の AWS アベイラビリティーゾーン全体でスケーラブルで可用性の高いコントロールプレーンがあります。EKS はアップストリーム Kubernetes を実行し、Kubernetes に準拠していると認定されているため、コミュニティからオープンソースツールのすべての利点を得ることができます。EKS は、Intel、Snap、Intuit、GoDaddy、Autodesk などのお客様が機械学習やクラウド移行などの重要なユースケースに使用しています。

AWS は、分散システムのエンドツーエンドの観測可能性、セキュリティ、およびトラフィック管理も提供するため、アプリケーションの構築に集中できます。AWS App Mesh を使用すると、アプリケーションレベルのネットワークが得られ、AWS 上の EC2、ECS、Fargate、Kubernetes などの複数のタイプのコンピューティングインフラストラクチャ間の通信を可能にする唯一のサービスメッシュです。

主な統計

80%

AWS で実行されているクラウドのすべてのコンテナ化された実行中のアプリケーションに対する割合*

84%

AWS で実行されているクラウドで実行中のすべての Kubernetes アプリケーションに対する割合*

150%

AWS コンテナサービスの前年比の成長

10 倍

1 年間の EKS 使用量の増加

1.6B+

ECR を使用した毎週の画像プル

*https://nucleusresearch.com/research/single/guidebook-containers-and-kubernetes-on-aws/

AWS でコンテナを実行する

セキュア

AWS では、セキュリティ、コンプライアンス、ガバナンスに関する 210 のサービスおよび主要機能をご用意しています。次の大きさのクラウドプロバイダーを数で約 40 上回っています。AWS は、コンテナ間の強力なセキュリティ分離を提供し、最新のセキュリティ更新プログラムを実行していることを保証し、すべてのコンテナにきめ細かいアクセス許可を設定する機能を提供します。

信頼性

AWS コンテナサービスは、22 のリージョンで 69 のアベイラビリティーゾーン (AZ) を備えた最高のグローバルインフラストラクチャで実行されます。AWS は 2 番目に大きいクラウドプロバイダーよりも 2 倍以上のリージョンに複数のアベイラビリティーゾーンを提供します (22 対8)。すべてのコンテナサービス(ECSEKS、および Fargate)には SLA があり、安心できます。

選択肢

AWS コンテナサービスは、コンテナを実行するための最も幅の広いサービスの選択肢を提供します。コンテナに対するサーバーレスコンピューティングを希望する場合は AWS Fargate を選択し、コンピューティング環境のインストール、構成、および管理に対するコントロールが必要な場合は Amazon EC2 コンテナ を選択します。使用するコンテナオーケストレータを選択することもできます。Amazon Elastic Container Service (ECS) またはAmazon Elastic Kubernetes Service (EKS)。

AWS との統合

AWS コンテナサービスは、設計により AWS と深く統合されています。これにより、コンテナアプリケーションは、ネットワーキング、セキュリティからモニタリングまで、AWS クラウドの幅と奥行きを活用できます。AWS は、コンテナの俊敏性とクラウドの弾力性とセキュリティを組み合わせています。

ユースケース

マイクロサービス

コンテナを使い、プロセスを分離します。これにより容易にアプリケーションを分離し、マイクロサービスと呼ばれる独立したコンポーネントとして動作できます。

バッチ処理

バッチ処理と ETL ジョブをコンテナにパッケージ化することで、ジョブを迅速に開始し、要求に応じて同時にスケーリングできます。

機械学習

コンテナを使用することで、トレーニングや推論の機械学習モデルをすばやくスケールし、あらゆるプラットフォームのデータソースと連携動作が可能です。

ハイブリッドアプリケーション

コンテナを使用すると、コードのデプロイ方法を標準化できるため、オンプレミス環境とクラウド環境の間で稼働するアプリケーションのワークフローを簡単に作成できます。

クラウドへのアプリケーション移行

コンテナを使用することにより、アプリケーション全体をパッケージ化し、コード変更することなく簡単にクラウドに移動することができます。

Platform as a Service

コンテナを使用しプラットフォームを構築をすることで、開発者はインフラストラクチャを管理したり、アプリケーションのデプロイや管理を標準化したりする必要がなくなります。

お客様事例

エンタープライズ IT: コンテナを使用した航空会社の収益管理の最適化 (5:32)
ミッション: ゲームの要素を取り入れた Amazon EKS でのプラットフォームスケーリング (5:13)
アラートロジック: ペタバイト級の検索データの保存と配信のスケーリング (4:53)
フィデリティ投資: Amazon EKS でのコンテナの大規模な使用 (7:35)

アナリスト調査

パブリッククラウドエンタープライズコンテナプラットフォームの新しい波

Forrester は、「パブリッククラウドエンタープライズコンテナープラットフォームの新しい波」レポートを公開しました。このレポートでは、このカテゴリの最も重要な 7 つのベンダーを評価しています。AWS は、Microsoft と Google を先導するリーダーとして位置付けられています。「New Wave」では、ベンダーは差別化されているか、同等であると評価されるか、10 の基準のセットで改善が必要です。AWSは、10 の基準のうち 8 つで「差別化」、2 つで「同等」、7 つの評価されたベンダーのいずれかで最高のパフォーマンスを記録しました。さらに、当社の市場での存在感は、競合他社よりもはるかに大きいものとして表されています。

ガイドブック:AWS のコンテナと Kubernetes

Nucleus の研究は、AWS 上のコンテナと Kubernetes に関するガイドブックを公開しました。企業がコンテナをどのように使用しているかを理解するために、Nucleus は、資金調達後のスタートアップからグローバル企業まで、規模の異なる 710 のコンテナ化されたワークロードを含む 21 社の開発者に詳細なインタビューを実施しました。コンテナの 81% がクラウドにデプロイされており、AWS クラウドが最も一般的な選択肢であることがわかりました。クラウドでホストされるコンテナーの 80% は AWS で実行されます。クラウドでホストされる Kubernetes ワークロードのうち、82% が AWS で実行されます。

パブリッククラウドのコンテナを使用したアプリケーションの最新化

コンテナは、次世代のコンピューティングの継承者です。コンテナは、アプリケーションアーキテクチャ、ソフトウェア開発方法論、および運用原則の変革と密接に結びついています。最終的に、これらの変更の組み合わせにより、ソフトウェアのより迅速な配信と、より現代的でスケーラブルで俊敏なアプリケーションが可能になります。このレポートでは、IDCは、エンタープライズコンテナインスタンスを 5 年間 79% の CAGR であると予測し、2021 年までに 18 億を超えるエンタープライズコンテナを予測しています。IDC は、AWS Container サービスを使用して最新のアプリケーションを構築する方法も共有しています。

Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
サービスページへアクセス

AWS でコンテナの実行方法を学ぶ

詳細はこちら 
Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
コンテナで構築を開始する

AWS でコンテナの開始方法を学ぶ

詳細はこちら