投稿日: Nov 16, 2017

この新しいクイックスタートは、Informatica 用のデータインテリジェンスおよび分析ツールである Secure@Source をアマゾン ウェブ サービス (AWS) クラウドに自動的にデプロイします。 

Informatica Secure@Source では、機密データアセットの全面的な可視化、機密データのリスクへの迅速な対応を可能にするインサイト、内外の脅威のタイムリーな検出、高リスク状況の正確な特定により、データのセキュリティ、コンプライアンス、ガバナンスをサポートします。AWS クラウドの Secure@Source は、エンタープライズ全体の重要なデータを自動的に保護できる高可用性のソリューションとなります。

クイックスタートは、Secure@Source を AWS アカウントの新規または既存のインフラストラクチャにデプロイします。デプロイは、AWS CloudFormation テンプレートによって自動化され、このテンプレートは起動時にカスタマイズできます。テンプレートを GitHub リポジトリからダウンロードして独自の実装の開始点として使用することもできます。クイックスタートには、デプロイと設定の詳しい手順を記載したガイドが含まれています。

AWS で Secure@Source の使用を開始するには、以下のリソースをお役立てください。

クイックスタートについて

クイックスタートは、AWS クラウドでの主要なワークロード向けに自動化されているリファレンスデプロイです。各クイックスタートでは、セキュリティと可用性に関する AWS ベストプラクティスに沿って、AWS で特定のワークロードをデプロイするために必要な AWS のコンピューティング、ネットワーク、ストレージ、その他のサービスを起動、設定、実行します。このクイックスタートは、AWS が Informatica と提携して作成しました。