分析とビッグデータ向けのアーキテクチャのベストプラクティス

クラウドデータ分析、データウェアハウス、データ管理、データレイクアーキテクチャ向けの AWS のベストプラクティスをご覧ください。

ベストプラクティスに照らして分析アプリケーションのワークロードとビッグデータアーキテクチャを評価し、分析レンズ - AWS Well-Architected フレームワークを使用して改善すべき領域を特定する方法を説明します。

主なコンテンツ

データレイク

データレイクを使用してデータストレージソリューションのアーキテクチャを設計するための検証済みガイダンス。データソースを組み合わせ、サイロを取り除き、スケールと俊敏性を向上させます。

データ分析

AWS のサービスを組み合わせてサーバーレスデータアーキテクチャをデプロイし、ビジネスインテリジェンスを強化するデータ分析ソリューションのベストプラクティス。

データ管理

データの取り込み、保存、整理をサポートし、ライフサイクル全体を通じてデータを安全に維持するためのデータ管理アーキテクチャを構築する方法。

このページはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございます。
このページがお役に立てれば幸いです。今後の改善のために、追加の詳細情報を共有していただけますか?
閉じる
フィードバックありがとうございます。
このページがお役に立たず申し訳ありません。今後の改善のために、追加の詳細情報を共有していただけますか?
閉じる
日付 (説明)
  • 日付 (説明)
1

検索結果が見つかりませんでした。 
別の基準を選択するか、スペルを確認するか、別のキーワードを試してください。

分析とビッグデータのブログ記事

その他…
選択された条件に一致するブログ記事は見つかりませんでした。