Amazon Container Services

スケーラビリティが高く使いやすいコンテナ管理およびレジストリサービス

コンテナは、開発者がアプリケーションをパッケージ化してデプロイするための、ますます重要になっている方法です。軽量で、どこでも簡単にアプリケーションを実行およびスケールできる、一貫したポータブルソフトウェア環境を提供します。マイクロサービスの構築とデプロイ、バッチジョブの実行 (機械学習アプリケーションの場合)、およびクラウド内への既存のアプリケーションの移行は、普及しているコンテナユースケースのほんの一部です。

AWS は、本番環境でのコンテナのデプロイ、管理、およびスケールに役立つ複数のコンテナ製品を提供しています。

Amazon Elastic Container Service

Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) は完全に管理されたコンテナオーケストレーションサービスであり、コンテナ化されたアプリケーションを AWS に簡単にデプロイ、管理、およびスケールするのに役立ちます。Amazon ECS を使用すると、独自のコンテナオーケストレーションソフトウェアをインストールおよび操作したり、仮想マシンのクラスターを管理およびスケールしたり、それらの仮想マシン上のコンテナをスケジュールしたりする必要はありません。Amazon ECS は、最初から AWS プラットフォームの他の部分と緊密に統合されるように設計されており、ALB、IAM、ECR、CloudWatch、CloudFormation、CloudTrail などのサービスと連携します。Amazon ECS を使用すると、仮想マシンの EC2 と同様に、コンテナにネイティブの AWS API エクスペリエンスを提供する信頼性の高いソリューションが得られます。

Amazon ECS の詳細

Amazon Elastic Container Service for Kubernetes

Amazon Elastic Container Service for Kubernetes (Amazon EKS) は、Kubernetes を運用する上で専門家になることなく、Kubernetes を AWS 上で簡単に実行できるようにするマネージド型サービスです。Amazon EKS は、各クラスターの Kubernetes コントロールプレーンの可用性とスケーラビリティを完全に管理します。Amazon EKS は、バージョンアップグレードの処理、Kubernetes マスターおよび etcd 永続レイヤーのスケーリング、異常なマスターの検出と置換など、すべてのクラスター管理操作を自動的に実行します。

Amazon EKS の詳細

Amazon Elastic Container Registry

Amazon Elastic Container Registry (Amazon ECR) は、完全マネージド型の Docker コンテナレジストリです。このレジストリを使うと、開発者は Docker コンテナイメージを簡単に保存、管理、デプロイできます。Amazon ECR はスタンドアロンで使用でき、Amazon ECS と緊密に統合されているため、本番ワークフローまでの開発を簡素化できます。Amazon ECR を使用すると、自前のコンテナリポジトリの運用や、基盤となるインフラストラクチャのスケーリングの検討は不要になります。Amazon ECR は非常に可用性が高くスケーラブルなアーキテクチャでイメージをホストするため、コンテナをアプリケーションに確実にデプロイすることが可能です。

Amazon ECR の詳細

AWS Fargate

AWS Fargate は、基盤となるインフラストラクチャを管理せずに、コンテナをデプロイおよび管理できるテクノロジーです。コンテナを実行するために仮想マシンのクラスターをプロビジョニング、構成、およびスケールする必要がなくなりました。コンテナイメージをアップロードし、リソース要件を指定するだけで、AWS Fargate が数秒以内にコンテナを起動します。AWS Fargate によって、ユーザーはインフラストラクチャではなく、アプリケーションの設計と実行に専念できます。

AWS Fargate は Amazon ECS で利用可能で、Amazon EKS のサポートは 2018 年に利用可能になります。

AWS Fargate の詳細

始める準備はできましたか?
サインアップ
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ