FISMA について教えてください
設計によるセキュリティ

AWS では、米国政府機関のシステムを連邦情報セキュリティマネジメント法(Federal Information Security Management Act/FISMA)に準拠した状態で運用することが可能です。AWS インフラストラクチャは、システム所有者の承認プロセスの一環として、多様な政府機関システムの独立査定人によって評価されています。多数の米国政府機関の勤務者と国防省(DoD)が、NIST 800-37 および DoD Information Assurance Certification and Accreditation Process(DIACAP)に定義されているリスク管理フレームワーク(RMF)プロセスに従い、AWS クラウドでホストされているシステムのセキュリティ認可を達成しています。AWS の安全なインフラストラクチャによって、米国政府機関はクラウドコンピューティングのユースケースを拡張し、機密性の高い政府データとアプリケーションをクラウドにデプロイすると同時に、連邦規格の厳格なセキュリティ要件に準拠しています。AWS FISMA のコンプライアンスに関連する詳細をリクエストするには、AWS の営業および事業開発にお問い合わせください。

 

お問い合わせ